Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【ライブレポート】2016.6.17 uguis presents『ウグの音返し vol.3』

【ライブレポート】2016.6.17 uguis presents『ウグの音返し vol.3』

2016.07.07

新宿 MARZ uguis/ARCHAIC RAG STORE/yeti let you notice
 
pic1.jpg
「uguis として初めてのツアーファイナル。迎えられて本当に嬉しい。」
uguis のこれまでの思いが詰まった何よりもの言葉であった。
変速的で類のない音楽性と、メンバーの強烈な個性を武器にしたハイパーテクニカルポップバンド”uguis”が 彼らの自主企画『ウグの音返し』念願の第三回目を新宿 MARZ にて開催した。
今イベントは 2nd mini ALBUM【ただいま、もう何処にも行かないよね】を掲げたツアーファイナルに加 え、
ARCHAIC RAG STORE/yeti let you notice といったイベント史上初スリーマン構成という事もあった からか
既に互いの火花が散るような空気感を漂わせていた。
 
pic2.jpg
 
【ARCHAIC RAG STORE】
この日一番手を飾った ARCHAIC RAG STORE の放つ繊細で雄大なメロディが、瞬く間に目の前の景色 を映し変えて行く。 「目の前の聴いてくれるあなたと音楽がしたいです」と言葉に乗せた優しい音が響き渡る空間は心地よさに満ち、かたや攻撃的で甘く艶やかさを彩った音楽で人々を堪能させた。
「これからたくさん uguis とのストーリーを作っていきたい」まるで強く約束を交わすような言葉を刻み、 ふっと心を軽くするような温かく可憐な音楽を奏で、ステージを後にした。
 
《SETLIST》 
1:morning bell(新曲)
2:NEXUS
3:プライマル
MC
4:名を呼ぶ
5:LOVE SONG
MC
6:夜を駆ける鳥
7:mahoroba
 
pic3.jpg
 
【yeti let you notice】
鳴らす音は泡のように一瞬で弾けてしまいそうで、触れてはならない気がするのに触れてしまいそうだ。 続く二番手 yeti let you notice の透明で、影を見え隠れさせるメロディがいつの間にか心に染み込ませ てくる。
組み込まれた一曲一曲が一つ一つの物語のようで、一時も目が離せない。
 
MC では uguis Ba.CK☆FR おなじみの歌舞伎者のモノマネを披露するなど、 空気感を一変させ笑いがこぼれる一面もあった。 神秘的、だが実に人間味の溢れたステージにいつの間にか誰もが彼らの虜となっていたようだ。
 
《SETLIST》
1:映画
2:ori
3:競技会
MC
4:夜間飛行
5:桜の栞
MC
6:アニメーション
7:菩提樹
8:みんなの歌
 
pic4.jpg
【uguis】
いよいよ本日の主役 uguis の登場だ。
ひっそりとしめやかな音の波紋が辺り一面を包み込み、 CK☆FR(Ba)、須藤ぐるめ館(Gt)、フミキ・モト・フミゾウ(ぽ)(Dr)、臼井慎哉(Vo/Gt)がステージへと現 れた。
静寂と冷淡な水面を鋭く切り裂くかのように今アルバムリード曲”煩い”が始まった。 激烈で振り落とされそうになる狂騒感あるサウンドは、格段にバンドとして磨きがかかっていた。
 
pic5.jpg
間髪なく続いた”七人のディスコ””MACHIKO”が無数の弾丸となってフロアへ撃ち込まれ、 目の前を交錯するように止めどなく駆け抜けていった。 「今日初めてツアーファイナルというものができました。」と今日を迎えた喜びを言葉にし、 “チェブラーシカとすどちの戦い”では胸を抉るような臼井の囁くような歌声に包み込まれ、 ”憧憬と箱庭”が情感たっぷりのメロディが目の前の情景を映し変えて行く。
 
pic6.jpg
 
pic7.jpg
 
「本物の歌舞伎者である」と意気揚々と現れたファンにはお馴染み CK☆FR の MC では 須藤ぐるめ館を笑わせるといった《茶番》が挟まれるなど会場の空気感を一気に和ませた。
それぞれ異なった時間軸と空間の起伏を描いた”痛々しいラヴ””夜明けの甲州街道”、 目眩がするような甘くほろ苦さを描いた”知ってることだけ”が続き、
色とりどりな uguis ならではのミュージックステージが観客を引き込んで行った。
 
pic8.jpg
 
「また必ず皆様とお会いできますように。」 本編最後”呼吸を問う”が、幻想的で妖艶な色を緻密に塗りたぐるように埋め尽され、その空気感はなんだか神秘的なものすら感じさせた。
鳴り止まない拍手に包まれ再びステージへと現れ、今ツアーを共に回った【イロムク】への思いを綴り、 アンコール”嗄声が終わるまで”は、奥深さと穏やかなサウンドが今日を終える少しばかりの寂しさ、 そして再び希望を見つけ出すかのように歩き始めた足取りをしっかりと見せステージを後にした。
 
pic9.jpg
 
それぞれが破壊し合うようにぶつかり合うサウンド、 それを擦り合わせ混ざり合い、構築されるサウンド。 そんな奇跡すらも巻き起こしてしまうのが彼ら uguis だ。
2016 年 8 月 3 日にタワーレコードレーベル《too basara’s people records》より 1st E.P『これから、君に騙されたい』のリリースも決定し、いよいよ uguis が全国へと羽ばたく時が来た。
飛ぶ鳥を落とす勢いで迫る彼らから一瞬たりとも目を離してはいけないだろう。
 
《SETLIST》
1:煩い
2:七人のディスコ
3:MACHIKO
MC
4:チェブラーシカとすどちの戦い
5:憧憬と箱庭
MC
6:痛々しいラヴ
7:夜明けの甲州街道
8:知ってることだけ
MC
9:呼吸を問う
EN:嗄声が終わるまで
 
(text:新宿LOFT 横溝英梨 Photo:ハヤシサトル
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻