Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート神はサイコロを振らない、自身初となる日比谷野音ワンマンライブ大盛況! アユニ・D(BiSH / PEDRO)がサプライズ出演し、東京で「初恋」を初パフォーマンス!

神はサイコロを振らない、自身初となる日比谷野音ワンマンライブ大盛況! アユニ・D(BiSH / PEDRO)がサプライズ出演し、東京で「初恋」を初パフォーマンス!

2022.03.21

渾身の楽曲群が凝縮されたメジャー1stフルアルバム『事象の地平線』が大ボリュームの2CD全20曲収録でリリースされ、オリコンウィークリーROCKアルバムランキング1位(3月14日付)、タワーレコード全店邦楽ウィークリーチャート3位(3月7日付)を獲得して勢いをさらに増している、神はサイコロを振らない。
桜の開花も始まった3月20日(日)、自身初となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブとなる東阪野音Live 2022『最下層からの観測』が開催された。
 

20220320_01LIVE_VK_Q-00005.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00010.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00011.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00034.jpg

オープニングから観客の拍手喝采に包まれながら登場し、いきなりアルバム『事象の地平線』収録曲を中心にパフォーマンスを繰り広げ、場内をヒートアップさせる。
冒頭の柳田のMCではバンドを結成してから7年間苦悩が大半を占めていたこと、そして7年目にしてようやくフルアルバムをリリースし、今野音のステージに立っていることの喜びを語り、今もバンドを継続できているのは「応援してくれている皆さんの存在だ」という感謝の気持ち、心を込めて伝えた。
 

20220320_01LIVE_VK_Q-00016.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00019.jpg

ライブ中盤のヘソとなるポイントでは、メジャー1stフルアルバムをたくさんの方々と一緒に作り上げた感謝を述べ、神はサイコロを振らない×アユニ・D(BiSH/PEDRO)×n-buna from ヨルシカ「初恋」や、神はサイコロを振らない×キタニタツヤ「愛のけだもの」など、コラボレーションした楽曲では、バンドではない土俵でともに楽曲を作ることもできて、とても刺激的な制作になったことを振り返りつつ、「なんと! コラボレーションした方の中からお一方が駆けつけてくれました! 姫!」というボーカル柳田の呼び込みで、アユニ・D(BiSH / PEDRO)がサプライズで登場出演。
 

20220320_01LIVE_VK_Q-00020.jpg

アユニ・D(BiSH / PEDRO)は、「緊張していましたが、ここまでライブを見ていて、神サイさんと神サイさんのファンの皆さんの愛で溢れているなと思いました」と、東京で「初恋」を初披露。初恋の感情を綴ったノスタルジックなラブソングが、二人の折り重なる歌声とともに夜空に響き渡った。
 

20220320_01LIVE_VK_Q-00050.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00013.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00021.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00030.jpg

さらに終盤では、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』主題歌・劇中歌となった「イリーガル・ゲーム」「あなただけ」を初披露。
「イリーガル・ゲーム」では大量のスモークの中からトーチの炎が心の奥底にある情念のように揺らめくステージ演出も加わり、大都会の野外公演の中で際立つバンドの存在感と持ち前のグルーヴを解き放っていた。
 

20220320_01LIVE_VK_Q-00031.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00035.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00023.jpg

アルバムタイトルそして全国ツアータイトルにもなっている『事象の地平線』を「まだ誰も踏み入れたことのない領域」と位置付け、そこへ向かう前に東阪野音の会場を「最下層」として見立てて命名したタイトルが本ライブタイトル『最下層からの観測』だったが、そこから眺めた景⾊は、メンバーの目や集まったオーディエンスにはどう写っていたのか、それは全国ツアー『事象の地平線』で明らかにされるであろう。
 

20220320_01LIVE_VK_Q-00004.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00027.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00015.jpg20220320_01LIVE_VK_Q-00037.jpg

彼らの道のりは、4月10日の野音ライブ最終日となる大阪城音楽堂公演に向かい、その後全国ツアー『事象の地平線』へと続いていく。[photo:Viola Kam(V'z Twinkle)]
 

Live Info.

東阪野音Live 2022『最下層からの観測』大阪公演

開催日:2022年4月10日(日)
会場:大阪城音楽堂
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/kamisai-th/

Live Tour 2022『事象の地平線』

福岡公演:5月21日(土)福岡 UNITED LAB OPEN17:00 / START18:00
宮崎公演:5月22日(日)宮崎 LAZARUS OPEN17:00 / START17:30
山口公演:5月28日(土)周南 RISING HALL OPEN17:30 / START18:00
島根公演:5月29日(日)松江 B1 OPEN17:00 / START17:30
宮城公演:6月4日(土)仙台 Rensa OPEN17:30 / START18:00
北海道公演:6月11日(土)札幌 PENNY LANE 24 OPEN17:30 / START18:00
広島公演:6月18日(土)BLUE LIVE 広島 OPEN17:30 / START18:00
香川公演:6月19日(日)高松 festhalle OPEN17:00 / START17:30
新潟公演:6月25日(土)新潟 LOTS OPEN17:30 / START18:00
石川公演:6月26日(日)金沢 EIGHT HALL OPEN17:00 / START17:30
愛知公演:7月3日(日)名古屋 DIAMOND HALL OPEN16:30 / START17:30
大阪公演:7月10日(日)Namba Hatch OPEN16:30 / START17:30
東京公演:7月16日(土)LINE CUBE SHIBUYA OPEN17:00 / START18:00
東京公演:7月17日(日)LINE CUBE SHIBUYA OPEN16:00 / START17:00

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻