Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー佐藤周(監督)×いまおかしんじ(脚本)『ヘタな二人の恋の話』- 答えにたどり着くかもしれないと思ってほしい

『ヘタな二人の恋の話』答えにたどり着くかもしれないと思ってほしい

2022.06.29

学生時代が終わり人生に大きな変化が出る20代の青春を描いた、『ヘタな二人の恋の話』。人付き合いが苦手な二人が壁にぶつかりながらも頑張りながら進んでいく姿は、多くの人に共感を生む物語となっている。真夜中から夜明けをまつ二人の物語はどうやって作られていったのか。監督の佐藤周と脚本のいまおかしんじに話を聞いた。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

真夜中の次は朝が来るという意味も込められている

 
――『ヘタな二人の恋の話(以下、ヘタ恋)』は“マヨナカキネマ”第一弾の作品ですが、こういった新レーベル第一弾はどういった経緯で映画制作に至るのでしょうか。
 
佐藤周:レーベルが決まったのは映画が完成した後なんです。第二弾のいまおかしんじ監督の『甲州街道から愛を込めて(以下、甲州街道)』も不器用な若者たちを撮る映画ですけど、『甲州街道』もレーベルが決まる前に完成してましたね。
 
いまおかしんじ:そうですね、『甲州街道』も完成した後なので、二作品が同じレーベルなったのはたまたまです。この2作品の感じを観て「今、求められている。」となったんでしょうね。
『ヘタな二人の恋の話』サブ7re.jpg
――続く“マヨナカキネマ”は第二弾『甲州街道』はいまおか監督作が続いていくと。切り抜いている世代も近く、いい二作品になっていますね。
 
いまおか:若者の話をやりたいというのはずっとあったんです。
 
佐藤:僕は『甲州街道』を観て、『ヘタ恋』よりも若者感あるなと感じて嫉妬しました。
 
いまおか:でも、情けない話ですよ。作品に似た部分があったのも偶然でしたから。
 
――『ヘタ恋』の脚本を書いたことに引っ張られたということもなく。
 
いまおか:自分で書いていたら「同じじゃん。」となったかもしれないけど、『甲州街道』は中野太さんという別のシナリオライターに入ってもらったので偶然です。
 
佐藤:偶然にしてはよくできたドラマチックな第1弾・第2弾ですね。
 
――結果的にそうなったんですね。
 
佐藤:説明文にある通りですが「生きづらい世の中を懸命に生きる若者たちの作品」というのは応援したくなっていいなと思っています。
 
――その思いは作り手の皆さんも思っていらっしゃることと。
 
佐藤:僕も生きづらいと思っています。“マヨナカキネマ”には真夜中の次は朝が来るという意味も込められていると思っていて、凄くいいレーベル名だなと思います。
『ヘタな二人の恋の話』メインre.JPG
――本当に詩的でいいレーベル名ですね。『ヘタ恋』も『甲州街道』も20代の青春が描かれています。日本では青春を描くとなると高校生が主人公になることが多いですし、今は落ち着いた年代の大人の恋という作品も増えていて、20代や大学生の青春や葛藤というのは日本では比較的描かれることが少ない時期でそういう意味では新鮮でした。
 
佐藤:言われてみるとそうかもしれないですね。
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

『ヘタな二人の恋の話』
『ヘタな二人の恋の話』ポスタービジュアルre.jpg
7月1日(金)公開
 
-Cast-
街山みほ、鈴木志遠
伊藤和哉、大久保雛
小田飛鳥(友情出演)
古藤真彦、川瀬陽太
大下翔生、中嶌駿介、福田優生
北上愛莉、鈴木詩織 ほか
 
-staff-
監督:佐藤 周
脚本:いまおかしんじ
エグゼクティブ・プロデューサー:
山口幸彦(キングレコード)
企画:利倉 亮
プロデューサー:江尻健司
撮影:小松嶺介
照明:目黒裕太郎
録音:山口 勉
選曲・音響効果:藤本 淳
助監督:森山茂雄
メイク:五十嵐千聖
衣装:手塚 勇、街山みほ
街山みほ衣装:菅原 恵
スチール:千葉朋昭
協力:
おかもと技粧、アップルボックス
アークビデオ、i7
SOUP、アンギルズ
制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
制作・配給:キングレコード
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻