Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューチョー(声優) -『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章 -STASHA-』一生懸命考えて生きるために行動しているキャラクター

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章 -STASHA-』一生懸命考えて生きるために行動しているキャラクター

2022.02.10

 復興のさなかにある地球と、双子星・ガミラス・イスカンダルーー生まれた場所や世代、背負っている過去や守るべきものがそれぞれ違う人々の群像を描いた『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』。地球人でありながらガミラスに属し、家族まで得た薮助治はまさに本作のテーマの1つを象徴しているキャラクターでもある。そんなキーパーソンを演じたチョーに、薮に対しての思い、『宇宙戦艦ヤマト』という作品に対して思いを語っていただきました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

薮の活躍が増えているのでビックリしています

後章特報40_2re.jpg――宜しくお願い致します。
 
チョー:薮(助治)は主役でも何でもないですけど大丈夫ですか。
 
――いえ、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章 -STASHA-(以下、2205)』ではキーパーソン、『宇宙戦艦ヤマト(以下、ヤマト)』シリーズにとっても欠かせない存在です。
 
チョー:ありがとうございます。
 
――改めて演じられた薮の印象を伺えますか。
 
チョー:今までのシリーズではやはりアナライザーの出番が多かったので、薮のこと、みんな憶えてくれているかと思うほどでした。むしろガミラスのガンツのセリフの方が多いくらいだったので、ここに来て薮の活躍が増えてビックリしています。今でもいいのかなと思っています。
 
――薮はガミラスでザルツ人と家族になっていますし、地球とガミラスの関係性を描く点でも重要な役どころです。
 
チョー:そう言ってもらえるのは嬉しいです。
 
――ある面で見ると薮はパイオニアだと思っています。分断を乗り越えて家族として手を取り合って生きていく先駆けでもある訳です。
 
チョー:となると、第2第3の薮が出てきて、ガミラスと地球両方のスター的な人も出てくるかもしれないということですか。その見方は面白いですね。まず、畑を耕すのが薮だったという事なんですね。
 
――『ヤマト』の歴史で後々に振り返って見た時に、未来ではパイオニア・偉人になっているかもしれないなと思っています。
 
チョー:そうなるかもしれないですね。でも、薮は行きたくて行ったわけではないですけどね(笑)。
 
――そうですね(笑)。気付いたらそこに居た的な人ですから。
 
チョー:そうなんです。生きるために仕方なくで、薮からするといつの間にか居た感じだと思います。
 
――その逞しさが人間臭さもあっていいキャラクターだと思います。
 
チョー:本当に庶民的ですキャラクターですね。
vlcsnap-2021-12-17-20h38m38s289re.jpg
――『2205』ではそんな薮が活躍している姿を観ることができて楽しかったです。
 
チョー:ありがとうございます。
 
――薮が活躍するというのは台本を読まれて知ったのですか。
 
チョー:台本を読んで初めて知りました。それも一度に全部知るわけではなく、アフレコでやる範囲ごとに徐々に物語を知っていきました。そこは視聴者のみなさんが作品を観て知っていくのに近い感覚だと思います。
 
――福井(晴敏)さんから「今回、大活躍ですよ。」といったお話もなく。
 
チョー:全くなかったです。それよりも「アナライザーが3体いてカラーを分けてやります。これが面白いです。」という事を言われたことの方が記憶に残っていますね。自分でもアナライザーを演じるのは楽しいので『2205』ではアナライザーを演じるのがメインかなと思っていたら、薮がメインだったので驚きました。
 
――薮の物語に関して言うと家族の話も今作では出てきますが、そこを読んだ際の感想も伺えますか。
 
チョー:「彼も家族を持ったんだな」というのが最初の感想でしたね。薮がヤマトに乗っている時に「こっちも大変だけど、お前らも頑張れよ」とメールを送っているシーンで、薮の家族に対する愛を感じて良いなと思いました。
 
――『宇宙戦艦ヤマト2199(以下、2199)』の時から考えると新鮮でした。
 
チョー:全く違いますね。
 
――『2199』と『2205』で薮の捉え方は変わりましたか。
 
チョー:基本的に変わっていません。薮は一生懸命考えて生きるために行動しているキャラクターなんです。生きるために捕虜になり、生きるために自分の技術を教え、そこで出会った家族と一緒に生きていくことになった。今まで一人で生きてきましたが、みんなと一緒にいることの温かさを感じたんでしょうね。今は家族のために生き続けている。上から言われたから戦艦に乗って、上から言われたから地球に戻ってきて技術を教えている。サラリーマンと同じなんですよ。
 
――そうですね。
 
チョー:それはカッコいいことでもなんでもなくて、そうやって流されたところでしぶとくやっている。
 
――『2205』では自分にとって大事なものが出来たという事なんですね。
 
チョー:そうですね。家族が出来たときに変わったんでしょうね。家族というものが良いなと思って、離れたときに更に家族が大事だとわかった。きっと、薮自身もびっくりしているんじゃないですか。
 
――今回の『2205』ではヤマトに戻ってきて針の筵状態ですが、そんな薮を見られて如何でしたか。
 
チョー:きっとガミラスでも異星人として叩かれていたでしょうから、薮は叩かれ慣れていると思います。
後章WEB特報5re.jpg
――同じく孤立した新人の土門(竜介)にシンパシーを感じて心を通わせる部分もありますが、そういったシーンではどういった事を意識されて演じられたのでしょうか。
 
チョー:薮はその時に感じたことを会話しているだけだと思います。現実でもシンパシーを感じる人が居たときにどうしようか考えながら接しないですよね。そういう人が居たときに自分がそこにスッと側に行って、自分をフッと出す。それによって相手も心に思っていることを出してくれて、自分も素を出して解放されていく。そういった時は心の距離を縮めようなんて意識していないんじゃないと思いますよ。
 
――意識してしまうとより距離がひらいてしまいますから。
 
チョー:そうですよね。
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章 -STASHA-』

ヤマト2205後章メインビジュアル_ロゴコピーライト(2)re.jpg2022年2月4日(金)期間限定劇場上映開始
 
-Cast-
古代 進:小野大輔
森 雪:桑島法子
真田志郎:大塚芳忠
島 大介:鈴村健一
ヤーブ・スケルジ/薮 助治:チョー
土門竜介:畠中 祐
京塚みやこ:村中 知
坂本 茂:伊東健人
板東平次:羽多野渉
徳川太助:岡本信彦
キャロライン雷電:森永千才
藤堂平九郎:小島敏彦
芹沢虎鉄:玄田哲章
ローレン・バレル:てらそままさき
山南 修:江原正士
アベルト・デスラー:山寺宏一
ガデル・タラン:中村浩太郎
レドフ・ヒス:秋元羊介
スターシャ:井上喜久子
デーダー:天田益男 ほか
 
-staff-
原作:西﨑義展
製作総指揮/著作総監修:西﨑彰司
監督:安田賢司
シリーズ構成/脚本:福井晴敏
脚本:岡 秀樹
キャラクターデザイン:結城信輝
メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志・明貴美加
ゲストキャラクターデザイン:小林千鶴・岸田隆宏・立石 聖
プロップデザイン:枝松 聖
美術監督:合六 弘・池田裕輔・舘藤健一
色彩設計:中山久美子
撮影監督:松井伸哉
CGディレクター:後藤浩幸
編集:兼重涼子
音楽:宮川彬良・宮川 泰
音響監督:吉田知弘
オリジナルサウンドエフェクト:柏原 満
アニメーション制作:サテライト
製作:宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻