Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー有里まりな(女優)×古瀬リナオ(女優)『甲州街道から愛を込めて』- 受け止めてくれる存在を求めている

『甲州街道から愛を込めて』- 受け止めてくれる存在を求めている

2022.08.04

 監督であるいまおかしんじの「若い俳優で二十代のモヤモヤを晴らすような作品を作りたい。」という思いから作られた『甲州街道から愛を込めて』。多くの人が戸惑いを抱える時代でも20代、四人の男女が旅を通じて新たなスタートラインにつく姿は心を刺す。青春のその後の姿を描く本作で旅に出るきっかけを作ったリリコとマナミを演じた有里まりなと古瀬リオナにどう役に向かい合ったのかを聞いた。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

愛しさを感じながら演じていました

――二十代は社会に出て急激な環境の変化に戸惑う時期でもあるので、『甲州街道から愛を込めて(以下、甲州街道)』観ていてそのころの気持ちを思い出す心に刺さる作品でした。
 
有里まりな:ありがとうございます。
 
古瀬リナオ:そう言っていただけて嬉しいです。
 
――『甲州街道』はWEB公募オーディションでかなり開けた形のオーディションでしたが、どういったきっかけで知られたのですか。
 
有里:WEBの募集を見て応募させていただきました。
 
――オーディションの時は作品についてどれくらい説明があったのでしょうか。
 
有里:応募の時はあらすじとキャラクターについての概要をいただいたくらいで、書類選考が通ってオーディションになりますという段階で脚本が送られてきました。
『甲州街道から愛を込めて』サブ1re.JPG
――お二人とも今回演じられた役でオーディションを受けられたのですか。
 
有里:私は最初から歌いたい一心でリリコ一択でした。
 
古瀬:私は二人どちらの気持ちもわかるので決めかねていて、リリコとマナミの両方受けました。
 
――いまおかしんじ監督は「若い俳優で二十代のモヤモヤを晴らすような作品を作りたい。」ということで今回の作品を制作されたそうですが、そういったことについてはお話しされたのでしょうか。
 
有里:テーマの一つとして「リリコとマナミの関係性を丁寧に描きたい。」ということはおっしゃられていました。
 
古瀬:シスターフッドとも言えるんですかね、「同性同士の絆を撮りたい。」というお話を伺いました。ただほかにもテーマがたくさん詰まっている作品ですね。
 
――演じられたキャラクターから最初に受けた印象など伺えますか。
 
有里:リリコはバンドが解散したところから物語が始まっていますが、たぶん一回じゃなく何回もあると思うんです。歌を歌うということに関しても夢ではありますが、同時に歌手である父親の影を追いかけている面もあるんじゃないかと感じています。そういうドロドロとした気持ちを胸の内に抱えているキャラクターなので、いろんなことを考えながら演じました。
 
古瀬:おそらくマナミも恋に破れるのは一回目じゃないんですよ。毎回へこんでは立ち直ってというのを繰り返していると思います。そんな中、現実から目をそらし続ける原因となった好きだった人に会いに行くことを決意する。そんな道中で出会った悩み・弱さを持つ女の子に自分を重ねたところもあると思います。一つ・一つの物事に一喜一憂しながら少しずつ前に進んでいく姿には共感もしたし、そんな素直で可愛いらしい彼女に愛しさを感じながら演じていました。

お芝居はコミュニケーションの中で生まれてくるもの

『甲州街道から愛を込めて』サブ5re.JPG

――現場でいまおか監督とはどのようなお話しをされましたか。
 
有里:「相手を引き立てるお芝居をしてほしい」ということをおっしゃられていたこが印象に残っています。お芝居はコミュニケーションの中で生まれてくるものなので、そういうことを意識してほしいということなんだと思っています。素敵な言葉ですね。
 
古瀬:本読みをしたばかりで自分の役を考えながら演じていた時は、みんなもまだ探り探りな部分があったと思うんです。私も不安があった中でお話をさせていただいたときに「どうしようとか考えずにそのまま乗っかっちゃって。自然に動いてくれればいいから。」と言っていただいました。いざ始まってみると現場の皆さんや監督が作ってくれる雰囲気・空気感から、不安も吹き飛び目の前にいる人のことだけを考えて集中できました。凄くありがたくて心強かったです。
 
――リリコとマナミは以前からの友人ですが、二人の関係性や掛け合いについては撮影前にお話しされたりはしたのでしょうか。
 
有里:実はそれほど長い付き合いの二人ではないんです。出会ったのもリリコがストリートライブをしているところにマナミが来たことが切っ掛けなんです。そこは劇中では描かれてはいませんが、お互い孤独な時に出会って支え合った大切な友人ということですね。
 
――大人になってからそういう出会いをして仲良くなるのはいい関係ですね。しかも、初恋の人に会いに行くのにも付き合うという。
 
古瀬:お互いに信頼関係があって、いいですよね。
『甲州街道から愛を込めて』サブ9re.JPG
――そんな二人がタイチとルミに出会い旅に出るわけですが、遠藤史也さんと和田瞳さんとはどのように四人のキャラクターの関係性を作り上げていかれたのですか。
 
古瀬:脚本を最初に読んだ時もマナミはもっと暗い子なのかなと感じたのですが、みんなと会話を交わして演じていくうちに常にふさぎ込んでいるわけでもないんじゃないかなという気づきがありました。
 
有里:私も最初リリコはもっと人を突っぱねるキャラなのかなと思っていました。ただ、演じていく中で不器用で人とコミュニケーションをとるのが苦手なだけなんだという発見がありました。思っていることが意外と漏れていますし、それを誤魔化して取り繕おうとして収集がつかなくなる素直な子なんだなと思いました。
 
古瀬:四人とも交わることでどんどん可愛くなっていきますよね。
 
――四人とも素の部分を隠しきれていないですよね。
 
有里:みんなこぼれてますよね。そういう面でリリコもマナミも似ている部分はありますね。
 
――お父さんと初恋の人で違いますけど一途に追いかけていますし。
 
有里:そうなんです。マナミの告白について行くと言いながら、自分もちゃっかり会いに行ってますから。
『甲州街道から愛を込めて』サブ2re.JPG
――マナミも恋に破れて落ち込むのかと思ったら、二人を祝福していて。強いですよね。
 
古瀬:あの二人を見せられたら逆に諦められるなと思いました。辛かったと思いますが、マナミは大丈夫です。
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

『甲州街道から愛を込めて』
【6月21日(火)18時解禁】 『甲州街道から愛を込めて』ポスタービジュアルre.jpg
8月5日(金)より
シネマート新宿にて
愛を込めて公開
ほか全国順次ロードショー!
 
-Cast-
有里まりな 古瀬リナオ
遠藤史也 和田瞳
伊藤和哉 高村悠志 西野真澄
中嶌俊介 尾崎蓮 広瀬彰勇
翔(T.C.R.横浜銀蝿 R.S.) ほか
 
-staff-
監督:いまおかしんじ
脚本:中野太
企画:利倉亮
プロデューサー:江尻健司
撮影:山本英夫
録音:大塚学
音楽:宇波拓
助監督:森山茂雄
メイク:戸田萌子
衣装:手塚勇
スチール:加藤彰
制作:山田剛史
制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
製作・配給:キングレコード
配給宣伝:ブラウニー
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻