Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューSHEENA & THE ROKKETS - 揺籃期のバンドと併走したロフトとの蜜月、今なおバンドをやり続ける原動力

揺籃期のバンドと併走したロフトとの蜜月、今なおバンドをやり続ける原動力

2021.11.09

バンドには奇跡を起こす力がある

──どんなセットリストでも臨機応変にプレイする奈良さんと川嶋さんの力量も凄いですよね。

鮎川:うん、もの凄い。何でもできるメンバーと今もこうしてずっと一緒にやれてるし、こんなに幸せなことはない。川嶋はほとんどのレコードでドラムを叩いてるし、奈良は途中10年ほどEXとか松田優作のバンドでも活躍してたけど、サンハウス時代からずっと一緒だから。今も川嶋と奈良とやれてるのはバンドの誇りだね。そして今はルーシーがシーナの歌をあんなに唄える驚きと喜びがある。シーナのお腹の中でずっとシーナの歌を聴いてたのは伊達じゃないし、「こんなにステキな歌をもっとたくさんの人に聴いてほしい」っちルーシーが心から言うんがとても嬉しい。たとえば「『HELP ME』やろう」とかね。あれはシーナのソロ・アルバム(『いつだってビューティフル』)に入ってる立花ハジメが作曲した歌で、サックスが入っとるし、細野さんプロデュースだからテクノサウンドやし、ルーシーはそういう曲をいきなり唄うてみたいと言い出して僕らは驚くけど、それが新鮮だったりもする。彼女はDARKSIDE MIRRORSちゅうバンドをずっとやってたから、バンドのこともよく分かってるしね。とにかくまたロフトでワンマンをやれるのは楽しみだし、夢のようだね。

──こちらこそです。日本で40年以上ノンストップで活動を続けるバンドもそうはいませんし、ロケッツにはまだまだ現役でいていただきたいものですね。

鮎川:ありがとう。バンドが仲良くずっと一緒にやるのは大変やけんね。音楽の好き嫌いも人間の好き嫌いもあるし、酒が入って人格が変わったりとかいろいろあるし(笑)。それも自分らの好きなことで稼がないかんし。それがギリギリやれてるっちゅうのは有難いことだね。

──今もこうしてバンドを続けている原動力は何なのでしょう?

鮎川:他に何やるの? ちう感じ。こんなに楽しいことは他にないし、そこにずっとしがみついとる感じだね。自分がもういいやと手を離せばいつでも簡単に吹き飛ばされてしまうし、そもそも誰に頼まれてやってるわけでもないし、誰かと契約したり約束してやってるわけでもない。ただ自分らがやりたいっち意志だけでここまで来て、次のライブがなければ自然消滅するだけ。でも自分がやるっち言えばまだやれるけんね、有難いことに。

──ロケッツがバンドをやり続けてくれることが僕らにとって勇気になるというか、われわれライブハウスも去年からのコロナ禍で思うようにライブがやれず、悔しい気持ちを何度もしてきました。そこで歩みを止めるのは簡単なことで、何かを続けることの大事さや尊さを身に染みて実感したんです。それはバンドマンでもライブハウスに携わる人間でも同じことだと思うのですが。

鮎川:長く続けてきたからこそ出せる音があるし、今もとにかく僕らが思う最高の音を出したいし、その音を聴いてもらいたい。それに尽きるし、それは僕が『サマービート66』に出たときからずっと変わらない。あの夏祭りに出たときのドキドキと、1人じゃ大したことはできなくても4人が集まってガーン!ちなったときにホントに凄いもんが生まれるあの感覚は絶対に忘れられない。バンドにはそういう奇跡を起こす力があるからね。それをロックの神様がステージの片隅から見ててくれる。そこで大事なんはどれだけ音で勝負できるかで、バンドはそりゃ格好もようないといかんし、頭の中も冴えとかないかんし、仲良しで売ったりお洒落で売ったりいろんな売り方もあろうけど、ロックバンドはいかに音でノックアウトさせるかが大事なんよ。僕らはゾンビーズを聴いてあの独特の音やムードにやられたし、ロキシー・ミュージックもそうやったし、いろんなロックを聴いて素晴らしい音と出会ってきた。デヴィッド・ボウイもいい男やけ惹かれたけど、やっぱりあのボウイのサウンドが素晴らしいからなお格好良く見えたわけで。ストーンズがいまだに魅力的なのは決断力の音をしとるから。ちゃんと弾けるのか? っちハラハラするくらい心配しても、ライブが始まるともうさらわれてしまうもんね。そういう音を僕らもまだこれから出していきたいし、バンドは奇跡を起こす力があるのを今も信じてる。奇跡なんて言うと柏木が付けた“ミラクルメン”ちゅうバンド名を肯定するみたいであれやけどね(笑)。

このアーティストの関連記事

LIVE FOR TODAY!
─SHEENA LAST RECORDING & UNISSUED TRACKS─

ビクターエンタテインメント VICL-65305
定価:3,000円+税
2020年2月14日発売
◉バンドの音楽活動の中で初となるカバーアルバム。2014年発表の『ROKKET RIDE』レコーディング時に録音され未収録となっていたシーナのラスト・レコーディングでのカバー楽曲7曲を中心に、シナロケが各年代で影響を受けた楽曲のカバー音源を、レコーディング時のアウトテイクやセッション、デモ音源、すでに廃盤となっているレア楽曲の中から鮎川誠が選曲した選りすぐりの楽曲が収録されている。

amazonで購入

iTunesStoreで購入

【収録曲】
01. Loudmouth
02. Baby I'm Yours
03. I Put A Spell On You
04. 雨
05. 今日を生きよう
06. You Ain't Nothin' But Fine
07. レモンティー
08. SUGAREE
09. What Becomes Of The Broken Hearted
10. Peter Gunn
11. KISS KISS KISS
12. 朝一番列車のブルース
13. ボントンルーレ
14. You Really Got Me
15. JOHNNY B. GOODE
16. Heart Of Stone
17. WILD THING
18. MY BONNIE

LIVE INFOライブ情報

S&R1123omote.jpg

新宿LOFT45周年×シナロケ44周年記念公演『シーナ&ロケッツ 44回目のバースディLIVE』
出演:シーナ&ロケッツ【鮎川誠(Vo, G)、LUCY(Vo, Tanb)、奈良敏博(B)、川嶋一秀(Dr)】
2021年11月23日(火・祝)新宿LOFT
開場17:00 / 開演18:00
前売5,000円 / 当日5,500円(共にドリンク代別)
シーナ&ロケッツOfficial Ticket Center、プレイガイド(イープラス、ローソン、LivePocket)、LOFT店頭にてチケット発売中
問い合わせ:新宿LOFT 03-5272-0382

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻