Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューBEYONDS(2012年3月号)

新たな布陣で生成された“過渡期の傑作”の無垢なる輝き

2012.03.01

「健ちゃん、今回は誘ってくれてありがとう」

──大地さんはレコーディング自体久々だったんですよね?

大地:久々でしたね。まず、自分の持ってるスネアとかを全然手入れしてなかったので、まるで使い物にならなかったんですよ。

谷口:大地は今回のレコーディングで自分の機材は一切使っていませんから。はい、どなたの力をお借りしたんですか?(笑)

大地:(有松)益男君っていうBACK DROP BOMBの元ドラマーが今はドラムのテクニシャンをやっていて、テッキン経由でドラムセットを貸してくれたんですよ。しかも、スネアを10個くらい持ってきてくれて。

中川:曲のキーをキーボードで採って、そのキーに合った音にスネアをチューニングしてくれたんですよ。そういうのは僕も初めて見たので凄いな思って。

谷口:どんだけ至れり尽くせりなんだよ!? って話ですよね(笑)。益男君がスタジオへ来てくれた日は「AIR JAM」があって、彼はそれに招待されていたんですよ。そっちへ行かずに、全身全霊で大地のドラムをチューニングして下さったんです。

──本作における影の殊勲賞と言っても差し支えないじゃないですか。

大地:何せ手持ちの機材はスネアとペダルしかなかったので(笑)。スティックも、レコーディング当日に久し振りに新品を買ったくらいなんです(笑)。

谷口:だから、大地はほとんど手ぶらだったわけですよ(笑)。ライヴですらその調子ですからね。

中川:どこかのライヴハウスでもフルセットを借りてましたもんね。

大地:そうなんです。まぁ、もともとそんな感じだったんですけど(笑)。

谷口:もともとね(笑)。スティックはほとんどロフトで拾ったヤツだったし。

──大地さんがレコーディングに参加したのは、もしかしてfOULの『アシスタント』以来9年振りとかですか?

大地:『極東最前線2』(2008年7月発表)に入ってる「Decade」を録って以来ですけど、本格的にスタジオでレコーディングしたのは『アシスタント』以来ですね。まぁ、練習で何とか感じは掴めてたからレコーディングは何とかなるだろうと思ってたんですよね。ドラム・テクで益男君も来てくれるし、自分はプレイに専念するだけだったので。

谷口:シェイカーとか、チキチキチキチキ…っていう効果的なパーカッションは益男君がやっているんですよ。

大地:トライアングルとかね。

谷口:「君はパーカッショニストなのに、何で自分でやらないの?」って大地に訊いたら、「いや、お願いするよ」って(笑)。

大地:いや、俺がやるのは全然構わないよ? でも、益男君がやりたそうだったんだよ。彼はきっとそういうのが好きなんだよね。だから、彼が持ってきたトライアングルを俺がやるのも申し訳ないなと思って、「それはやってもらいましょう」ってことになったんですよ。

──一見とても大人な意見のように思えますけど、職務放棄と捉えられる気もしますが(笑)。

谷口:そう! まさにその通り(笑)。

大地:まぁ、ちょっと自信もなかったしね(笑)。

──それを言っちゃおしまいですよ(笑)。でも、たとえば「a white menace」で大地さんのドラムがテッキンさんの唸るようなベースと共鳴し合う様はゾクゾクするし、まるで長年培ってきたかのようなリズム隊の絡み具合ですよね。

大地:テッキンもあまり考えないじゃないですか?(笑) 僕も同じタイプだから合うんじゃないですかね。しかも、同じ出身地(大分県)だし。

谷口:その考えていない同士による融合がプラスに働けばいいんですけど、その逆になるのを僕は危惧しているんですけどね(笑)。

大地:そうはならないよ。大丈夫!

──その辺は中川さんが上手いこと補填してくれそうですしね(笑)。

谷口:そう、後で緻密にディレクションしてくれるわけですよ。

大地:(中川に)ゴメンね、本当に!

中川:いえいえいえ、とんでもないです(笑)。

谷口:確か2回目のリハが終わった後だったか、どしゃぶりの雨の中、僕が車で大地を家まで送ったことがあったんですよ。その別れ際に、大地から「健ちゃん、今回は誘ってくれてありがとう」って言われて、けっこうグッときちゃったんですよね。

このアーティストの関連記事

ヘイセイムク

POPGROUP RECORDINGS POP131
定価:2,500円(税込)
2012年3月21日発売

amazonで購入

1. ジャグジー[Jacuzzi]
2. volcanoes
3. Oak
4. a white menace
5. a day leaf of..
6. Kattoo
7. ヘイセイムク
8. ベニコンゴウ
9. 懺悔、開眼、明日
10. 航路
11. at the chime

RECENT NEWS最新ニュース

休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻