Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』公開記念舞台挨拶、六人六色となった作品の魅力について語る

『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』公開記念舞台挨拶、六人六色となった作品の魅力について語る

2022.06.10

公開初日となる6/10(金)にアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D、BiSH6名のメンバーを迎えて行われた。『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』はメンバー6人と監督6人がくじ引きで決められたタッグを組んだ六人六色のオムニバス作品となっている。
aina.png
女性のルーツたどっていく物語となった田辺秀伸監督『リノベーション』に主演したアイナは「皆さんも新しい一歩を踏み出すことで、経験したことのない新しい刺激になれば。」と作品からのメッセージを語った。
hashiyasume.png
密室空間で過去の自分に向き合う姿を描いた大喜多正毅監督『レコンキスタ』「普段怒ることがあまりないのでその感情を思い出すのは大変でした。代り映えのない空間でいかに自分を表現するかを悩みました。」と普段と違うハシヤスメを出すことに苦戦もあったという。
ayuni.png
ヒューマンドラマとなったエリザベス宮地監督『オルガン』での役作りについて聞かれアユニは「作品に入る前に私の実体験を話す時間をとってくださったことで、本来の私の人間性が練りこまれているので役作りというよりも自分を振り返る時間でした。」ドキュメント要素も含んだ作品になっているということだった。
lingling.png
セリフのない、感情を音と画でみせる作品となっている山田健人監督『VOMiT』にてコンテンポラリーダンスに挑戦したリンリン、「ダンスには苦手意識もありましたが“コンテンポラリーダンスには正解がないんだよ”と言っていただけたので心が軽くなりました。その時にしかできない表現となっていると思っています。」と制作時の気持ちを振り返った。
momoko.png
学園コメディとなっている渡辺淳之介監督『PEACH CHAOS PEACH』についてモモコは「コメディだったからこそ振り切ることができました。私は殻を破れないタイプなので、この映画は殻を破れた体験になりました。」と本作で演じることで殻を破ることができたと自信をのぞかせた。
chittiii.png
行定勲監督『どこから来て、どこへ帰るの』での役に向き合い方について聞かれチッチは「行定監督から私に一歩を踏み出しなさいという気持ちで書いてくれたのかなと思いました。その思いを受けて覚悟を決めた中で私らしく演じさせていただくことができました。」と自身に対して行定からの想いを受けて挑んだという演じることへの当時の気持ちを語った。
 
コロナ過ということもあり公開されないのではという不安もある中でこの日を迎え「私たちはこの日を楽しみにしていました。本当にゆっくり楽しんでいただけたら嬉しいです。」と改めて公開されることの喜びを語った。
 
『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』は本日6/10より全国劇場にて公開される。
 
[REPORT:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

Live Info.

映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』

ポスタービジュアルre.jpg全国公開中
 
企画・制作:WACK
配給:松竹ODS事業室 /新領域コンテンツ室
主題歌:I have no idea.(BiSH/avex trax)

©WACK INC.

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻