Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー阪元裕吾(監督)×伊能昌幸(俳優)- 映画『グリーンバレット』自由度がないのはあまり好きじゃない

映画『グリーンバレット』自由度がないのはあまり好きじゃない

2022.08.20

 『最強殺し屋伝説国岡』『ベイビーわるきゅーれ』と話題作を送り出している阪元裕吾と伊能昌幸の黄金タッグが世に送り出す最新作『グリーンバレット』。新たなキャストを迎えて撮られた本作は、どのように制作されたのか。撮影の裏側について聞いた。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

『テラスハウス』のつもり

「グリーンバレット」メインre.jpeg――『最強殺し屋伝説国岡(以下、殺し屋伝説)』は国岡が東京に行くと宣言する終わり方でしたが、そのころから作る予定だったのでしょうか。
 
阪元裕吾:作るつもりでした。
 
――『グリーンバレット』はアイドルのリアリティショーのようだなと感じました。
 
阪元:『テラスハウス』のつもりで脚本を書いたので、そう感じられたんだと思います。
 
――今作ではミスマガジンの皆さんと共演することになったので、そういった脚本にされたのでしょうか。
 
阪元:そうです。ミスマガジンのみなさんと共演するなら『テラスハウス』だとなりました。国岡が前作でひどい振られ方をしているので、誰かと付き合うのではないかとツイートされていた方もいらっしゃいましたね。
 
伊能昌幸:『殺し屋伝説』での振られ方はショックですからね(笑)。
 
阪元:恋愛をさせることは最初から考えていませんでした。
 
――今作では勧善懲悪を描いていますが、そういった物語にしたのは何故ですか。
 
阪元:彼女たち六人の敵は何だろうと考え時に、見下してくるやつと闘うのが一番だろうと思い脚本を書いた結果です。
 
――国岡も前作では仕事人的な面が強めでしたが、今作では正義感をもって戦うことになりましたね。
 
伊能:人間関係の中にいると国岡もこうなるんだなという感じですね。この子たちが赤の他人であれば何もしなかったと思います。普通の人とは感覚が大幅にずれているとはいえ、合宿を通して仲間意識が芽生えたという部分が見えましたね。
 
「グリーンバレット」場面写真4re.jpeg
――殺し屋だったとしてもそういった感情が芽生えるということなんですね。合間に入るコタツのシーンも人間臭くて面白かったです。
 
阪元:あそこはアドリブです。
 
伊能:最低限これは話してということがあって、大坂くんを起点に逸脱していく形で進めました。
 
阪元:彼は元々そんなキャラクターじゃなかったのですが、演じてもらう中で国岡に対して「この六人の盾にならないとだめです。」と熱弁するキャラになっていきました。それを見て国岡がハッパをかけられていく話なんだなとなっていったんです。
 
伊能:最後も強襲がなければ彼女たちの盾にならずに終わってましたけどね。
 
阪元:訓練中に敵が出てくるのは定番ですから。
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画「グリーンバレット」
【7月19日(火)18時解禁】 『グリーンバレット』キービジュアルre.jpg
8月26日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷
ほか全国順次ロードショー
 
-Cast-
和泉芳怜 山岡雅弥 天野きき
辻優衣(つじは1点しんにょう)
大島璃乃 内藤花恋 伊能昌幸
松本卓也 大坂健太
沢口愛華(特別出演) 碕理人
中村龍介 板尾創路 ほか
 
-staff-
監督・脚本:阪元裕吾
アクション監督:坂口茉琴
プロデューサー:所隼汰
撮影・照明:今宮健太、関将史
録音:五十嵐猛吏
スタイリスト:入山浩章
メイク:赤井瑞希
美術・装飾:岩崎未来
ガンエフェクト:遊佐和寿
CG:松野友喜人
スチール:須藤未悠
制作プロデューサー:後藤剛
演出補:工藤渉
制作:新関収一
制作プロダクション:シャイカー
協力:講談社ミスマガジン事務局
宣伝:ウフル、ブラウニー
製作・著作:キングレコード
配給:ラビットハウス
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻