Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー阪元裕吾(監督)×伊能昌幸(俳優)- 映画『グリーンバレット』自由度がないのはあまり好きじゃない

映画『グリーンバレット』自由度がないのはあまり好きじゃない

2022.08.20

誰かしらが受け止めてあげていた

――本作は順撮りで進められたということですが。
 
阪元:面接のシーンは別ですけど、基本はそうです。
 
――そこがみなさんの感情表現のリアルさに繋がっているんだなと感じました。ただ、順撮りで進めるのはスケジュール管理が大変ではなかったですか。
 
阪元:キャストによって居れない日もあったので調整はしましたが、基本的にみんな現場にずっと居ることができたので大丈夫でした。みんなも頑張ってくれましたね。
 
伊能:映画撮影は大変なので嫌いになる人が居ても可笑しくないんですが、そういう不安が二日目にはなくなったのも良かったです。
 
阪元:このキャラならこうするということも自分で考えくれて、「憑依したんです。」みたいな話が自然と出ていたので良かったですね。
「グリーンバレット」場面写真1re.jpeg
――みなさんから演技プランやキャラクター・台詞の提案などはあったのですか。
 
阪元:勝手にやってました。大島さんの「軍法会議だ!」とか特に多かったですね。
 
――そうやって自由にできる空気がある現場だったということですね。
 
伊能:ゆとりがないとアドリブは出せないですから。
 
――それは伊能さんが受け止めてくれるからこそですね。
 
伊能:僕だけではなく、誰かしらが受け止めてあげていたんです。みんなで作れた空気感だと思います。
 
――伊能さんからみなさんにアドリブを振ったみたいなことはあったのですか。
 
伊能:僕は変な間を作るのが好きなので、会話のリズムをあえて崩したりしました。次に何が来るかが分かったうえで待ってしまうと段取り感が出てしまうので、変な間を入れた方が自然になるんです。こういったことを許してくれる現場でしたし、国岡は言いよどむキャラクターでもあるので、そういうことは好き勝手やりました。
 
――そこは阪元監督への信頼感があるからこそですね。
 
阪元:僕も自由度がないのはあまり好きじゃないですからね。
 
――ドキュメンタリーの雰囲気で撮られているので、そう言った部分が作品とも合っていますよね。
 
伊能:そうですね
 
――本作は3月に撮影されたということは公開まで半年も経っていないんですね。編集だけでも1年かけるみたいなお話も伺いますけど。
 
阪元:僕は時間をかけすぎると熱が冷めていってしまうので、最初の感覚を大事にしています。
 
――そんなライブ感のある映画がいよいよ公開されるわけですね。
 
伊能:そうですね。自分の中でも印象に残っているシーンでは、ラストバトル前後が印象に残っています。ラストバトルでは台詞・動きを直前まで決めないで、これから始まるというタイミングで臨んだのです。そうすることでベストを出せたのでそこは注目してほしいです。
 
阪元:六人がこれから女優として活躍してくデビュー作として魅力的に映っていますし、暑苦しい友情ドラマでもあります。凄く王道な作品なので、六人の友情を観てほしいです。
【7月19日(火)18時解禁】 『グリーンバレット』キービジュアルre.jpg
©2022「グリーンバレット」製作委員会
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画「グリーンバレット」
【7月19日(火)18時解禁】 『グリーンバレット』キービジュアルre.jpg
8月26日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷
ほか全国順次ロードショー
 
-Cast-
和泉芳怜 山岡雅弥 天野きき
辻優衣(つじは1点しんにょう)
大島璃乃 内藤花恋 伊能昌幸
松本卓也 大坂健太
沢口愛華(特別出演) 碕理人
中村龍介 板尾創路 ほか
 
-staff-
監督・脚本:阪元裕吾
アクション監督:坂口茉琴
プロデューサー:所隼汰
撮影・照明:今宮健太、関将史
録音:五十嵐猛吏
スタイリスト:入山浩章
メイク:赤井瑞希
美術・装飾:岩崎未来
ガンエフェクト:遊佐和寿
CG:松野友喜人
スチール:須藤未悠
制作プロデューサー:後藤剛
演出補:工藤渉
制作:新関収一
制作プロダクション:シャイカー
協力:講談社ミスマガジン事務局
宣伝:ウフル、ブラウニー
製作・著作:キングレコード
配給:ラビットハウス
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻