Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースアイヌ民族の知られざる祭祀を描く映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』(北村皆雄監督作品)公開決定&ポスタービジュアル解禁!

アイヌ民族の知られざる祭祀を描く映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』(北村皆雄監督作品)公開決定&ポスタービジュアル解禁!

2022.03.04

チロンヌプカムイ_poster.jpg

アイヌ民族の知られざる祭祀を描いたドキュメンタリー映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』が4月30日(土)からポレポレ東中野にて公開することが決定、ポスターヴィジュアルが完成した。
※タイトル「チロンヌプ」の「プ」は小文字が正式表記。
 

IOMANTE_main.JPGIOMANTE_sub1JPG.JPGIOMANTE_sub2.jpgIOMANTE_sub4.jpg

1986年、北海道・屈斜路湖を望む美幌峠で、大正時代から75年ぶりに「チロンヌプカムイ イオマンテ」(キタキツネの霊送り)が行なわれた。アイヌの人たちもほとんどが知らない幻の祭祀だ。
狩猟民であるアイヌの伝統的な考えでは、動物は自らの肉や毛皮をみやげにして人間の国へやってくる。
アイヌは、キタキツネをわが子のように可愛がって育てると、やがてイオマンテを行なう。祈りを捧げ、歌や踊りで喜ばせ、みやげを背負わせて神の国へ送るのだ。
祭祀を司るのは、明治44生まれの日川善次郎エカシ(当時75歳)。祈りの言葉を間違えれば神の怒りをかう。一言一句に魂をこめる。
 

IOMANTE_sub5.jpgIOMANTE_sub6.jpgIOMANTE_sub7.jpgIOMANTE_sub8.jpg

映画は、1986年に撮影したものに2Kレストアを行ない、歌、踊り、言葉を35年後によみがえらせた。
北村皆雄監督は「民俗の記録は古いほど原型が残っている。時間の奥に眠っていたアイヌの世界観を現在に引き出した」と語る。
人気漫画『ゴールデンカムイ』のアイヌ語監修者である中川裕(千葉大学名誉教授)が、日川エカシ入魂の祈りを全てアイヌ語で書き起こし、現代日本語訳をつけた。
音楽はアイヌのユカラ(叙事詩)やウポポ(歌)を取り入れて活動する豊川容子+nin cup(ニンチュプ)。ボーカルの豊川が本作の語りを務めた。
神の国と人間の国をつなぐような豊川の歌声が、心の隅ずみまで響きわたる一作だ。
 

IOMANTE_sub3.JPGIOMANTE_sub9.jpgIOMANTE_sub10.JPGIOMANTE_sub11.jpg

『チロンヌプカムイ イオマンテ』応援コメント

私が子供の頃、狐を見たことがなかった。
戦後暫くしてから、獲り尽くされていた狐や鹿が姿を現したこの世界は、なんと神秘的に映ったことか。
私たちはすべての生き物と共に生きている。伝統に則り祭祀を執り行うアイヌを誇りに思う。
日川エカシの言葉は、生き物すべてに畏敬の念を持っていたことの表れ。
この映像はアイヌの生活 ・風習・儀式に関する永久に残すべき遺産。
──宇梶静江(アイヌ伝統かたりべ・古布絵作家・詩人)
 
動物を我が子のように育て、それを屠って魂をカムイの世界にいる両親の元に送り返す。
そのことの意味を十分に理解していた人たちが大勢いた時代の記録。
35年前に行われたアイヌの「狐送り」の映像が今公開される。
アイヌの精神文化・世界観を学ぶまたとない教科書であり、アイヌ文化を未来につなぐための貴重な遺産である。
──中川裕(『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)
 
私たちは生きているだけで、想像しきれないほどたくさんの動物の死骸の上に立っている。
自然との共生が謳われる今、自らの命を肯定しながら、自らの残酷さとどう折り合いをつけたらいいのだろう。
アイヌの人々の築いた信仰が、その一つの答えとして、生々しく身体的に、35年の時を経て現代の私たちに、同じ問いを投げかけてくる。
──コムアイ(アーティスト)

商品情報

映画『チロンヌプカムイ イオマンテ』

1986年撮影/2021年制作/105分/カラー/16:9/DCP・Blu-ray
【監督】北村皆雄
【監修・カムイノミ対語訳】中川裕(『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)
【語り】豊川容子
【音楽】豊川容子+nin cup
【司祭者】日川善次郎エカシ
【企画・スチル】堤 大司郎
【制作】三浦庸子
【製作・配給】ヴィジュアルフォークロア
©VisualFolklore
2022年4月30日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻