Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー市井昌秀(映画監督)- 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』伝えたいと思える人がいることは良いなと思う

伝えたいと思える人がいることは良いなと思う

2022.09.23

 静かに離婚の危機に直面する夫婦が、今までぶつけられなかった本音をさらけ出しぶつかりながら歩み寄っていく姿を描いた映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』。夫婦を通して人との繋がりの大切さを描いた本作。自身の結婚生活を投影して描いたという市井昌秀に本作に込めた想いを聞いた。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

夫婦はわかないことだらけ

<サブ2>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
――結婚生活の中で倦怠期、離婚寸前の夫婦という現実的な部分を描かれたのは何故ですか。
 
市井昌秀:『犬も食わねどチャーリーは笑う』はオリジナル作品なのでパーソナルな部分を出さなければいけないと思ったんです。自分の結婚生活を振り返ったとき、離婚とまではいかないまでも危ない時期がありました。今作の脚本を書いているときも実は危ない時期で、そのこともあって結婚や離婚にまつわるものを描いてみたいと思ったんです。その構想をプロデューサーに相談したところ“だんなDEATH NOTE”というサイトがあると伺ったんです。そこには辛辣なことが書いてますが滑稽でコミカルな書き込みもあって、面白いなと感じどんどん広がっていきました。
 
――上手くいってない時期に“だんなDEATH NOTE”を読んで、さらにこんな作品を書くというのはメンタルを保つのが大変そうですが。
 
市井:最初はメンタル的にきつかったですけど創作する中で妻と協力し合うことが出来、危ない時期を乗り越えられました。書き進めていく中で僕たちの関係性も修復していったので良かったなと思います。
 
――監督の家族の再生の物語とも重なっていたんですね。
 
市井:そういう面もありました。
 
――田村夫妻以外の夫婦も出てきますが、ほかの方にもお話を聞かれたのですか。
 
市井:取材というほどではないですが、友人などに聞いたりはしました。ですが、聞いた話を作中で描かれる夫婦・家庭に投影したわけではないです。
 
――結婚・夫婦の形で描かれていますが、根本としては人づきあいの大切さを描いていると感じました。友人関係・仕事関係でも、自分が伝えたいことが相手にキチンと伝わっているかは別ですから。
 
市井:そうですね。夫婦はわからないことだらけで、こうだという解決はないだろうなと思っています。
 
――田村夫妻も小さなすれ違いの積み重ねから険悪になっていますが、その視点はどのような気付きから得たのでしょうか。
 
市井:自分と妻との関係性を振り返ったとき、思いやりと考えての行動からでも齟齬が生まれているなと思ったんです。例えば、衣装ケースから靴下を取ろうとして落とした時に「ちゃんとしまっておいてね」と注意を受けイラっとしてしまう。ちょっとしたことですが先行して言われることに腹が立つということが僕ら夫婦にあって、それはどの夫婦にもあると思ったんです。
 
――「やろうと思っていたのに。」ということですね。
 
市井:そうそう(笑)。
 
――注意している方も悪気があるわけではなく、「忘れないでね。」くらいの気持ちなんですけど、受取手が過剰に反応してしまうことはよくあることですから。
 
市井:生活しているとその前のことを引きずってしまって、別の怒りをここに持ってくるということがありますよね。そういうものを本作に落とし込みました。

皆さんに用意していただいたものを受け取って

――シリアスとコメディのバランスが素晴らしかったです。物語のバランスはどう意識されていたのですか。
 
市井:ありがとうございます。コメディ映画を撮りたいと考えてはいますが、結果として笑いが生まれるものになればいいなと思っています。なので、コメディにしたいと意識してしまうと理想とする作品にならないので、目の前で本当に起こっている出来事という意識だけは大切にしてます。
<サブ5>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
――確かに、本作ようにドラマも重要な作品では、コメディを強く押し出されてしまうと観ていて冷めてしまいますからね。だんなDEATH NOTEを題材にしてるので男性目線では心に来るエグイ言葉もありますが、この自然な笑いから重たい気持ちにならずに楽しむことができました。
 
市井:良かったです。
 
――表情の撮り方も凄く素敵だなと感じました。演出・演技指導の面で役者の皆さんとお話しされたことはあったのでしょうか。
 
市井:演出というほどのことはしていないです。今までの作品ではキャラクターの履歴書のようなものを書いて渡していたのですが、そうすると演技を制約してしまうと思ったので今回は辞めました。
 
――想像の余地を残せるようにしたんですね。
 
市井:そうです。それぞれのキャラクターのバックボーンを軽くお伝えしましたが、文字にしてしまうと良くないなと思ってきたので会話でお伝えするくらいで押さえました。香取慎吾さんも岸井ゆきのさんも、いざ演じていただいたら田村夫婦になっていました。
 
――二人のくたびれた感も含めてよかったですね。
 
市井:素晴らしかったですよね。皆さんに演じていただいたものを受け取って、「僕の好みはこうなんです」とニュアンスを伝えるくらいでしたね。
 
――その方法がばっちりハマっていて、自然な演技でした。
 
市井:そういっていただけて良かったです。
<メイン写真>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
このアーティストの関連記事

『犬も食わねどチャーリーは笑う』

市井点線(著)
発行:小学館
価格:640円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』
<メイン写真>『犬も食わねどチャーリーは笑う』re.jpg
9月23日(金・祝)全国ロードショー
 
●出演
香取慎吾 岸井ゆきの
井之脇 海 中田青渚 小篠恵奈
松岡依都美 田村健太郎 森下能幸
的場浩司 眞島秀和
徳永えり 峯村リエ 菊地亜美
有田あん 瑛蓮
きたろう 浅田美代子 余 貴美子
 
●スタッフ
監督・脚本:市井昌秀
音楽:安部勇磨
主題歌: never young beach
「こころのままに」
(BAYON PRODUCTION)
小説:
「犬も食わねどチャーリーは笑う」
市井点線 著(小学館刊)
 
製作総指揮:木下直哉
エグゼクティブプロデューサー:飯島三智
プロデューサー:
谷川由希子 石塚正悟 大塚健二
音楽プロデューサー:
緑川 徹 濱野睦美
撮影:伊集守忠
照明:澤村圭祐
録音:反町憲人
美術:堀明元紀
装飾:石上淳一
助監督:吉田 亮
キャスティング:細川久美子
衣裳:渡部祥子 百井 豊
ヘアメイク:
佐伯憂香
澤田久美子(香取慎吾担当)
スクリプター:黒木ひふみ
編集:木谷 瑞
音響効果:渋谷圭介
制作担当:高橋輝光
製作:“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS(木下グループ CULEN)
制作プロダクション:ギークサイト
配給:キノフィルムズ/木下グループ
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻