Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー的場浩司(俳優)×余貴美子(女優)- 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』時代が変わっても変わらない

「時代が変わっても変わらない」

2022.09.23

 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』にて田村夫妻の同僚・良き理解者として作品にリアリティとドラマの深みを出した浦島店長・蓑山さんを演じる二人に的場浩司・余貴美子に制作の裏側を聞いた。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

奥底にはみなさん深い愛がある

――市井昌秀監督はいままでコメディ作品を多く撮られていたので今回もそういう作品かなと思っていましたが、人との繋がりを描いているドラマも濃い作品でホロッとさせられました。
 
余貴美子:良かったです。
 
的場浩司:ありがとうございます。
 
――脚本を読まれていかがでしたか。
 
余:脚本はすんなりと入ってきました。ただ、的場さんの浦島店長と私の蓑山さんには下の名前がなかったんです。
 
――お二人とも重要な役どころなのに苗字だけだったんですか。
 
的場:そうなんです。苗字だけだと、いろんな店の店長の代表みたいですよね。
<サブ1>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
――物語の中では旦那デスノートというSNSの闇のような部分が作品の肝にもなっています。匿名だからこそ出来てしまう発言・発信というのは怖さもありますがいかがでしたか。
 
余:確かに、SNSの暴言で傷ついてしまう方もいるので怖さもあります。旦那デスノートに関して言うと、隠れて吐き出せる場所なのでそれで気が楽になるのであればいい部分もあるなと思いました。ただ、血の繋がりがない夫婦ですから、絆を深めるというのはいつの時代も変わらないんだなと今作を通して感じました。
 
的場:僕も旦那デスノートという場所で溜まったものを吐き出して、それによって夫婦が円満になっていくのであればいいなと思います。ただ、勘違いしてほしくないのは、旦那デスノートには旦那さんに対する文句を綴っていますが奥底にはみなさん深い愛があるんだと思います。深い愛があるうえでやっている。誹謗中傷をただ単純に書き込むのは問題ですが、今回のものに関しては愛の裏返し・息抜きのようなものだと思うのでこれはこれで面白いと思います。
 
――確かに相手に怒る・文句を言うというのは相手に期待している部分も大きいですね。
 
的場:そうですね。

大げさにやってしまうと逆に笑えない

――市井昌秀監督は今回キャストのみなさんに演技をお任せした部分が大きく、ライブ感を大事にされて撮影されたと伺ったのですがいかがでしたか。
 
余:それは感じていました。市井監督も「あまり作りこみすぎない、笑わそうとしてはいけない。本人たちはものすごく真剣に悩んでいてその姿を外から観ると可笑しいという風にしたい。」とおっしゃられていましたね。
 
――自然体でありながらどこか可笑しいということを表現するのは難しいように感じますが。
 
的場:そんなことはなかったです。例えば、僕がスイーツのことを熱弁している姿は周りからすると可笑しいんです。コチラは夢中になって真面目にやっているけど、はたから見ると可笑しい。なので、いかに自然に入り込んでいけるかなということを一番考えましたね。大げさにやってしまうと逆に笑えないと思いました。
 
――確かに、作りこんでしまうと逆に不自然になってしまいますね。だから、浦島店長の結婚式まえの失言も浮いていないで日常の1シーンのように観えながら笑えたんですね。
 
的場:あれは本人が失言だと思っていないんです。絶対にいるじゃないですか、結婚まえにああいうことを言ってしまう人が。あの愛らしさもあって、僕は浦島さん嫌いじゃないんですよ。
<サブ3>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
――いいキャラクターでした。予期せぬトリガーを引いてしまいましたが、あの後の落ち込んでいる浦島店長の姿が最高でした。
 
的場:ありがとうございます。
 
――蓑山さんは実は隠していたことがあります、そういう姿を演じるというのはいかがでしたか。
 
余:年代も近いので理解できないことではなかったです。私はSNSなどできないので、蓑山さんはそれを活用されているのでそういった役を演じることが新鮮でした。
 
――この場合は残ることの良さもありましたね。履歴をたどることで今までのことを思い出したりしていて。
 
余:蓑山さんの場合は憎まれ口ですからね。
 
――田村夫婦も小さなボタンの掛け違いが積み重なった結果の険悪な空気でしたから、愛情はお互いにあるんですよね。夫婦とはいえどこまで踏み込んでいいのかというのは難しいところはあります。気を使っての行動も、受け取る側のコンディションやキャラクターで良い方にも悪い方にも転んでしまいますから。
 
的場:そうですね。これは夫婦だけではなく万人に通じることですよね。その人たちの関係性によって変わることもありますからね。
 
余:発言をした側が「何でわからないの?」と思ったり、受け手側が「全然説明が足りない。」と感じたりすることも多々あるので、そこは難しいですよね。
 
的場:男女の永遠のテーマですよ。
 
余:時代が変わっても変わらないんでしょうね。そういうところは多くの人に共感してもらえると思います。今はコンプライアンスを気にする世の中になって、みんな言葉を選んでしまうのもどうなのかなと思うこともあります。私は言ってくれた方が気が楽なんです。
 
――気を使った結果「ちゃんと言ってよ」となったりしますから、なかなか難しいですよね。
 
余:そうですね。
このアーティストの関連記事

『犬も食わねどチャーリーは笑う』

市井点線(著)
発行:小学館
価格:640円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』
<メイン写真>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
9月23日(金・祝)全国ロードショー
 
●出演
香取慎吾 岸井ゆきの
井之脇 海 中田青渚 小篠恵奈
松岡依都美 田村健太郎 森下能幸
的場浩司 眞島秀和
徳永えり 峯村リエ 菊地亜美
有田あん 瑛蓮
きたろう 浅田美代子 余 貴美子
 
●スタッフ
監督・脚本:市井昌秀
音楽:安部勇磨
主題歌: never young beach
「こころのままに」
(BAYON PRODUCTION)
小説:
「犬も食わねどチャーリーは笑う」
市井点線 著(小学館刊)
 
製作総指揮:木下直哉
エグゼクティブプロデューサー:飯島三智
プロデューサー:
谷川由希子 石塚正悟 大塚健二
音楽プロデューサー:
緑川 徹 濱野睦美
撮影:伊集守忠
照明:澤村圭祐
録音:反町憲人
美術:堀明元紀
装飾:石上淳一
助監督:吉田 亮
キャスティング:細川久美子
衣裳:渡部祥子 百井 豊
ヘアメイク:
佐伯憂香
澤田久美子(香取慎吾担当)
スクリプター:黒木ひふみ
編集:木谷 瑞
音響効果:渋谷圭介
制作担当:高橋輝光
製作:“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS(木下グループ CULEN)
制作プロダクション:ギークサイト
配給:キノフィルムズ/木下グループ
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻