Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー紗羅マリー(女優) -映画『ニワトリ☆フェニックス』私たちから観てくれるみなさんへの愛

映画『ニワトリ☆フェニックス』私たちから観てくれるみなさんへの愛

2022.04.13

 インスタグラムで公開されたリモート短編作品『ありがとう』から動き出した青春ロードームービー『ニワトリ☆フェニックス』。終わりから始まる前代未聞の再構築ムービーはどのように作られたのか。『ニワトリ★スター』からつながる狼組だからこそできた本作。狼組の絆、そして作品を通して伝えたい思いを謎の花嫁・月海を演じ、主題歌も歌われた紗羅マリーに聞いた。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

狼組からの“ありがとう”をみんなに届けたくて作った

サブ⑦NF_0113re.jpg――『ニワトリ☆フェニックス(以下、フェニックス)』観させていただきました。あのストーリー展開はズルいです、泣いてしまいました。
 
紗羅(マリー):ですよね。
 
――年を重ねた(雨屋)草太と(星野)楽人の姿を観ることができたのは嬉しかったです。『フェニックス』は短編『ありがとう』から始まった作品ですが、それ以前から続編をつくろうという話はされていたのでしょうか。
 
紗羅:やりたいなということは、みんなとも話していました。かなた狼監督も『ありがとう』を作る前はもう少し長いスパンで考えていたと思います。それがコロナ過になり、「何か、できることはないかな。」という相談の連絡を監督からもらって、草太と楽人の短編に繋がり映画に至りましたが、監督の中ではあったのかもしれませんね。
 
――想像していたよりも早く形になったということなんですね。
 
紗羅:私もみんなもいつかやるんだろうなと待っていました。それが「おぉ早いな。待ってました。」という感じです。
 
――『ニワトリ★スター(以下、スター)』からどうなるのだろうと思って『フェニックス』を観たので、最初は戸惑いました。物語もそうですが、ほかにもいろんな要素が含まれていて、オカルトなのかギャグなのか青春ロードムービーなのか何だろうと。
 
紗羅:わかります(笑)。『フェニックス』は狼組からの“ありがとう”をみんなに届けたくて作ったというもので、同じ“ニワトリ”で似た部分もありますが流れる時間・物語はまた違うものになります。
サブ③_NF_0373re.jpg
――『スター』に参加されていた皆さんがこれでもかとまた集まってくれているので、狼組が好きな人に対してのプレゼントのような作品で嬉しかったです。
 
紗羅:ありがとうございます。『スター』で出ていた人たちがたくさん出ているので、そこも観て楽しんでいただければと思います。
 
――紗羅さんは前作の『スター』では役に入り込みすぎて歯の治療の際に麻酔が効かないなど普段の生活にも月海を演じることの影響があったそうですが、同じ月海でも違う世界観で演じることに混乱はなかったのでしょうか。
 
紗羅:なかったです。撮影前、監督からは「楽しんでくれたらいい、そのままでいてくれたらいい」と言われていました。それは、前作で月海は一度私の体の中を通っているものなので、何も加えないでいい、楽しんでくれたらいい、ということだと思います。なので、本当にその場の感情に身を任せていました。だから、今作ではこうしましたという役作りは何もしていないです。
 
――『スター』も幸せな結末ですがその中に寂しさを内包するものでした。今作では寂しさもなく純粋に幸せになったんだと感じられる結末でその光景を観れて嬉しかったです。みなさんからの“ありがとう”という気持ちが素直に伝わってきて、観ているコチラからも“ありがとう”という気持ちになりました。
 
紗羅:そう言ってもらえるのは嬉しいです、監督も喜びます。

なんて美しい詩なんだろう

サブLiLiCo_NF_0340re.jpg
――物語もズルいのですが、キャラクターや各シーンも前作の要素を上手く取り入れていてもズルいなと思いました。妖怪スナックやSM城などはこうやって取り入れたのかとビックリしました。
 
紗羅:そうですよね(笑)。監督はみんなをどう出すかを本当に悩んでいたみたいで、「紗羅、何になる。」と聞かれていました。最終的に謎の花嫁になって、私もこう来たかと思いました。
 
――最初の月海が出てくるところなどは映画『卒業』のオマージュなのかなとも思ったんですけど、違う着地をしていて騙されっぱなしです。「何になる。」ということを監督から聞かれたということですが、紗羅さんからストーリーアイデアを出されたりしたのでしょうか。
 
紗羅:作品は監督のものなので、それは一切ないです。私たちは冗談を言い合って楽しんでいるくらいでした。脚本はありますが楽人と草太の二人がその場で感じたこと、現場でのたわいもないやり取りをそのまま取り入れてつくられていった映画なので、そういう面では全員で作り上げていった映画という感覚もあります。
 
――それは狼組の関係性ができているからこそですね。
 
紗羅:そうですね。みんなでゆっくりした時間を現場で持てたので、その空気感が出ているのかなとも思います。
 
――これからどうなるのだろうという驚く展開ばかりでしたが、同時に幸せな空気感が満ちた作品なので安心してみることができました。それでも予想を裏切られる展開ばかりでしたけどね。
 
紗羅:流石、監督ですよね。火野(正平)さんのシーンなど素敵なセリフがいっぱいあって。
 
――あのお寺のシーンは僕も好きなシーンです。
 
紗羅:ですよね。奥田(瑛二)さんのシーンも素敵で、なんて美しい詩なんだろうと観ていて涙でボロボロになりました。こんなに監督は全力でふざけるのに、ズルいんだよなって改めて思いました。
 
――そうなんです、ズルいんです。
 
紗羅:ズルいですよね。一番いい時期の伊勢で撮影できたこともあって、それがスクリーン全面に出ていて素敵な作品だなと思いました。川や風・蝉の鳴き声・タバコを吸うシーンの音まで聞こえて、大きいスクリーンで観ると音とともに体全体が包まれて気持ち良かったです。音声さんや撮影さんをはじめ、スタッフさんたち凄いと思いました。
サブ②_NF_0201re.jpg
――本当に気持ちのいい映画でした。紗羅さんの主題歌もその気持ちのいい作品にさらなる彩りを加えられていて素晴らしかったです。
 
紗羅:ありがとうございます。あの主題歌の依頼はいきなりで、初号を観る2週間前くらいに監督いきなり連絡がきたんです。
 
――そんなに急だったんですか。
 
紗羅:私は期間があったとしてもギリギリまで取り掛かれないタイプなので、それを監督もわかっていたんじゃないかなとも思います(笑)。
 
――それも狼組とのいい関係性があるからこそで、監督が紗羅さんを信頼していて、作品についてもわかってもらえているという安心感からですよね。主題歌をつくられる際に意識されたことなどあったのですか。
 
紗羅:パラレルワールドといえ草太と楽人は同じ関係性なので、両作品を観直して二人の気持ちで書きました。生きていれば壁にぶち当たることはありますが、そこにバディと思える人がいて、互いに肩を貸しあえて乗り越える力をもらうことができる。そこを大事に思って書いています。
 
――本当に紗羅さんのエンディングを含めての一つの作品で、主題歌を聴き終えるまで観ていて気持ち良かったです。
 
紗羅:そう言ってもらえるのは嬉しいです。
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画「ニワトリ☆フェニックス」
★fix 『ニワトリ☆フェニックス』本ポスターre.jpg
4月15日(金)より全国劇場にて公開!
 
-Cast-
雨屋草太:井浦新
星野楽人:成田凌
月海:紗羅マリー
雷電キメラ:LiLiCo
八田清:津田寛治
爬部井学:阿部亮平
火野正平
奥田瑛二
ジョーブログ(YouTuber)
都若丸
佐藤太一郎
シャック
マグナム弾吉 ほか
 
-staff-
監督/脚本:かなた狼
エグゼクティブプロデューサー:
関口忠宏、堤天心、有馬一昭
藤原康太、西村貴久
統括プロデューサー:
オシアウコ、湊谷恭史
撮影監督:高岡ヒロオ
照明:岩丸晴一
録音:鈴木健太郎
美術:高草聡太
スタイリスト:加藤みゆき
ヘアメイク:立野正
編集:平野一樹
主題歌:紗羅マリー
伊勢志摩スーパーバイザー:中村隼人
助監督:福田良夫
制作担当:金城恒次
企画・制作:GUM株式会社
製作:「ニワトリ☆フェニックス」製作委員会
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻