Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースbloodthirsty butchers映画『kocorono』特報&予告編! 特別な運命共同体=バンドの存在し続けることの奇跡を描いた映画!

bloodthirsty butchers映画『kocorono』特報&予告編! 特別な運命共同体=バンドの存在し続けることの奇跡を描いた映画!

2021.10.29

メイン.jpg
公開から10年、デジタル・リマスターを施した新たなマスターにて11月12日(金)から12月2日(木)までの3週間、シネマート新宿にて再公開となる、2011年に公開となった北海道出身のバンドbloodthirsty butchersのドキュメンタリー映画『kocorono』(川口潤監督作品)だが、10年前の≪特報≫と≪予告編≫が発見、ひさびさにあらためて解禁となった。
 
この≪特報≫と≪予告編≫の本編は当時のままとなっており、後付けの公開表記のみ、この度の上映の情報となった。本年はバンド結成35周年、映画のタイトルの元となったバンドの代表作、アルバム「kocorono」の25周年であり、バンドの初ライブの日、1986年11月14日からちょうど35年となる11月14日をまたぐ日程での10年ぶりのロードショー公開。 
 
唐突にメンバー同士の激しい言葉の応酬により幕を開ける映画。1986年札幌で結成以来、日本屈指のロックバンドとして君臨し続けたbloodthirsty butchers(ブッチャーズ)は、だからこそ産まれる複雑な人間模様や長い活動期間特有の危うい不均衡に立っていた。吉村秀樹という圧倒的で絶対的な存在を中心に、常に揺れ動くメンバーの思い、あたかも倒れそうな独楽の様になりながらも回り続けるバンド。拾い集められたメンバーそれぞれの吐露は、一方で語られる彼らの偉大さや尊敬を自ら否定していく。
 
サブ-1.jpg
 
『kocorono』は、退路を断ち、ロックに身を捧げることを選択した個によって成り立つ特別な運命共同体=バンドの、存在し続けることの奇跡を描いた映画だ。監督は『77BOADRUM』(2008)『山口冨士夫/皆殺しのバラード』(2014)の川口潤。バンド内に起きている紛れもない不協和音に正面から向き合い、張り詰めた緊張感をカメラにおさめた。被写体であるバンドを美化するものでもなく、音楽のプロモーションのためのものでもなく、さらには熱狂的なファンに向けたものでもない『kocorono』は映画評論家から日本の音楽ドキュメンタリーの在り方の分岐点となった作品と評されるなど、その作品の独立性が支持された。映画のタイトルは、「2月」で始まり「12月」で終わる11か月の心象風景を綴ったブッチャーズの代表作、アルバム「kocorono」(1996年作品)から。 
 
この度の10年ぶりの再上映に際しては、元々デジタルで撮影された本編マスターを監督監修のもと色補正などを行うグレーディング作業を実施。だがその作業は作品の改変や色の変更は一切ない、映画館で上映されるフィルム作品に近い質感を得るためのリマスターで、10年前の上映素材はDVCAMやBlu-rayが使われていたが、この度のリマスターにより本作初のDCP素材での上映となることとなった。このリマスターは古いフィルム撮影された作品の映像をピカピカにキレイにしてデジタル化する方法論とはまったく異なり、デジタル撮影された作品が映画館での鑑賞に最も適した画質とかたちの上映となるように行われたもの。10年前の上映やDVDなどとはまったく異なる新たな素材での上映が記憶とともにどのように映るのか、ぜひ注目していただきたい。 
 
サブ-2.jpg
 
そして今回解禁となる≪特報≫と≪予告編≫だが、配給元が当時のデータを捜索して発見した、当時のもの。≪特報≫はテロップやキャッチコピー、映画本編の言葉などを使わず、ブッチャーズの音楽と映画のシーンをつないだ40秒間の映像。当時も本予告ができるまでの短い期間しか使われなかった素材で、久々に観た監督も思わず「なつかしい!」と叫んだ貴重な素材。バンドメンバーの笑顔のカットも多く、この時点では映画本編のヒリヒリした空気はまだ表出していない。そして≪予告編≫は映画本編のシーンを音、台詞とともにふんだんに使い、映画本編の中身をダイレクトに伝える大変な緊張感に包まれたものとなっている。散りばめられたメンバーの発する言葉の数々に「大丈夫か」と不安になること必至。なお、≪予告編≫のテロップなどの情報はすべて当時のものとなっている。 
 
そして来たる2021年11月14日、ブッチャーズは結成35周年を迎えるが、これを記念して、「bloodthirsty butchers since1986」と題した展示が決定。1986年から彼らが歩んだ軌跡を象徴するメモラビリアの一部──ライブのフライヤー、アルバムの発売告知ポスター、ジャケットに使われた原画などがライブハウスである新代田FEVER内のPOOTLEで展示される。開催期間は2021年11月11日(木)~ 2021年11月21日(日)。あなたのkocorono片隅から“燃える、想い”を誘発する貴重な展示品の数々にご期待を。
 

Live Info.

映画『kocorono』 

kocorono_B5チラシomote.jpg
 
11月12日(金)~12月2日(木)シネマート新宿にて3週間限定ロードショー 
 
主演:bloodthirsty butchers(吉村秀樹、射守矢雄、小松正宏、田渕ひさ子) 
出演:中込智子、谷口健、SEIKI、ヒダカトオル、上原子友康、蛯名啓太、小磯卓也 
監督:川口潤|音楽:bloodthirsty butchers|撮影・監督補佐:大石規湖|撮影:梅田航|編集:鶴尾正彦 
音響:横田智昭、kazuaki noguchi|製作総指揮:重村博文、宮路敬久 
宣伝:椎名宗之|製作:長谷川英行、近藤順也、渡邊恭子 
制作:アイランドフィルムズ|協力:リバーラン|製作:「kocorono」製作委員会(キングレコード+日本出版販売)宣伝協力:ルーフトップ|配給:キングレコード 
[2010年|日本|116分|カラー|1.78:1|ステレオ|DCP] 
 
※初公開時のものです。情報は更新されておりませんので予めご了承ください。 
 
© 2010 kocorono 製作委員会 
 

bloodthirsty butchers since1986

■開催期間:2021年11月11日(木)~ 2021年11月21日(日) 
■場所:POOTLE(新代田FEVER内) 
■時間:平日 17:00-23:00 / 土日祝 12:00-22:00 
(自治体の要請などにより、営業時間の変更がある場合がありますので予めご確認のうえご来場ください) 
■入場無料 

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻