Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースアイヌ民族の知られざる祭祀を描く映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』(北村皆雄監督作品)、本編特別映像解禁!

アイヌ民族の知られざる祭祀を描く映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』(北村皆雄監督作品)、本編特別映像解禁!

2022.04.26

IOMANTE_sub2.jpg

4月30日(土)からポレポレ東中野にて公開される、アイヌ民族の知られざる祭祀を描いたドキュメンタリー映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』の本編特別映像が公開された(URLはこちら)。
※タイトル「チロンヌプ」の「プ」は小文字が正式表記。
 

IOMANTE_sub4.jpgIOMANTE_sub5.jpgIOMANTE_sub6.jpg

映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』は、1986年に行なわれた同名の祭祀の全記録。チロンヌプカムイ(キタキツネ)の霊魂を神の国に送り返し、毛皮と肉を背負ってまた人間の国にやってきてほしいと願うアイヌ民族の重要な祭祀を映し出している。大正時代から75年ぶりに行われた祭りの貴重な記録映像を2Kレストアし、歌、踊り、言葉をよみがえらせた。
まもなく最終回を迎える人気漫画『ゴールデンカムイ』のアイヌ語監修者である中川裕が、アイヌの長老の入魂の祈りを全て書き起こし、現代日本語訳をつけた。
 

IOMANTE_sub7.jpgIOMANTE_sub8.jpgIOMANTE_sub9.jpg

今回特別公開されたのは、司祭の日川善次郎エカシによる「火の神への祈り」のシーン。チロンヌプカムイの霊魂を確実に神の国に送り届けるため、火の神の助けを借りようと、囲炉裏の火に向かってカムイノミ(神への祈り)を行なう。火の神は人間の生活の側にいる一番身近なカムイだ。日川エカシは繰り返し繰り返し、言葉を唱えて願いを伝えようとする。言葉を間違えたり、手落ちがあれば、チロンヌプカムイが神の国に帰ることができずに大変なことになる。居合わせる者の真剣な表情が神事の重さをものがたる。

IOMANTE_sub11.jpg映像には、民族衣装に正装したアイヌたちがイクパスイ(献酒箸)で酒をすくって、火の神への供物・依り代であるイナウに捧げるようすなど伝統的なアイヌ文化が映し出される。日川エカシの祈りの言葉はアイヌ語だが、中川がそのすべてを翻訳したことで、チロンヌプカムイの旅立ちを見守るアイヌの長老の思いが初めて明らかになった。ぜひスクリーンでその思いを感じていただきたい。
 

商品情報

映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』

1986年撮影/2021年制作/105分/カラー/16:9/DCP・Blu-ray
【監督】北村皆雄
【監修・カムイノミ対語訳】中川裕(『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)
【語り】豊川容子
【音楽】豊川容子+nin cup
【司祭者】日川善次郎エカシ
【企画・スチル】堤 大司郎
【制作】三浦庸子
【製作・配給】ヴィジュアルフォークロア
©VisualFolklore
2022年4月30日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻