Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 ―TAKE OFF―』完成披露舞台挨拶が開催! 古代進の魂、復権の旅に出港!!

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 ―TAKE OFF―』完成披露舞台挨拶が開催! 古代進の魂、復権の旅に出港!!

2021.09.26

YR5_4582.JPG

fukui.JPG

[REPORT:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

10/8(金)より劇場公開を記念しての完成披露舞台挨拶が開催。古代進役の小野大輔、物語のカギを握る新キャラクター土門竜介役の畠中祐、監督の安田賢司、脚本・シリーズ構成の福井晴敏、MCに桐生美影を演じた中村繪里子を迎えイベントは進められました。

小野は「こうして劇場公開できることは本当にありがたいです、嬉しいです。みなさんと一緒に宇宙へと出港したいと思います。」と挨拶とともに劇場公開となる喜びを語りました。畠中は「新クルーがどう受け入れられるのか、届くのか、ドキドキしましたし、楽しみでした。」と本作から新たにクルーとして参加することの思いを話しました。福井も「心配になった時もありましたが、みなさまの魂のコスモクリーナーのおかげでここまで来れました。まだまだ予断を許さないなか、永い出口の入口に立った中での公開となり嬉しく思います。」と公開前に持っていた不安と今の喜びを挨拶として伝えられました。

nakamura.JPGono02.JPG

本作を制作するにあたって福井は「古代進は自分のせいでという自責の念を持っているだろう、本作は古代進の魂の復権をしなければという思いに至り物語を筋立てていきました。」古代進の心を救うために脚本を受けることを決めたとのことでした。小野自身、古代進は過酷な旅を終え平和な日常を送るのだろうと安心していたそうで「福井さんからは“ココからまたひどい目に合わせます、地獄なので覚悟していてください。”と言われました。」と驚きもあったそうです。

本作から加わる新クルーたちについて畠中「土門たちは生意気だな、危なっかしいなと思いました。」とのこと。小野は「畠中さん自身は僕に対して敬意を持ってくれていますが、キャラクターの持つ熱さ・真っ直ぐさというのはシンクロしていると感じました。」とキャラクターとの共通点も感じていたそうです。

古代進を演じていることについて小野は「自分と重なる部分が凄くあります。長く演じてきたことで僕が古代進に近寄っているよう感じています。」と9年にわたって演じてきたことへの思いを語られました。

hatanaka01.JPGyasuda.JPG

新クルーも増えたことで新たなる人間ドラマが観られる本作、福井は「今までのクルーは古代の苦労を知っているので、庇ってしまう。土門のようなキャラを目の前に置いて、ドラマを活気づけています。」、小野は「熱量や推進力・思いの強さは古代と土門は似ていて、同族嫌悪もあるのかなと思っています。小野大輔として若い頃の自分を見ているようでもありました、土門を演じる畠中祐に対しても近い想いを感じていました。」とのこと、その思いを受け畠中は「小野さんの役者として仕事に対する姿勢・お芝居に対する情熱も含めてそこに行きたい、行かねばと心から思っています。」と役者として互いに感じている気持ちを語られました。アフレコを観ていた福井は「二人はブレス芝居がとても似ていて、真似をしているのかなと思うくらいでした。」と二人の演技に対し驚きを感じていたことをお話しされました。

最後に小野からは「ヤマトの新しい旅立ちを共有できるのが本当に嬉しいです。辛い時もありましたが、一緒に旅をしてくれる仲間がいるから旅を続けてこれたと思います。ヤマトは希望の船です、一緒に未来に旅立ちましょう。」と、畠中は「こうやって改めてヤマトに触れることが出来て、新クルーと参加出来て本当に良かったなと思います。普遍的な骨の太いメッセージを投げかけてくれる作品だと思います。参加することで熱量を感じました。『2205』としてより高くなった熱量をみなさんも感じていただければと心から思います。」と改めて作品に対しての熱い想いと喜びを語っていただき、大盛況の中で完成披露舞台挨拶は終演となりました。

 

vlcsnap-2021-08-06-12h21m23s775.jpg『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』場面写真 (1).jpg

Live Info.

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』

 

ヤマト2205前章_メインビジュアル.jpg

 
2021年10月8日(金)公開
 
1979 年に放送され、高視聴率を獲得したテレビスペシャル『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』 をモチーフに、全二章、完全新作で描く「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ最新作。〈前章 -TAKE OFF-〉は、10月8日(金)より劇場上映・Blu-ray 特別限定版販売・デジタルセル配信同時スタート。
 
-staff-
原作:西﨑義展
製作総指揮・著作総監修:西﨑彰司
監督:安田賢司
シリーズ構成・脚本:福井晴敏
脚本:岡 秀樹
キャラクターデザイン:結城信輝
メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志・明貴美加
音楽:宮川彬良
音響監督:吉田知弘
CGディレクター:後藤浩幸
アニメーション制作:サテライト
配給:松竹ODS事業室
-Cast-
古代 進:小野大輔
森 雪:桑島法子
真田志郎:大塚芳忠
アベルト・デスラー:山寺宏一
スターシャ:井上喜久子
デーダー:天田益男
土門竜介:畠中 祐
徳川太助:岡本信彦
京塚みや子:村中 知
坂東平次:羽多野 渉
坂本 茂:伊東健人 ほか
 
公式HP < https://starblazers-yamato.net/ >
 
©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会
 
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻