Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム「LOFTと私」五辺宏明第25回「1995年1月:LAGWAGONとNO USE FOR A NAMEがドタキャン」

5回「1995年1月:LAGWAGONとNO USE FOR A NAMEがドタキャン」

第25回「1995年1月:LAGWAGONとNO USE FOR A NAMEがドタキャン」

2022.05.06

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
 
今回から1995年に突入!
 
・・・その前に、1994年の記録をふり返ってみようと思います。
 
1994年にロフトでライブを観たのは32回、シェルターは5回。新宿アンチノックや三軒茶屋ヘブンスドア、高円寺20000Vなんかにもよく行きました。
 
ついでに、プロレスを観に行った回数も確認してみたところ、JWP女子プロレスが8回、パンクラスが2回、UWFインターナショナルが1回、新日本プロレスが1回。思っていたよりも少ないです。
 
この頃って、プロレス熱が冷めてきた時期なんですよね。闘魂三銃士(新日)や四天王プロレス(全日)に惹かれるものがなかったので。プロレス観戦よりも、ライブハウスに行く方が刺激的でした。
 
 
*     *     *
 
 
ということで、ライブを観に行くことが生き甲斐だった1995年の1月は、ロフトに4回、シェルターに1回。
 
1月7日は、ロフトでGARLIC BOYSとHi-STANDARDのツアー初日。この日が1995年の初ロフトです。
 
19日は、ロフトでDEF. MASTERが出演したDISCORDANCE AXISの来日公演。
 
22日は、ロフトでCOKE HEAD HIPSTERS & GWASHIとWRESTLING CRIME MASTER & DRUM SONGのスプリット12インチ発売記念ライブでした。
 
 
*     *     *
 
 
そして26日(ロフト)と30日(シェルター)は、LAGWAGONとNO USE FOR A NAMEのジャパンツアー。26日はHALF LIFEとBLIND JUSTICE、30日はGARLIC BOYSがオープニングアクトを務める予定でした。
 
しかし、両バンドとも来日中止。いわゆるドタキャンで、スタッフが払い戻し等の対応に右往左往していた記憶があります。
 
とはいえ、27年も前のことなので自分の記憶に自信が持てず。「2バンドとも来日しなかったって、あり得る?」「もしかして、片方は来てたんじゃない?」と不安に駆られたので、当時の関係者やSNSのフォロワーさまに助けを求めた結果、両バンドとも来日していなかったことが判明。ご協力くださいました皆さまに心より感謝申し上げます。
 
まぁ、覚えていなくても当然なんですけどね。26日も30日もオープニングアクトを観に行っただけなので。もし、好きなバンドがドタキャンしたら忘れませんよ。がっかりしただろうから。
 
なお、当時のメモを確認したところ、両日ともロフトのアーカイブに記載されていないバンドが出演していました。26日はBAREBONES、30日はハイスタが出ています。LAGWAGONとNO USE FOR A NAMEが来なかったから、急遽出演することになったのかもしれませんね。
 
 
*     *     *
 
 
と、幻に終わったLAGWAGON & NO USE FOR A NAMEのジャパンツアーについて書いてきたので、当時のレコードジャケットなんかを載せられたらよいのですが、残念ながら両バンドの作品を所有しておりません(一度も買ったことがないので)。
 
ということで、BLIND JUSTICEのメンバーから当時もらったステッカーを掲載。
 
Rooftop-25-1.jpg
 
ご存じの方も多いと思いますがBLIND JUSTICEは、envyの前身バンドです。
 
ハイスタのレコードも載せておきますね。
 
Rooftop-25-2.jpg
 
1994年にリリースされた『In The Brightly Moonlight』。4曲入りの7インチです。
 
ジャケットに書き込まれている丸に囲まれた平仮名の「つ」は、恒岡章氏(ds)のサイン。落書きではありませんので。
 
Rooftop-25-3.jpg
 
*     *     *
 
 
最後に、1995年1月に一度だけ観に行ったプロレス興行についても触れておきます。
 
観戦したのは、1月16日。UWFインターナショナルの日本武道館大会で、メインはスーパー・ベイダー(ビッグバン・ベイダー) vs ゲーリー・オブライトのプロレスリング世界ヘビー級選手権試合でした。
 
当日購入したTシャツです。
 
Rooftop-25-4.jpg
 
最強外国人レスラー対決の余韻に浸りながら痛飲した翌朝、揺れを感じて目覚めました。
 
1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災でお亡くなりになられた方々に、深く哀悼の意を表します。そして被害にあわれた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
 
 
五辺宏明(ごべひろあき)プロフィール
レコード&昭和プロレス愛好家。ロフトグループの加藤梅造社長との出会いは、ライブハウスのモッシュピット。
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • PANTA(頭脳警察)乱破者控『青春無頼帖』
  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻