Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム戌井昭人の想い出の音楽番外地第七十七回「今なおどこまでも自然体の佐野元春を聴いて初心に戻る」

十七回「今なおどこまでも自然体の佐野元春を聴いて初心に戻る」

第七十七回「今なおどこまでも自然体の佐野元春を聴いて初心に戻る」

2021.09.29

想い出の音楽番外地 戌井昭人
 

93d038dc8451fb4b3793a0e8713c170b.dat.jpeg

 どういうわけだか、佐野元春を無性に聴きたくなるときがあります。中学生のときによく聴いていたからなのかもしれません。だから聴いていると、淡い思い出というか、中学時代の間抜けで、情けない思い出がたくさん蘇ってくるのです。
 わたしが通っていたのは、東京都下の中学で、時代的に、まわりはヤンキーばかりでしたから、佐野元春を聴いている生徒はほとんどいませんでした。そんなこんなでわたしは、皆とはちょっと違うという気持ちで聴いていたのもあります。
 当時、よく聴いていたのは、発売されたばかりの『Cafe Bohemia』というアルバムでした。これを聴きながら、ボヘミアとはどう意味だ? などなど、佐野元春を探っていくうちに、アレン・ギンズバーグやジャック・ケルアックなど、ビートニクのことなども知っていくのでした。つまり、わたしのビートニクの先生は佐野さんでもあります。
 このような感じなので、いまだもって佐野元春を聴くと、若き日のことを思い返して、「もっと、ちゃんとやらなくちゃ! なにやってんだ俺は!」と思えてくるのでした。
 しかしながら、自分では認めたくないけれど、人間はどんどん枯れていくものです。だから佐野元春を聴きたくなるときは、自分の枯れ具合があらわになってきたときでもあるようです。佐野元春を聴いて初心に戻る。
 
 いまだ現役バリバリの佐野さんには、本当に恐れ入ります。なんというか枯れた感じがまったくないのが驚異です。ロックンローラーは歳をとると、派手な服を着たり、体を鍛え直したり、年に抗っていく感じが見えてくるけれど、佐野さんは、どこまでも自然体です。もちろん、自然体のために、人知れず努力をしているのかもしれませんが、良い意味で、その努力が微塵も見えないのが凄い。
 佐野さんは、若きに日に熱くなったロックンロールを単純に続けているだけなのかもしれないけれど。続けるというのはやはり容易ではありません。人生、いろんなつまずきがあるけれど、それでも前に倒れながら進んでいくのだと教えられているような気がします。このような感じで、自分は現在、糞詰まりのような状態なので、佐野元春を聴いて士気を高めようと思っています。『Cafe Bohemia』の中にある「STRANGE DAYS」という曲は、若き日に聴いて、とても感銘を受けたことを思い出しました。「あの光の向こうに突き抜けたい、闇の向こうに突き抜けたい……」
 
 学生時代、浅草の団子屋でアルバイトをしていたとき、佐野さんが、店の前を歩いていて、焼いた団子を急いで持っていき、渡したことがあります。そのとき佐野さんの「ありがとう」がとても自然体で素敵だったのを覚えています。
 
戌井昭人(いぬいあきと)1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。2016年には『のろい男 俳優・亀岡拓次』が第38回野間文芸新人賞を受賞。
このアーティストの関連記事

『Cafe Bohemia』

ソニー・ミュージックダイレクト

amazonで購入

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻