Rooftop ルーフトップ

COLUMN

9回「デュラン・デュラン」

第79回「デュラン・デュラン」

2022.11.07

PANTA_79.jpg

 ジェーン・フォンダ~バーバレラの項で久しぶりに出てきたデュラン・デュラン。その名をとったイギリスのデビューしたばかりのロックバンド、デュラン・デュランと対談の席が設けられた。
 “ニューロマンティックス”と名付けられた潮流のなか登場してきた新進気鋭のロックバンド。1982年のことだったと思うが、その3年後の1985年に、『007 / 美しき獲物たち』のテーマソング「A View to a Kill」を出すことになるのだが、いまだに『007』シリーズの中でのランキングが1位だといわれている。が、他にもっといい曲が揃いまくっているので、自分には決して納得できるものではない。
 
 さて、そのデュラン・デュランが来日したとき、折りしもイギリスとアルゼンチンがフォークランド諸島の領有を争う紛争の真っ最中であって、これはちょっとちょっかい出してやろうとタバコの火をくゆらせて出かけたものだった。
 
 先の世界大戦でアルゼンチンは中立国として、ドイツ海軍グラーフ・シュペーが逃げ込み、イギリス海軍に包囲され、結果、自沈という最後を迎えてしまったラプラタ川沖海戦も知られた話だ。1982年3月、フォークランド諸島の領有権をめぐり、当時の軍事政権によるアルゼンチンの侵攻により、イギリスとの間で3カ月に及ぶ戦争状態となったフォークランド紛争。フランス製のエグゾセミサイルを積んだシュペルエタンダール機にイギリス駆逐艦シェフィールドが撃沈されるなど、それは各国の新兵器の試験場となった場でもあった。
 
 はてさてデュラン・デュランと挨拶をかわし、テーブルに着き、軽く昨今の音楽話などをこなしながら、さりげなくこの紛争についての質問を投げかけてみた。
 「いまここで言うことではないかもしれないが、避けても通れない話なので、軽く聞いておこうと思うのだが、いま南大西洋上で起きているフォークランド紛争に関して、あそこは英国のものじゃないだろ? 自分はそう思うが、キミたちはどんなふうに思っているんだい?」と投げかけたところ、どのメンバーだったか忘れたが、間髪を入れず、「あれは大英帝国のものだ。アルゼンチンのものじゃない」と力を込めた返事が返されてきた。
 驚いた、仮にもロックバンドとあろうものが、国の領有権を主張するとは。愛と平和の時代の洗礼を受け、反戦ロックミュージカル『ヘアー』に感動し、ジョン・レノンを聴き育ってきた頭には俄かに信じられないような返しにちょっと固まってしまったのも確かだ。デュラン・デュランがワーキングクラスなのかどうか知らないが、あれほど身分制度のなかに押し込まれ、それでも大英帝国への愛国心をあからさまに主張する若い彼らに驚きを隠せなかった。
 いまさら大航海時代、そして植民地覇権主義の話をここで彼らと言い合う気はさらさらないが、それから数十年後のある日、さる大学の教授とこのフォークランド紛争についての考察をやり合っていたことがあった。
 もちろんそこではアルゼンチンのクーデター、イギリスの植民地覇権主義の話は外せず、それは熱く語り合っていたとき、そばにいたフェリスの教授から、「お二人の話に水を差すようで申し訳ないのですが、そのフォークランド諸島にはもともとインディオたちが住んでおり、イギリス、アルゼンチンといった大国の論理で話を片付けないでいただきたい」という。静かながらも強い注意を受け、その後、二の句も告げられなくなってしまったというおまけが付くのであるが。
このアーティストの関連記事

【DVD】頭脳警察 結成50周年1stライブ ~ 初の水族館劇場野外天幕に挑む『搖れる大地に』

2022年9月20日(火)一般発売
ROCKET PUNCH LLC. BPU-008
価格:6,000円(税別)
▶︎2019年4月7日、新宿 花園神社・水族館劇場特設天幕(テント)劇場で行なわれた頭脳警察50周年1stライブを収録。ドキュメンタリー映画のために撮られていた映像より再編集、その全編を奇跡の再現。

【収録曲】
01. アメリカよ
02. 時代はサーカスの象にのって
03. 万物流転
04. 見知らぬ友への反鎮魂歌
05. 搖れる大地テーマ2
06. 仮面劇のヒーロを告訴しろ
07. 光輝く少女よ
08. 落ち葉の囁き
09. だからオレは笑ってる
10. 戦士のバラード
11. うたかたの命
12. スホーイの後に
13. さようなら世界夫人よ
14. 搖れる大地テーマ1 with 水族館劇場
15. コミック雑誌なんかいらない
EN01. 銃をとれ
EN02. ふざけるんじゃねえよ

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • PANTA(頭脳警察)乱破者控『青春無頼帖』
  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻