Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート映画『Pure Japanese』完成披露舞台挨拶。新しいフィルムメイキングの形を

映画『Pure Japanese』完成披露舞台挨拶。新しいフィルムメイキングの形を

2022.01.12

DSC00381re.JPG
1/28より公開される映画『Pure Japanese』完成披露舞台挨拶が企画・プロデュース・主演立石役のディーン・フジオカ、アユミ役の蒔田彩珠、陣内役の坂口征夫、監督の松永大司を迎えバルト9にて行われた。
DEEN01.jpg
ディーンは本作制作について「シンプルに感動しました。素晴らしい仲間に出会え、新しい形でのフィルムメイキングに立ち会えたことをフレッシュな気持ちで楽しめました。自分が立案なので責任感も感じましたが、素晴らしい仲間のおかげで完成し、今日来ていただいたみなさんも同士だと思っています。」と俳優としてだけでなく企画・プロデュースとしても携わったこの映画の完成に対する思いを語っていただきました。
makita.jpg
共演した蒔田はディーンに対して「ご自身の企画という事で、ご自身の役はもちろん登場人物全員にまっすぐ向き合っている姿がカッコよかった。」と感じていたそうです。坂口も「ディーンさんのただならぬ覚悟を感じていました。侍のような真っ直ぐな姿を憧れの目でも見ていました。それに負けないように演じさせていただきました。」と撮影時のディーンからも作品に対しての溢れ出る思いをお二人も感じていたそうです。
sakaguchi.jpg
タイトルにちなみ自身の “Pure”な部分について聞かれディーンは「今やっている仕事、物を作るという事に対してピュアでいたいなと思います。」と映画・音楽に限らない作品制作についての自身の考えについて答え、本作でその姿を間近で見ていた松永は「作品の立ち上げの熱量を思うと現場で俳優としているという事は簡単じゃないなと思っていますが、ディーンさんからは『映画は監督のものなんです。作品を良くするために監督を支え続けますよ。』と託していただけありがたかったです。ディーンさんには日本のトム・クルーズになって欲しいなと思います。」とこれからのディーンの更なる躍進に期待する声も。それを受けたディーンは「凄い責任重大ですね。海外ではキャストがオリジナル企画を立ち上げていく姿を見てきましたが、日本ではまだ少ないのでそういう事が今後もっと出来るようになればと思っています。トム・クルーズさんの規模感は遥かかなたですけど、引き続きピュアな精神で進んでいければと思っています。」と映画制作に対する熱い想いを語る場面もありました。
matsunaga.jpg
「みなさんと共犯関係になって、新しいフィルムメイキングの形をムーブメントにしていければと思っています。思いが溢れて言葉にまとめるのは難しいですが、まずは作品を届けられることを嬉しく思います。」とディーンの熱い想いを語っていただき、イベントは熱狂の中で終わりました。
 
[REPORT:柏木聡(LOFT/PLUSONE)]
 

Live Info.

映画『Pure Japanese』

2022年01月28日(金)公開

-CAST-
立石:ディーン・フジオカ
アユミ:蒔田彩珠
黒崎:別所哲也
隆三:渡辺哲
黒崎 誠実役 TETSUYA BESSYO 別所 哲也
二宮:金子大地
陣内:坂口征夫
千田:村上淳
鈴木:嶋田久作 ほか
 
-STAFF-
監督:松永大司
脚本:小林達夫
企画・プロデュース:ディーン・フジオカ
エグゼクティブブロデューサー:荒木宏幸
プロデューサー:遠藤日登思、小川真司、古賀俊輔、城内政芳
脚本協力:二宮健
アクション監督:森崎えいじ
撮影:今井孝博
照明:木村匡博
録音:西條博介
美術:井上心平
装飾:櫻井啓介
衣装:浜辺みさき
ヘアメイク:小林雄美
編集:早野亮
音楽:世武裕子
助監督:中山権正
キャスティング:疋田理沙
制作担当:福井一夫
企画・制作協力:ブリッジヘッド 
制作プロダクション:ザフール 
配給:アミューズ
配給協力:クロックワークス
製作:「PURE JAPANESE」製作委員会(アミューズ)
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻