Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムレズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」第33回「絶頂したら負け!? 魅惑のバトルコース」

3回「絶頂したら負け!? 魅惑のバトルコース」

第33回「絶頂したら負け!? 魅惑のバトルコース」

2022.03.10

33.JPG

「ゆうさん、レズバトル鑑賞コースをはじめるで!」──レズっ娘グループ代表の御坊さんから、はじめてそう言われたとき、私の頭は混乱しました。
 
(えっ、プロレス? それともお笑い!? バトルって何〜?)
 
こんな反応をするのは、私だけではないと思います。レズ風俗と“バトル”という言葉は、普通に考えると結びつきにくいですよね。何を、どう、争うんだろうと不思議に思うはずです。
 
ひと言で表すと「レズプレイの勝敗を決める勝負プレイ」なのですが、これでもまだ意味がわかりませんよね(笑)。
 
レズバトル鑑賞コースは、レズ鑑賞クラブティアラ大阪店、東京店でのみご利用できるサービスです。
 
*     *     *
 
キャスト同士が相手をイカせようと激しいプレイを展開するのを、お客様に鑑賞していただきます。タチもネコも関係なく、お互いが積極的に攻め合い、イカせ合うんです。バトルというだけあって勝敗があり、それを決めるのはお客様です……と説明すると、想像がつくでしょうか。
 
私にとってこのコースは、ある意味“拷問”です。
 
なぜなら、絶頂したら負けだからです。
イキたいけど、我慢する。
そんな時間が、長くつづきます。
 
新人もベテランも関係なく、お互いをイカせようとします。凄腕キャストとのお手合わせでは、悶えっぱなしになるのです。
 
負けたくない、というよりは、あっさりイッてしまうようでは、鑑賞されているお客様がぜんぜん面白くないじゃないか! という、こだわりが私にはあります。
 
この道14年のベテランが、いとも簡単に絶頂に達するというのもアリかもしれません。でもそこに至るまでに、大胆で見応えのあるプレイ、女性同士が絡む美しい姿をたっぷり愉しんでいただきたいと思っています。
 
「レズ鑑賞コース」でも、キャストのプレイを目の当たりにできますが、こちらはイチャイチャプレイやまったりとしたプレイも多いです。バトルをご希望されるお客様は、熱量の高いハードなプレイを切望されていると感じます。
 
元をたどれば、レズバトル鑑賞コースはひとりのお客様の発案によってはじまりました。
 
お客様といっても、その男性は当時のキャストにプレイの魅せ方を指導してくれていたので、私たちは「監督」と呼んでいました。
 
彼自身が理想とするレズバトルのシナリオを私たちに伝えつつ、細かいニュアンスから表現力、表情に至るまでを指導してくれました。
 
​勉強会はホテルの部屋やベッドの上ばかりで繰り広げられたわけではありません。演劇の舞台やストリップ劇場に連れていってもらったこともあります。横浜のレアなイベントにも行きましたね。
 
当時のキャストはほとんど卒業してしまいましたが、監督が教えてくれた極意のようなものを、なんらかの形で現役のキャストたちに伝えることが、私の役割のひとつだと思っています。
 
最近は女性のお客様も増えてきましたが、当初は男性のお客様ばかりでした。どちらかというと年配の方が多いです。
 
絵描き、アニメーター、映像関係のお仕事、小説家……などいろんな職業の方がいらっしゃいました。新聞広告で見て知った方もいらっしゃれば、いろんな風俗で遊ばれて「何か面白いものはないか」と探していて見つけた、という方もいます。接待として、このコースをおごってもらった、というお話を聞いたこともあります。
 
どんな経緯で来られたにしても、私たちがお見せするのは本物のプレイです。
 
バトルコースがはじまった当初は、とても不安でした。どう見せればいいんだろう? むずかしいなぁ、と悩んだものです。勝敗を決められるってことにも、なんとなく抵抗もありました。
 
でも、いまでは気にならなくなりました。
 
深く考えても、しょうがないところがあるんです。なぜなら、相手のキャストさんによってまったく違うし、思いもかけないことが起きることも多いからです。
 
自分の感覚を研ぎ澄まし、目の前のキャストさんに全力で気持ちよくなってもらえればいいのだとわかりました。そうしたら、彼女はどんな返事をくれるだろう? ただそれを、待てばいいんだ、と。
 
その会話が密なものになれば、バトルはどこまでも濃厚で、リアルなものになります。
 
90分のレズバトルコース、一秒も嘘のない空間がそこにはあります。
 
……つづきは、また次の夜にここで逢ってお話しましょう。
 
 
【ゆう プロフィール】
永田カビ著『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)のモデルになった現役キャストで、2008年から在籍するベテラン中のベテラン。レズっ娘グループ全店の新人講習スタッフを兼任する。https://tiara.ms/cast/cast.php?no=00025
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • PANTA(頭脳警察)乱破者控『青春無頼帖』
  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻