Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】吉村秀樹×名越由貴夫 - bloodthirsty butchers『kocorono 完全盤』完成記念特別対談「憂色に包まれた12ヶ月の物語、失われた一篇の歌が加わり遂に完結──」

【復刻インタビュー】吉村秀樹×名越由貴夫 / bloodthirsty butchers『kocorono 完全盤』完成記念特別対談
憂色に包まれた12ヶ月の物語、失われた一篇の歌が加わり遂に完結──

2021.11.12

 1996年10月に発表されたブラッドサースティ・ブッチャーズの『kocorono』が日本のロック史に燦然と輝く屈指の名盤であることに異論を唱える人はいないだろう。
「2月」から始まり「12月」で終わる11ヶ月の心象風景が綴られた本作は、尋常ならざる楽曲のクオリティと文学性の高い物語の世界観、コンセプトの秀逸さも相俟って、発表当初から耳の肥えたリスナーを始め数多くのアーティストやクリエイターたちからも熱烈に迎え入れられた不朽の金字塔的作品である。僕自身、今までこの作品をどれだけ聴き狂ったか分からないし、そのたびにどれほど心を奮わせたか分からない。「7月」の儚く瑞々しい旋律にどれだけ涙腺を緩ませたかも分からない。きっとあなたもそうだろう。
 その『kocorono』が、『Cinderella V.A』にのみ収録されていた「1月」を追加収録してリマスターを施した"完全盤"として発表されるというのだ。これが努めて冷静でいられようか。本誌では今回のリマスター作業にあたって独占取材を敢行、14年の歳月を経て再びタッグを組んだブッチャーズの吉村秀樹とプロデューサーの名越由貴夫の貴重な肉声をここにお届けする。未完の名作が12ヶ月の物語として遂に完結した『kocorono 完全盤』、その格好のサブテキストとして本稿を読み解いてくれると嬉しい。(interview:椎名宗之)
※本稿は『Rooftop』2010年3月号に掲載したインタビューを復刻したものです。

14年経って違う側面が見えたら面白い

──『kocorono』をまた別の形で世に問うてみたい気持ちは以前から吉村さんのなかであったんですか。

吉村:廃盤になってない唯一のアルバムだからね(笑)。まぁ、いつかは何かしなくちゃいけないのかなとは漠然と思ってた。今回、キングレコードからオファーを受けた時はちゃんとしたコンセプトがあったから、やってみることにしたんだよ。1年ほど前に話をもらった時は今度の新作(『NO ALBUM 無題』)を作る上で一番悶絶する直前くらいで、新作作りのモチベーションも欲しかったんだよね。

──“いつかは何かしなくちゃいけない”というのは、何かやり残した思いがあったということですか。

吉村:いや、そういうわけじゃない。「1月」を入れるコンセプトに俺の本心はないんだよ。『kocorono』はあくまで「2月」から始まって「12月」で終わるのがコンセプトだから。あと俺自身、紙ジャケは大好きなんだけど、もともとプラケースだったものを紙ジャケにするのはどうなんだろう? って思って(笑)。でも、タスキが日本盤に付いてるようなロックの名盤に対する憧れで作ったアルバムであることは間違いないし、紙ジャケもアリかなとは思うけど。

──そして、“完全盤”と銘打って発表するなら名越さんや当時のエンジニア氏ともう一度タッグを組むのが絶対条件であったと。

吉村:うん。別の人に投げたリマスターは薄っぺらいリマスターになるんだよ。ちょっと待てよと。だったら違う道を行くのもいいんじゃないかと。14年も経って僕らも歳を取ってるわけだし、この作品に対して今何ができるのか? っていうところからすべてが始まったわけ。フガジのリマスターを全部買った男の選択だから間違いない(笑)。分かりやすいところで言えば、去年出たビートルズのリマスターは全く違う作品だったよね。それに対して違和感があって、素直に喜べなかったんだよ。レッド・ツェッペリンのはそれなりに良かったと思うけどね。いろんなリマスター作品を聴いてきて、リマスターに対する姿勢を俺なりに考えたわけ。その結果、当時取り組んだ人たちがもう一度一緒にやったらどうなるんだろう? っていう興味が湧いてきたんだよね。

──名越さんは、吉村さんからの打診に二つ返事で応えたんですか。

名越:そうだね。当時やり残したことはなかったんだけど、14年経って違う側面が見えたら面白いなと思って。ただその反面、凄く難しいだろうなとは最初から思ってた。一度完成したものを再構築する経験は初めてで、リマスターもやったことはなかったし。CHARAのセルフカバーに携わったことはあったけど、その時はアレンジを変えちゃえば形がまるっきり変わるから、リマスターよりもラクだったのかもしれない。実際、今回のリマスターをやってみて凄く難しかったしね。

吉村:実際に作業に取り掛かってから、「果たしてこの選択は正しかったのか…!?」ってちょっとめげたもんね(笑)。でも、名越君やマスタリング・エンジニアの安藤(明)さんのセンスに凄く助けられた。

──いわゆる純然たるリマスターという体でもなく、「3月」の終わりや「10月」のイントロには音が付け足されていますよね。

吉村:そういうのは流れだよ。

名越:作業をしていくなかで「こんなのが入ってたんだ?」っていう発見があって、付け加えてみるのも面白いんじゃないかと思ってね。当時はそれをあえて入れなかった意図も分かるし、「2月」から「12月」で完成されたなかではそのほうがいい。でも、今回は最後に「1月」も入るし、全体として多少形が変わってくるから、そのなかで新たに発見した良さを盛り込んでみてもいいかなと思って。

kocorono_01.jpg

kocorono_09.jpg

──吉村さんは当時のデモテープを改めて聴き込んで臨んだそうですね。

吉村:当時はどんなことをやってたのかな? と思って、その頃の練習テープをずっと夜中に聴いてたね。それを検証したら、意外とメンバーの仲が良かったっていう(笑)。入れてない音を持ってるのは俺しかいないから、どのテープを探ったらいいのかなと思ってさ。『kocorono』のモードへ精神的な部分で従っていくためにも、そういう地味な作業は必要だったんだよ。「俺は一体何をやっていたんだろう?」っていうのを検証したかったしね。

名越:俺も当時の完成盤をもう一度聴き直したよ。やっぱりこの作品は自分にとって特別なものだと思った。リマスター作業をしながら改めてそれを痛感したし、ここまでガッツリ関わったアルバムは他にないしね。曲単位ならあるけど、アルバムを丸1枚関わったのは『kocorono』だけだから。

吉村:まぁとにかくね、分離が凄いんだよ。

名越:分離するべきところと分離しないほうがいいところがあるしね。

吉村:うん。今回も思ったんだけど、名越君が俺を拾ってくれるのは野性の部分なんだよね。俺の野性を全部拾ってくれるわけ。

このアーティストの関連記事

kocorono【完全盤】

BELLWOOD RECORDS KICS-90587
¥2,934(税込)
2010年3月10日発売

【収録曲】
01. 2月/february
02. 3月/march
03. 4月/april
04. 5月/may
05. 6月/june
06. 7月/july
07. august/8月
08. 9月/september
09. 10月/october
10. 11月/november
11. 12月/december
12. 1月/january

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻