Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】メロン記念日(2009年12月号)- 本誌創刊33周年&誌面刷新記念イヴェント"ROOFTOP PROOF 09"にメロン参戦! バックナンバーを振り返りながら幾重もの変遷を重ねてきた33年間の軌跡を辿る!

本誌創刊33周年&誌面刷新記念イヴェント“ROOFTOP PROOF 09”にメロン参戦!バックナンバーを振り返りながら幾重もの変遷を重ねてきた33年間の軌跡を辿る!

2009.12.01

ルーフトップに載ることで自信がついた

──あと、近年は“ライヴハウスツアー2006〜灼熱天国”みたいなケースもありましたけど、今年はそれよりもキャパシティの狭いライヴハウスでライヴをやることが多かったじゃないですか。率直なところやりづらくはないですか。

大谷:いや、最近はむしろそっちのほうが楽しいくらいですね。

村田:ファンの皆さんも密着感が堪らないみたいで。

斉藤:私たちも心地好くなってきましたよ。大きい所も小さい所も良さがそれぞれにありますけど。ステージとの距離の近さがライヴハウスの醍醐味ですよね。私とあゆみがあっちゃんにハイタッチしたいから人の波を掻き分けて前に行ったのもそういうことじゃないですか。気持ちが昂ぶったことによって、ついつい前に行ってしまいたくなるっていう。

──ロック化計画と本誌の誌面掲載によって、メロン記念日の存在が着実に我々ロック界隈へ浸透してきたことを実感するのが個人的には嬉しいんですよね。

柴田:皆さん、どういう反応をしているんですか?

──もちろん賛否両論はありますけど、否だって認知された証拠なわけだからしてやったりですよ。箸にも棒にも引っ掛からないのが一番良くないことですから。

柴田:あっちゃんのところにも「なんでアイドルと組むんだ!?」って声があったみたいですし。

──でも、ラウンジで僕が大好きなブラッドサースティ・ブッチャーズのシャツを着たロック好きな連中が「ルーフトップのインタビューを読んで初めてラウンジに来たけど、メロン記念日凄く良かったです!」って場内で僕に声を掛けてくれたのが本当に嬉しかったんですよね。ロック化計画の効果はちゃんと表れているし、皆さんには異ジャンルの人間をも惹きつける力がやはりあるんですよ。ロティカのあっちゃんもカタルさんも、今や皆さんの大ファンじゃないですか(笑)。

斉藤:本当に有り難いことですよね。私たちのお芝居まで観に来て下さって。

村田:バンドの皆さんから頂けるものはコラボ曲以外にもたくさんあるんですよね。

──皆さんが真摯な姿勢でロック・バンドとコラボレートしていることが認知されてきたと僕は思うんですが、皆さんは注目の浴び方が変わってきたと感じませんか。

大谷:ビークルさんに呼んで頂いて夏フェスに出た時は、まだまだだなって思いましたよ。

斉藤:プルプルしてましたからね、若干ビビリな感じで。

村田:でも、ルーフトップさんに載せてもらうことで気持ちに自信がついているのは確かです。

──野外フェスは来年こそ単体で出たいですよね。

柴田:今年も年末とかまだ諦めてませんので。

──大谷さんが故郷に錦を飾るためにも、ライジング・サンはマストの方向で。

大谷:ライジングは是非出たいですね。関係者の皆さん、どうぞよろしくお願い致します!

──来年に向けて、他に何か実現させたいことはありますか。

斉藤:ロック好きな方たちに本当の意味で認めてもらえる存在になれたらと思いますね。この1年やってきたことが無駄にならないようになればなと。このロック化計画に今ひとつ面白味を感じないというずっと応援して下さるファンの方も当然いらっしゃるでしょうけど、私たちにはそういったファンの方も凄く大切な存在なので、今のこの状況をちゃんと認めてもらえるような説得力を持てるように頑張ります。

──どれも掛け値なしに素晴らしい5作のコラボレート楽曲が何よりの説得材料だと思いますけどね。

斉藤:曲も増えたし、どれもいい曲だし、良くないことは全くないんですけどね。

──僕らのようなロック・サイドの人間はこの異種交流戦を純粋に楽しんでいますが、従来のファンが実際のところどう感じているのかは確かに気になりますね。

大谷:小さなライヴハウスになるとギュウギュウになって、モッシュやダイヴも凄いから、それがキツイというファンの人の声も聞きます。でも、そういうライヴがあるお陰で普段運動をしない自分がライヴで運動できてるよ、ありがとう、って言って下さる人もいる。狭いライヴハウスに入ること自体がムリだという人もいれば、入ってみたら凄く楽しかったという人もいて、今はいろんな物事がちょうど過渡期なのかもしれないですね。

──メロン記念日自身も、それに関わる人たちも殻を突き破ろうとしている段階なんですかね。殻を突き破りきってデビュー10周年を迎える来年こそが本当の意味での勝負なのかもしれませんね。

村田:まだメロンをそんなに知らない人たちもチャンスがあったらライヴを見てもらいたいし、イメージを変えてもらえたら嬉しいですね。

──ある意味、ウチも過渡期ですからね。創刊33周年っていうのももの凄く中途半端ですし(笑)。

村田:いやいや、33だけに“酸味”が利いてていいじゃないですか!

斉藤:甘いだけじゃないよと(笑)。大人な感じですね。

──“甘いあなたの味”ばかりでなく、大人になれば酸辣湯やトムヤンクンみたいに複雑な味も楽しめるようになりますからね(笑)。

斉藤:それ、いいですね。来年は酸いも甘いも噛み分けた大人のメロンに期待していて下さい!

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻