Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム「LOFTと私」五辺宏明第35回「1995年8月17日&23日:SPITBOYの来日公演と、COCOBAT & GMFが出演したエジソン企画」

5回「1995年8月17日&23日:SPITBOYの来日公演と、COCOBAT & GMFが出演したエジソン企画」

第35回「1995年8月17日&23日:SPITBOYの来日公演と、COCOBAT & GMFが出演したエジソン企画」

2023.05.03

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
 
1995年8月はロフトに5回、シェルターに1回。
 
◉8月10日:ジェイソンズ / DOG IN BLANKET / The GAIA / CHERRY BLOSSOM(ロフト)
◉8月11日:HAWKINS / 薮蛇古屋 / PAPAYA PARANOIA(ロフト)
◉8月17日:SPITBOY / WRENCH / SUPER DUMB / ONE TRAP / SAWPIT(シェルター)
◉8月23日:eastern youth / 雷矢 / GMF / HALF LIFE / COCOBAT(ロフト)
◉8月25日:WRESTLING CRIME MASTER / BRICKBUTT / 8 SNEAKERS / DIRTY IS GOD!(ロフト)
◉8月26日:BLIND JUSTICE / TOAST / COCOBAT / SLIGHT SLAPPERS(ロフト)
 
ジェイソンズとThe GAIAが出演した8月10日の『KICK UP ASS』については前回(第34回)綴っているので、そちらをご覧ください。
 
『KICK UP ASS』の翌日は、薮蛇古屋とPAPAYA PARANOIAが出演したHAWKINSの企画イベント。HAWKINSのメンバーと交流があった友人に誘われて観に行ったことは覚えていますが、それ以外の記憶がありません。
 
*     *     *
 
8月17日はシェルターで、SPITBOYの来日公演。
 
SPITBOYはサンフランシスコのガールズ・ハードコアバンドで、1995年8月にNUKEY PIKESとのツアーを開催。東京はシェルターで2回(17日と18日)行なわれていますが、17日のみNUKEY PIKESが出演していません。
 
私が観に行ったのは、NUKEY PIKESが出なかった東京初日。WRENCH、SUPER DUMB、ONE TRAP、SAWPITが出演した日ですね。
 
SPITBOYが当時発表した『RASANA』を掲載。3曲入りの7インチです。
 

Rooftop-35-1.jpg

SPITBOYの全音源を収録した2枚組LP『BODY OF WORK(1990-1995)』が2021年にリリースされています。多くのレコードショップで完売していますが、Bandcampではまだ購入できるようですね。
 
*     *     *
 
8月23日のロフトは『BURN THE FLAME』というLIKE A EDISONの企画イベントで、COCOBAT、GMF、HALF LIFE、雷矢、eastern youthが出演。
 
現在はヴィジュアル系専門店として知られるエジソン(Like an Edison)が、まだハードコアのレコードやCDも取り扱っていた時代ですね。前身のUK EDISONは、ニュー・ウェイヴやハードコア、国内インディーズのマニアックな作品を購入できるレコード店でした。
 
このイベントが行なわれる直前に、GMFがABNORMALSとのスプリット12インチを発売。当時、ハードコアやミクスチャーロックに力を入れていたCISCO INTERNATIONALからリリースされたものです。
 
GMFのENDOH(vo)、ABNORMALSのCOMIくん(vo)のサイン入り12インチを掲載。
 

Rooftop-35-2.jpg

Rooftop-35-3.jpg

『BURN THE FLAME』の2日前(8月21日)にシェルターで、スプリット12インチの発売記念ライブが行なわれていますが、同じ日に渋谷On Air Eastで開催されたメアリー・J. ブライジの来日公演を観に行ってしまいました。「ヒップホップ・ソウル」と呼ばれていた当時のR&Bも大好きだったので。
 

Rooftop-35-4.jpg

『BURN THE FLAME』のトップに登場したのは、6月1日に『POSI-TRACTION』を発表したCOCOBAT。GMFのENDOHもゲストヴォーカリストとして参加している3rdアルバムです。
 
しかし、本作のレコーディングメンバーであるMUROCHIN(ds)とTOMODAくん(g)は、すでにバンドを離れていました。
 

Rooftop-35-5.jpg

この日はHIDEKI(vo)、NORI(g)、KAME(ds)、TAKE-SHIT(b)という新メンバーによるライブ。
 
メンバーチェンジ後、初のライブとなった7月1日の『MOSH BOYZ』は観に行けなかったので、現ヴォーカリストのHIDEKIくんが加入したCOCOBATを初めて観た日ということになります。
 
*     *     *
 
昨年(2022年)、COCOBAT が13年ぶりの単独CD作品『Devil's Rondo』を発表。
 
アンダーグラウンド・シーンをサポートするHELLO FROM THE GUTTERからリリースされた作品で、CD+スクラップブックの限定セットも発売されました。
 

Rooftop-35-6.jpg

CDのアートワークや過去のフライヤーなどで構成されたスクラップブックは、なんと144ページ。『BURN THE FLAME』のフライヤーも掲載されています。
 

Rooftop-35-7.jpg

レーベル通販限定なので、お急ぎを!
 
 
【五辺宏明(ごべひろあき)プロフィール】
レコード&昭和プロレス愛好家。ロフトグループの加藤梅造社長との出会いは、ライブハウスのモッシュピット。
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • 特派員日誌
  • PANTA(頭脳警察)乱破者控『青春無頼帖』
  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻