Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューセントチヒロ・チッチ(BiSH)『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』- 自分の知らない部分を引き出してもらえた

#6『どこから来て、どこへ帰るの』セントチヒロ・チッチ×行定勲 - 自分の知らない部分を引き出してもらえた

2022.06.09

許されない関係・大人なドラマを文学的に描いた『どこから来て、どこへ帰るの』。モノクロで静かな本作でチヨという一人の女性を演じたセントチヒロ・チッチは行定勲の世界観をどのように演じ切ったのか。女優という新たな世界に挑戦した彼女に本作に対しての思いを語っていただきました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

自然と言葉が出るよう役に取り組みました

チッチ1re.jpg――『どこから来て、どこへ帰るの』は、アキオとチヨの大人の恋愛が描かれているドラマ性の強い作品でした。文学的で映画であることの良さを最大限活かした作品だとも感じました。
 
セントチヒロ・チッチ:行定節を感じますよね。ほかの5作品はMVでお世話になっていた監督やWACKの社長なので、行定監督もそこは意識していたんだと思います。この作品を通して映画というものを私に教えてくれていたんだと思います。
 
――初のドラマの映画作品で、行定監督と共演されることにプレッシャーはなかったですか。
 
チッチ:行定監督とは以前から仲良くさせていただいていたので、プレッシャーはなかったです。今回のオムニバス作品に行定監督が参加されると決まった時も一緒にやりたいと思っていたので、その願いが叶い嬉しかったです。
 
――大人の恋愛ドラマということでラブシーンもありましたが、脚本を読まれた際に驚きはなかったですか。
 
チッチ:タッグを組むと決まったときに「チッチが一歩踏み出せるように僕も真剣に考えるから覚悟しておいてね。」と言われていたので、脚本をいただく前から覚悟は決まっていました。チヨは私のパーソナルな部分を織り交ぜて作ってくださった役柄だそうです。魅力的で素敵な女の子にしていただけたので、凄く嬉しかったです。
 
――お芝居をするにあたって撮影を前に作品についてお話をされたことはあったのでしょうか。
 
チッチ:「とにかく、自然体のチッチでお芝居をしてほしい。」と言っていただけました。行定監督は私の声を気に入ってくれていたそうで、いつも通りの変わらない声で、自然と言葉が出るよう役に取り組みました。
 
――中島歩さんとはそれぞれの役についてや、台詞の掛け合いについてなどについてお話しされたことはあったのでしょうか。
 
チッチ:作品に関してだけでなくいろいろなお話をさせていただきました。演じられていたアキオも落ち着いている役ですけど、実際の中島さんはもっとフラットで音楽の話など明るくしてくださる方なので、そういった面には凄く救われました。演じていく中で悩んだ時も相談して、アドバイスをいただきました。
中島歩re.png
――本作はラブストーリーですが恋愛についてのお話しされたのですか。
 
チッチ:はい。作品から一歩離れた場所で聞く中島さんの恋愛についてのお話も凄く面白くかったです。趣味などのお話も面白くて撮影とそれ以外の時間とで2回分楽しめました。そうやって私がリラックスできるようにしてくださったので、撮影中もアキオと会話するというより中島さんと会話しているような感じで演じることができました。アキオがどこかに行ってしまうシーンは、泣くシーンではなかったのですがすごく悲しくなってしまって自然と涙が出てきました。
 
――自然に役にも入っていけたんですね。
 
チッチ:はい。行定監督も現場での表情や目のお芝居、1つ1つの間合い、静けさを凄く大事にしてくださったので、より自然と演じることができました。

私の世界が広がると考えていただけた

――言葉もそうですが、画としても綺麗な作品でした。
 
チッチ:カメラマンさんたちもこだわっていらして、モノクロの中にも色味の変化がある映像になっていました。そういうこだわりから、私も刺激を受けました。
 
――初めて女優として演技されていかがでしたか。
 
チッチ:LIVE時は“ありのままを表現したものを愛してもらえればいい”と考えているんですが、映画では“誰かになり切ったものを観てもらうこと”になり、まったく逆なので凄く難しかったです。
 
――全く逆になりますね。
 
チッチ:実際にやってみると、違う誰かに生まれ変わる、全然違う世界に入り込んでいくということが面白くて、お芝居が好きになりました。
――素晴らしい。本当に女優は今作が初めてなんですよね。
 
チッチ:初めてです(笑)。
 
――最初に「覚悟しておいてね」と言われていたとのことですが、ラブシーンがあるということも聞いていたのでしょうか。
 
チッチ:はい、「濡れ場があるよ、キスシーンあるからね。」ということは言われていました。私もそれを聞いて「やります」と答えました。
 
――初の女優でその覚悟が持てるのが凄いです。
 
チッチ:行定監督は私の第一歩としての映像作品をやるならそういうことをやった方がいい、そういうことができた方が私の世界が広がると考えていただけたんだと思います。その思いを感じていたので、全然いやだとは思いませんでした。逆に恥ずかしがったら失礼だなと思いました。行定監督、中島さん、スタッフのみなさんが凄い方だったからもてた覚悟です。
 
――だからこそラブシーンは、なによりも綺麗だなという感情を強く感じたんだと思います。
 
チッチ:ありがとうございます。行定組のみなさんが「大丈夫、綺麗に撮るから。」と安心できる環境を作ってくださったおかげです。真剣にどう綺麗に撮るのかを考えてくださっていたので、間近で見ていてプロだなと改めて感じました。撮影中は常にカッコいいなと思う日々でした。
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』
ポスタービジュアルre.jpg
6月10日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開
 
#1『リノベーション』 〈主演〉アイナ・ジ・エンド×田辺秀伸監督
#2『レコンキスタ』 〈主演〉ハシヤスメ・アツコ×大喜多正毅監督
#3『オルガン』 〈主演〉アユニ・D×エリザベス宮地監督
#4『VOMiT』 〈主演〉リンリン×山田健人監督
#5『PEACH CHAOS PEACH』 〈主演〉モモコグミカンパニー×渡辺淳之介監督
#6『どこから来て、どこへ帰るの』 〈主演〉セントチヒロ・チッチ×行定勲監督
 
企画・制作:WACK
配給:松竹ODS事業室 /新領域コンテンツ室
映倫:PG-12
主題歌:I have no idea.(BiSH/avex trax)
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻