Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー渡辺淳之介(監督)『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』- 大変でしたけど、楽しかったのも本当

#5『PEACH CHAOS PEACH』モモコグミカンパニー×渡辺淳之介 - 大変でしたけど、楽しかったのも本当

2022.06.15

想像以上のプレッシャーがありました

――憧れの人と一緒に仕事できたということなんですね。しかも同じ監督の立場で並ぶことになったと。
 
渡辺:映画は大好きなのでいつか機会があればいいなとおぼろげながら考えていましたが、実現するとは思っていませんでした。やる前は楽しみで脚本も楽しく書けましたが、実際に撮影をとなると想像以上のプレッシャーがありましたね。
 
――プレッシャーというのは。
 
渡辺:僕の職業病のようなところですが、普段の仕事は誰かを連れてきて何かをしてもらうことなんです。
 
――プロデューサーということですね。
 
渡辺:はい。人を集めて何かをしてもらうというのがしてきたことで今までは実際の現場はお任せしていたのが、今回は自分が何かを作り出そうと1つ1つ確認しなければいけない。一番大変だったのは、 “アクション”と“カット”を掛けないといけないということでした。
 
――自分で完成のジャッジをしなければいけないということですね。
 
渡辺:撮ったものがOKかどうかの判断をしなければいけないのがプレッシャーで、今までの仕事は気楽だったんだなと思いました。
 
――役割が違うだけで、どちらも大変ですよ。そういう面では渡辺さんも初めてのことに挑戦されたということなんですね。
 
渡辺:そうですね。監督作品が認められて、いつの間にか監督になっているという夢物語を描いていましたがそうもいかないですね。とはいえ、全体のバランスから見ると僕の作品があって良かったなとも思っています。
 
――全部同じだとどんなにいい作品でも飽きますから。いろんな色が観れたという面でも良かったです。渡辺さんの作品は分かりやすいエンタメで肩肘張らずに楽しめました。
 
渡辺:ありがとうございます。
 
――誰と組むかはあみだくじで決められたということですが。
 
渡辺:監督で集まって話したんですけど、みなさん信念をもってやっていらっしゃるので意見がまとまらなかったんです。それであればあみだくじで恨みっこなしでやった方がいいと思ったんです。
モモコ2re.jpg
――六人六様の想いがありますから、まとめるのは無理ですよね。そんな中で渡辺さんはモモコグミカンパニーさんと組まれることが決まったわけですが。
 
渡辺:誰と組もうがこの物語にしようと思っていたので、逆に一番嫌がりそうなモモコに決まったので良かったです。
 
――モモコさんは渡辺さんとタッグを組むことになり、何か言われていましたか。
 
渡辺:嫌がってました。撮影前に作品の概要を伝えると「渡辺さんなのでしょうがないですね。」みたいな雰囲気でしたね。モモコは演技に苦手意識があったみたいです。でも、僕が思っている以上に彼女が頑張ってくれたので、撮り終えてから彼女の評価が上がりました。股間のものもつけたまま演技してもらいましたから、ひどいですよね(笑)。
 
――つけていたんですか、だから歩き方が見事な蟹股だったんですね。
 
渡辺:そうですね。
 
――さらに渡辺さん自身も出演されていて。そうやって振り返ると、もう映画を監督するのは嫌だという要素がないのですが。
 
渡辺:大変でしたけど、楽しかったのも本当です(笑)。
 
――初めての監督で現場を回すのは大変ではなかったですか。
 
渡辺:僕が監督をやるとなったときに『VOMiT』で監督していただいた山田健人監督が助監督に名乗り出てくれたので本当に助かりました。彼が撮ったと言っても過言ではないくらいの働きをしてくれて、凄くスムーズに進みました。僕と彼とは仲がいいので、遠慮なく「間に合わないけどどうする」って上手く制御してくれて、そこも助けてもらいました。
 
――自分だけだと悩んで進めなくなるかもしれないですからね。個人的にコメディ作品は映像作品の中では大変なジャンルだと思っています。そこに挑戦されたのもすごいなと感じています。
 
渡辺:僕は「メリーに首ったけ」や「ズーランダー」「ミート・ザ・ペアレンツ」が好きなので、難しいことは考えずに楽しめるコメディしか考えられなかったんです。
モモコ1.jpg
――好きなモノを撮るのが一番です。変にかっこつけて下駄を履いてしまうと、ずれちゃいますから。
 
渡辺:格好つけられないだけですよ。ほか5名の監督はやりたいこと、表現したいことをしっかりと持たれていて凄いなと改めて感じました。僕にはできないことです。
 
――そんなことはないです。自分のやりたいことがないと音楽プロデュースも映画も撮れないですから。映画はエネルギーを使うものですから、しかもプロデューサーとしても6作品を支えているわけですし。
 
渡辺:そういっていただけて嬉しいです。

メンバーらしい作品になっていました

――ほかの監督がどういう作品を撮るかは聞かれていたのですか。
 
渡辺:一応、脚本は見せてもらってはいます。プロデューサーでもあるので「こんなの撮りたいけど、大丈夫ですか。」と聞かれることはありますが、監督と主演の二人が問題なければ大丈夫ですとお任せしました。
 
――プロデューサーとして把握はして、お任せしていたということなんですね。ほか監督の作品はいかがでしたか。
 
渡辺:ほかの監督たちもBiSHのことを凄くわかっていただいて、メンバーたちの魅力を引き出してもらえたなと思いました。驚きもありましたが、それぞれのメンバーらしい作品になっていましたね。
 
――6作品の順番は気にされたのですか。
 
渡辺:順番だけは監督たちと話をして決めました。行定監督の作品が最後の締めに相応しいかなと思っていたのでそこをお願いしたのと、その前に僕の作品をもってこさせてほしいと話をして、僕の希望が通った形ですね。僕的にはいい並びかなと思っています。
 
――いい並びだと思います。作品の雰囲気としては『オルガン』と『どこから来て、どこへ帰るの』は近いテイストなので、続くとお互いの良さが薄まってしまいますし、最初の『リノベーション』でこういう尖った作品続くよって宣告されましたが、それだけだと疲れてしまいましから。
 
渡辺:そうですよね(笑)。お客さん的には6作品ともコメディ系なのかなと思っている人もいるでしょうね。
 
――正直、観る前はそうだと思っていました。それぞれに印象的な作品ばかりで、どれも記憶に残っている、刺さっているのも凄いなと。
 
渡辺:ありがとうございます。撮影に入ろうとなったころにコロナが来て映画業界にも自粛ムードがありましたが、「気を付けながら撮りましょう。」とじわじわと進めていきました。やっと公開することができるのが嬉しいです。
 
――コロナ禍もあって大変な中、完成し公開まで頑張っていただいてありがとうございます。面白いのはもちろんですが、画としても綺麗で、音楽にこだわりもある作品群だったので、大きなスクリーンといい音響で浸りたい作品ですね。
 
渡辺:そういっていただけるのは嬉しいです。映画作りは想像以上に大変でが、監督のみなさんは楽しくやっていただけていたのでそれは良かったです。実際にやってみて改めて映画を作っている人たちはすごいなと思いました。今は、お客さんがどんな反応になるのかドキドキしています。
 
――楽しみにしている人は多いと思います。いい意味で裏切られた作品でした。
 
渡辺:裏切れてよかったです。いい反応・悪い反応ふくめ、みなさんの感想を楽しみにしています。ぜひ、映画館で楽しんでいただきたいです。
DSC01099re.JPG
© WACK INC.
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』
ポスタービジュアルre.jpg
6月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開中
 
#1『リノベーション』 〈主演〉アイナ・ジ・エンド×田辺秀伸監督
#2『レコンキスタ』 〈主演〉ハシヤスメ・アツコ×大喜多正毅監督
#3『オルガン』 〈主演〉アユニ・D×エリザベス宮地監督
#4『VOMiT』 〈主演〉リンリン×山田健人監督
#5『PEACH CHAOS PEACH』 〈主演〉モモコグミカンパニー×渡辺淳之介監督
#6『どこから来て、どこへ帰るの』 〈主演〉セントチヒロ・チッチ×行定勲監督
 
企画・制作:WACK
配給:松竹ODS事業室 /新領域コンテンツ室
映倫:PG-12
主題歌:I have no idea.(BiSH/avex trax)
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻