Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートJams Collection、Sold Outした2ndワンマンLIVE@Zepp Hanedaで、夏に豊洲PITと大阪城野外音楽堂でワンマンライブ開催を発表!

Jams Collection、Sold Outした2ndワンマンLIVE@Zepp Hanedaで、夏に豊洲PITと大阪城野外音楽堂でワンマンライブ開催を発表!

2022.03.21

2021年3月3日にステージデビュー。同年8月にはO-EASTで1stワンマン公演「夏ジャ!!!!!!!!!」を行ないSold Outを記録。破竹の勢いで駆け続けるJams Collectionが、2020年2月に徳間ジャパンコミュニケーションズよりアルバム『JamMode』を発売し、メジャーデビューを飾った。同アルバムを手に、Jams Collectionは活動からほぼ1年後となる3月20日(日)、Zepp Hanedaを舞台に2ndワンマン公演「JamsCollection 2stワンマンLIVE『LOVEジャ!!!!!!!!!』」を開催。この日も、チケットはSold Out。今、Jams Collectionに期待の視線が向けられていることを改めて証明した。
 

74_09351-30.jpg74_09363-31.jpg

メンバーの人数に合わせ、9よりカウントダウンがスタート。期待に胸が高まる始まりだ。0を合図に新衣装に身を包んだ9人が舞台へ登場。ライブは、「今声を上げろ」「今拳上げろ」と力強く歌う『愛你』から幕を開けた。無数の炎が吹き上がる演出も気持ちを熱く騒がせる。メンバーらは疾走する楽曲に気持ちを乗せ、力強く歌声を響かせ、フロア中の人たちの心を熱く滾らせてゆく。
「まだまだ盛り上がれ!!」と煽るメンバーたち。Jams Collectionは、序盤から満員の観客たちの気持ちを刺激し続ける。メンバーらの振りに合わせ、フロア中でも同じ動きをしながら盛り上がった『絶対必勝ラブゲーム』。9人の愛らしい笑顔も印象的、「新しい自分見つけ出そう」と歌うアゲアゲなポップチューン『Smile×Smile』を通して見せたチャーミングな姿。『恋とテストと缶ジュース』でも、彼女たちはキュンキュン胸をときめかす歌を届け、見ている人たちの視線を釘付けにしてゆく。9人に「好き」など甘えた声でせまられるたび、心臓がバクバクする。このドキドキは、嬉しい罪だ。
 

74_09415-34.jpg74_09805-50.jpg

「今日はみんなでラブラブしていきましょう」など、気持ちを一つに結び合う公演にしようと、メンバーらはこの日の意気込みを語っていた。3月でJams Collectionの活動も1年が経過。1年後にZepp Hallに立つことを目標にしてきた彼女たち。その夢を、1年後に形にできた喜びも述べていた。
 

A1_00069-3.jpgA1_00275-18.jpg

Jams Collectionといえば、夏曲を多く歌えば、昨年も夏フェスに多数出演し大勢のファンをつかんできた夏が似合うグループ。ここからは、会場へひと足早く夏を呼び込むようにサマーソングを5曲連続で披露。
先に、今年の夏フェスでもフロア中を沸かしそうな『キケンなサンサンSummer!』『ノーヒットノーラブ』と新曲を立て続けに歌唱。触れたとたんにアドレナンが一気に上昇。ファンキーでダンサブル、Zepp Hanedaを夏のダンスフロアに染めあげた『キケンなサンサンSummer!』。「ドキドキしたけりゃこの指止まれ」の歌詞通り、この曲に触れながら、彼女たちが伸ばす指先をキュッとつかみたい衝動に駆られていた。
わちゃわちゃ弾け飛ぶ曲調に気持ちが爆アガる『ノーヒットノーラブ』では、大胆な乙女になった9人が、恋した乙女心を全力投球する勢いで伝えてきた。メンバーらは「この曲ではボールを投げた振りをするので、フロアにいる人たちは投げたボールを受け止めて欲しい」とも、後のMCで語っていた。
「Jamsといえば、夏!!」の声を合図に歌ったのが、アゲアゲのサマーチューン『サマサマサマーはアゲアゲで!』。9人は、満面の笑顔で「アゲてこ!!」と誘いをかけてきた。メンバーらのテンション高い呼びかけに、フロア中の人たちも色とりどりのサイリウムを高く振り上げ、一緒に熱狂の中へ飛びこんでいった。
「今年もみんなと一緒に素敵な夏が過ごせますように」と願い込めて歌ったのが、ミディアムメロウな『コイハナビ』。みんなで熱狂描くのもJams Collectionのライブらしいが、愛しい人へ向け胸の内を届けるように歌う姿にも心は惹かれる。『コイハナビ』に触れながら、ひと夏のロマンチックな妄想を胸のノートに記していた人たちも、きっと多かったに違いない。
夏曲の最後を飾ったのが、この想いが夏を終えてもずっと続くといいなと、夏の終りの時期の心模様を綴った『サマーポップ』。Jams Collectionは、5つの夏曲を通し、ひと足早く夏のときめいた日々を、この会場の中に歌を通して描きだしていった。
 

A1_00326-20.jpgA1_00566-31.jpg

次に披露した『あの日のメリーゴーランド』も、夏を舞台にした歌。胸をキュンキュンさせる開放感満載の楽曲に合わせ、メンバーらは恋に恋する乙女たちになり、舞台の上でわちゃわちゃ騒ぐ姿を見せてゆく。ときめく気持ちを華やかで愛らしいダンスに投影。好きという衝動を抑えきれずにはしゃぐ彼女たちの姿へ、同じように心をときめかせていた。
華やかさに、カラフルな色を塗り重ねるように届けた『プラネットナイン』でも、9人はエモーショナルでポップな楽曲を通し「未来はこの手の中」と、好きな人を夢中になって追いかける恋心を、晴れた歌声で届けてゆく。続く「ブルーアワー」では、力強い歌声とパフォーマンスを通し、凛々しい面を見せていた。曲が変わるごとに、いろんな歌声や心模様を見せてゆくのも、Jams Collectionの魅力だ。
キラキラ輝きを放つダンスロックチューンの『最先端フォーミュラー』では、「私たちの時代 今キラメク」と歌いかけてゆく。この曲には、夢を追いかけるメンバーたちの純粋で真っ直ぐな気持ちを投影。その想いを、9人は自分の言葉としてしっかり伝えてきた。だから気持ちが高ぶり、舞台上の彼女たちへ手を伸ばし、その想いをつかみたい想いでいた。
ライブも終盤へ。「さよならは言えなくて」と切々した声を響かせたのが、『Shooting Star』。彼女たちは、今という最高に素敵な時間を終わらせたくないと歌いっていた。頭上からは9人の想いを包み込むように雪が振り注いでいた。最後にJams Collectionは、ここからまた新しい物語を一緒に始めよう、終わらない旅を続けようと誘いかけるように『Brand New Story』を歌唱。彼女たちは、一緒に新しい物語を書き加えようと声をかけてきた。もちろん、この日のライブという物語も、新しいページに書き加えながら…。
 

A1_00573-32.jpgA1_00625-39.jpg

アンコールの最初に歌った『ストーリーハイライト』では、メンバーみずからスマホを使い、自分たちのライブ姿を撮影。メンバーどうし無邪気にはしゃぐ様も、とても愛らしい。背景の巨大なモニター画面には、この1年間のJams Collectionのメンバーらの姿が、思い出を振り返るように映し出されていた。
 

A1_01193-54.jpgA1_01345-56.jpg

「ファンの人たちがいるから私たちは頑張れています。私たちの存在が、みんなの頑張れる何かになれてたらすごく嬉しいなと思います。これからも私たちが、みんなをたくさんいろんな景色に連れていくし、みんなと一緒にその景色を見れたらいいなと思ってます。Jams Collectionだからいろんな挑戦をさせていただけてると思っているので、このメンバーでこれからも一緒に駆け抜けていきたいし、Jams Collectionをを応援してるみんなと、これからも一緒に成長出来たらいいなと思います」(一宮彩夏)
 

A1_02470-4.jpg

「みなさん、2022年もJams Collectionと一緒に進んでくれますか」の声を合図に歌ったのが、『疾走ドリーマー』。彼女たちは、描いた夢を叶えるための揺るがない意思を笑顔に変えて歌っていた。今を生きるこの喜びや力が、未来の自分たちを作りあげてゆくことを、1年間の活動を通して彼女たちは感じ続けてきた。その想いを9人は『疾走ドリーマー』に乗せ、力強く歌っていた。その姿が、とても眩しく見えていた。
最後の最後に、Jams Collectionのライブに熱狂を描き続けてきた「NEW ERA PUNCH!!」を熱唱。メンバー一人一人が魂を込めた歌声をリレーし、重ねてゆく始まりの姿も印象的だ。彼女たちは歌っていた、「勇気付ける拳は 煌きの証」「一度舵を取った その手は離さない」と。メンバーらが力強く突き上げる拳へ熱い想いを重ねあわせるように、フロア中から拳やカラフルなサイリウムを手にした腕が高く突き上がる。一緒に作り上げたこの熱狂を、彼女たちと客たちは一緒に次の夢を見ようと交わしあう約束に変えていた。ここで共に作り上げた夢つかむ想いと笑顔が脹らみ続ける限り、Jams Collectionの歩みは絶対に止まらない。Zepp Hanedaという場から飛び立ちながら、これからもこの9人と一緒に、その先に広がる景色を見続けたい。
 

74_09988-67.jpg74_09822-52.jpg

最後に、この日発表になったJams Collectionの最新情報をお伝えしよう。Jams Collectionは、6月5日(日)に豊洲PITを舞台に3rdワンマンLIVE『燃えジャ!!!!!!!!!』を行なう。8月21日(日)には、初の大阪でのワンマンLIVE『夏ジャ!!!!!!!!!〜大阪城の変〜』を大阪城野外音楽堂で開催することも伝えてきた。夏の野外ライブが似合うJams Collectionだけに、野外でのワンマン公演には、間違いなくこれまでとは異なる楽しさを描きそうだ。2本のワンマンLIVEに勢いをつけようと、Jams Collectionは5月に東名阪を舞台にした「無銭LIVEツアー」も行なう。「無銭」と記したように、Jams Collectionに少しでも興味を持っている方は、この機会に心を青春モードへ連れ戻す彼女たちのライブに触れ、一緒に眩しい青春を味わってもらいたい。
他にも、東京と大阪のSHIBUYA109で開催される「Jams Collection POP-UP STORE」。さらにSHIBUYA109渋谷店にあるイマダ キッチンとは、コラボカフェ「ジャムズパーラー」を行なうことも決定している。アクションを起こすごとに活動の規模を膨らませ続けるJams Collection。これからの動きからも目が離せない!!(text:長澤智典 / photo:ポテ ヤマムラ@pote_yamamura

jamsアー写web.JPG
【セットリスト】
01. 愛你
02. 絶対必勝ラブゲーム
03. Smile×Smile
04. 恋とテストと缶ジュース
05. キケンなサンサンSummer!
06. ノーヒットノーラブ
07. サマサマサマーはアゲアゲで!
08. コイハナビ
09. サマーポップ
10. あの日のメリーゴーランド
11. プラネットナイン
12. ブルーアワー
13. 最先端フォーミュラー
14. Shooting Star
15. Brand New Story
─ENCORE─
16. ストーリーハイライト
17. 疾走ドリーマー
18. NEW ERA PUNCH!!

商品情報

JamMode

2022年2月2日(水)発売
【Type-A】TKCA-75034 / ¥2,000(税込)
【Type-B】TKCA-75035 / ¥2,000(税込)
【Type-C】TKCA-75036 / ¥2,000(税込)

【収録曲】
※Type-A/B/C 共通曲
1. 疾走ドリーマー
2. あの日のメリーゴーランド
3. 愛你
4. プラネットナイン
5. スニーカーヒーロー
6. Shooting Star
7. NEW ERA PUNCH!!

※Type別に収録する楽曲(3曲)
8. 最先端フォーミュラー(Type-A)
8. サマサマサマーはアゲアゲで!(Type-B)
8. サマーポップ(Type-C)

Live Info.

東名阪 “無銭” LIVEツアー

5月1日(日)【NAGOYA】名古屋 ElectricLadyLand
5月2日(月)【OSAKA】なんばHath
5月11日(水)【TOKYO】Spotify O-EAST

Jams Collection 3rdワンマンLIVE『燃えジャ!!!!!!!!!』

2022年6月5日(日)豊洲PIT
※3月21日よりチケット発売開始

Jams Collection 4thワンマンLIVE『夏ジャ!!!!!!!!!〜大阪城の変〜』

2022年8月21日(日)大阪城野外音楽堂
※初の大阪ワンマンを大阪野音で開催

関連リンク

ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻