Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー内藤瑛亮監督×森川葵×小関裕太 〜映画『ドロメ』公開記念座談会〜(web Rooftop2016年4月)

“ドロメ”がつなぐ青春ダブルアングル・ホラー!
【男子篇】から観るか!? 【女子篇】から観るか!?

2016.03.31

 3月26日、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて映画『ドロメ』のワールドプレミア上映が行なわれました。
 上映前に主演の森川葵さん、小関裕太さん、内藤瑛亮監督に集まっていただき、お話を伺いました。本音が飛び出す会話から、合宿状態の撮影時の様子が浮かぶ楽しいインタビューとなりました。

《注目ポイント1》あるあるが楽しい【女子篇】【男子篇】の会話

──【女子篇】と【男子篇】、それぞれを観ての感想は?

森川:【男子篇】を観て、現場で自分が見てないものだったので、(見ちゃっていいのかなっていう気もして)すごい楽しそうにしてるなぁって感じでした。

小関:僕はさっき葵ちゃんと話してたんですけど、女子の中にいつの間にか居たってことが多くて。話しやすいんですよ。だから女子同士の会話がすごいリアルだなぁって思いました。

──内藤監督は2人で脚本を仕上げられてますけど、特に気を配ったところはありますか?

内藤:書いてて楽しかったですね。ホラー場面よりどうでもいい会話の場面が。今まで、いかにして流産させるか、いかにして殺し合うかって話ばかりだったので、平和に会話をしている人を書くことがなかったんで。共同脚本家とキャッチボールするようにホン作りを進めていったんですけど、お互いバカバカしい会話場面ばかり書いて、ホラー場面は先送りって感じでした。共同脚本家の松久さんは映画美学校の同期なんですけど、今でも同期とは年に1回旅行へ行ったり忘年会をしたりしていて、そのノリが反映されていますね。

──【女子篇】【男子篇】に分かれているので、普段は見れない男子の会話が観れた感じで面白かったですね。

内藤:現場で森川さんが「【男子篇】のほうが楽しそうだからあっちに出たい」って。

森川:だってわちゃわちゃしてるんですもん(笑)。私はメンヘラの役が多いから。

──役としては孤立してる感じですもんね。

森川:いや、実際も輪に入れないんで、演技でするとなっても厳しいかもしれないですね(笑)。

──男の子の輪に入るのは抵抗がありますか?

森川:いや、男の子の輪というより人間の輪に入るのが(笑)。大人数とか苦手ですね。基本、一対一じゃないとうまく話せないです。

──撮影に入るとたくさんの皆さんと長く一緒に過ごすことになると思うんですけど、そうなると慣れてくる感じですか?

森川:慣れてきますけど、やっぱり人との距離はどうしても感じちゃうんで、どうしても。

内藤:現場で準備してる時に、みんなが集まっているところから森川さんはふらーっと離れて、一人の時間を作ってましたね。休憩! みたいな(笑)。で、しばらくするとまた戻って来たりしてて。

森川:心の休憩が必要で(笑)。やっぱりワーってする時間があれば、普段からそういう感じじゃないんで。力を使うんです。

内藤:岡山天音さんが窪塚洋介さんとか俳優のモノマネをしていると、みんなが集まってきてワイワイしてて。森川さんが一人でいると、誰も近づかないんだけど、小関さんだと意外とすうっと近くに行って喋ってる感じはありました。

小関:よく見てらっしゃいますね。

森川:多分、前の作品で一緒にやってたから、すうっと入ってこれるんじゃかな。

内藤:大和田健介が話しかけたら、なんかすごい苦笑いされたんです、って(笑)。

森川:そんな顔したかなー(笑)。

内藤:とぼとぼ戻ってきて(笑)。連絡先聞いたら、「ヤですー、うふふふ」って返されて。軽く落ち込んでたよ(笑)。

森川:心の闇が爆発してた時期で(笑)。ちょうど役に被ってて良かったかもしれないですけど。

──森川さんとお話ししてたら、全然そんな感じしないですけどね。

森川:仕事なんで大丈夫です(笑)。

──ありがとうございます!(笑)

小関:わはは! 怖ーい!(笑) でも普段こんな感じですよ。

内藤:定期的に吐かないと。

──ドロメのようにドロッと(笑)。

森川:デトックスしてかないと(笑)。

──『ドロメ』ならではの演出はありましたか?

内藤:演技のほころび的なものはできるだけ入れていこうって方針でした。テイクを重ねてOKテイクがあっても、別のテイクで面白い間違いがあったら音だけ入れたりとか、そこだけ挟んで入れたりしてますかね。正確さを求めるより、本人たちからポッと出てきたものの良さを大切にしました。失敗してるんだけども可愛らしく感じるような。映画全体としてチャーミングな印象にしたかったので。現場ではリラックスして自由にやってもらって、偶発的に出たアイディアをできるだけ取り込んでいきました。

──現場で演出を受けられていかがでしたか?

森川:自由でしたね。ほんとに感じたことを、たとえばしゃびしゃびのスープカレー、こんにゃくとか入ってたんですよ。それって誰かが「カレーってこんにゃくを入れるっけ?」って言ったのを、本番で言ってみたり。その場その場で感じたことをそのままやってみようみたいな自由な感じでしたね。

──現場で印象に残ってることはありますか?

森川:すっごい寒かったのに外でアイスを食べされられた。誰の趣味? って思ってました(笑)。

内藤:俺の趣味。俺の考える女子のイメージ(笑)。

森川:確かに寒い時に「寒い寒い」言いながら食べる!(笑)

内藤:だべってる時に手持ち無沙汰にならないように、芝居で活かせそうなワンアイテムを取り入れました。寒いけどアイスを食べてるとか、ほうきを手の上に乗せて落とさないように喋っているとか。遊びを入れて本人たちもそれで楽しめるようにやってもらう。自由だけど一個縛りを設けるみたいな。

森川:そうですね。活きてる感じがしました。
 

女子.jpg

男子.jpg

 

このアーティストの関連記事

映画『ドロメ【男子篇】』『ドロメ【女子篇】』

監督:内藤瑛亮『先生を流産させる会』『パズル』
脚本:内藤瑛亮、松久育紀『先生を流産させる会』
主演:小関裕太、森川葵
出演:中山龍也、三浦透子、大和田健介、遊馬萌弥、岡山天音、比嘉梨乃、菊池明明、長宗我部陽子、木下美咲、東根作寿英 他
製作:「ドロメ」製作委員会(日本出版販売、TCエンタテインメント、TBSサービス、是空、レスパスビジョン)
2016年|カラー|5.1ch|ビスタ
【男子篇】92分|【女子篇】98分
配給:日本出版販売
宣伝:太秦
© 2016「ドロメ」製作委員会

2016年3月26日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次、2作品同時“シンクロ”ロードショー!
3月26日(土)より福岡中洲大洋、4月2日(土)より大阪・シネマート心斎橋、名古屋シネマスコーレ、以下、上映決定!
横浜シネマ・ジャック&ベティ、広島・横川シネマ、京都みなみ会館、桜井薬局セントラルホール
以降、全国順次公開予定!

LIVE INFOライブ情報

内藤瑛亮監督の短編上映決定!
内藤監督の原点とも言うべき、インディーズ時代の短編をシネマート新宿にて以下日程で上映します。内藤ワールド全開の作品群をお見逃しなく!

■4月4日(月)21:15 『ドロメ【女子篇】』上映後
※上映作品:『教育刑事』/『消えて下さい』

■4月8日(金)21:00 『ドロメ【女子篇】』上映後
※上映作品:『牛乳王子』

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻