Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー安藤正臣(監督)- 『逆転世界ノ電池少女』自分たちが楽しかった思い出を盛り込んでやろう

安藤正臣(監督)- 『逆転世界ノ電池少女』自分たちが楽しかった思い出を盛り込んでやろう

2021.12.25

 多くの原作を丁寧に表情豊かに表現し素晴らしい形で世に送り出してきた、アニメーション監督・安藤正臣。多くのアニメファンから待望されていたオリジナル作品がついに放送開始。自身の全てさらけ出すことになるオリジナル作品という事で、安藤正臣監督本人によいよいよクライマックスを迎える『逆転世界ノ電池少女』に込めた思いを語っていただきました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

LOFT/PLUS ONEというのが露骨な意味深ですよね(笑)

★優先カット#01_6re.jpg――『逆転世界ノ電池少女』はオリジナル作品となりますが、いつ頃から企画を進められていたのでしょうか。
 
安藤(正臣):2014年にLercheの比嘉(勇二)さんから、「オリジナルをやらないか。」とお誘いいただいたことが切っ掛けなので7年になりますね。なので、第1話冒頭『これは「令和」と言う時代が訪れなかった「日本」の話』という部分があるんですけど、企画初期では元号が変わることを前提にしていなかったです。
 
――そんなに前から温めていた企画だったんですね。
 
安藤:発想の切っ掛けを辿ると2011年の東日本大震災になります。あの時に日本全体で大きな転換期があったように思います。今はコロナが来ていることでまた大きな転換が訪れているので、何かしらの時代の流れを感じています。
 
――企画初期のころから “規制が強くなる世界”という設定は決まっていたのでしょうか。
 
安藤:初期にはなかった要素です。自分語りになりますが、私は学校を卒業してからアニメの仕事しかしていないんです。今回、オリジナル作品を制作させていただけるという事で改めてこれまでの自分を振り返っていく中で、アニメというかエンターテインメントそのものの社会的意義・存在意義を自分の中で問い始めたんです。そういったことを考えていくなかで、「もし、エンタメが規制されたとしたらどうなんだろう。エンタメの存在意義は社会の中で薄いだろうか。」という気持ちが出てきたんです。
 
――生活の中での優先順位はどうしても低いところはありますから。エンタメ関連の仕事をしていると、そういう気持ちを持ってしまうのもわかります。
 
安藤:そうですよね。大震災の時にも同じことを感じていたんです。いまやっている仕事は本当に放送されるのだろうかと思いながらやっていましたし、この仕事は必要とされているのだろうかという自問自答もありました。そういった気持ちを打ち破るために、自分たちが楽しかった思い出を盛り込んでやろうと、かつて見ていたアニメの面白い要素を全部盛り込もうぜと本作を作っています。
 
――キャラクターを観ていてLOFT系列のイベントのスケジュールをギュッと凝縮して絞ったらあんな感じになるという気持ちで観ています。
 
安藤:第1話で久導細道が働いているホストクラブがLOFT/PLUS ONEというのが露骨な意味深ですよね(笑)。私も業界に入る前からお客さんとして行っていました。そこで、業界の人たちが何を考えて作品を作ってきたのかを見てきて、それが制作の原点にもなっています。まさか、自分の監督作品で使わせてもらえるとは思っても見ませんでした。
#01_7re.jpg
――うちはフリー素材みたいなものなので、お声掛けいただき嬉しかったです。リリー・フランキーさんのステージ壁紙や楽屋など、そのまんま映っているので驚きました。あんなにガッツリだとは思っていなかったので、本当にありがたかったです。
 
安藤:第1話を観た方の中でLOFT/PLUS ONEの控室を知っている人が居て、この人は誰なんだろうとも思いました。そうやって、リアクションをしてもらえるのは嬉しいですね。LOFT/PLUS ONEを舞台にしたのは、この作品を観て聖地巡礼もしてもらえるといいなという思いもあります。
 
――そのお心遣い本当にありがたいです。そうなってもらえると嬉しいですね。
 
安藤:LOFTのイベントはお酒を飲みつつなので、本来のテーマから外れていってしまう事も多いじゃないですか。そういった意識せずに滲み出てしまう業や考え・思想、そこに意味があると思うんです。
 
――そうですね。イベントテーマから見ると支流ですが、根元の繋がっている部分は同じで、集めていくと真実になるという事もよくあることです。本作でもスタッフのみなさんとの雑談の中から、作品のアイデアに繋がっていたというような事はあるのでしょうか。
 
安藤:どうなんでしょう。好きなことはもちろん話していてその要素を盛り込んではいますけど、そこまで深い形で盛り込めているかは自分では分らないですね。
このアーティストの関連記事

『逆転世界ノ電池少女』Vol.1

2022年1月26日(水)発売
価格:14,300円(税込)
品番:ZMXZ-15171
販売元:KADOKAWA

amazonで購入

■収録内容:第1話~第4話

■ 初回生産特典
特製ボックス
キャラクターデザイン・黒澤桂子描き下ろしデジパック
特製ブックレット

■ 毎回特典
ノンクレジットOP・ED

オープニングテーマ
『Fever Dreamer』
Mia REGINA

2021年11月3日(水)発売
・アーティスト盤(CD+BD)
価格:2,200円(税込)
品番:LACM-24104
・アニメ盤(CD)描き下ろしイラストジャケット
価格:1,320円(税込)
品番:LACM- 24105
レーベル:‎ランティス

amazonで購入

1.Fever Dreamer
作詞:hotaru(TaWaRa)/作曲:Tom-H@ck(TaWaRa)/編曲:RINZO(TaWaRa)
2.Heartbeat again
作詞:畑亜貴/作曲:俊龍/編曲:XELIK
3.Fever Dreamer (Instrumental)
4.Heartbeat again(Instrumental)

『Belle révolte』
エンディングテーマ収録
『Reverse-Rebirth』
鈴木愛奈

・完全生産限定盤(CD+BD+グッズ)
価格:8,250円(税込)
品番:LACA-35918
・初回限定盤 (CD+BD)
価格:4,620円(税込)
品番:LACA-35919
・通常盤
価格:3,300円(税込)
品番:LACA-15919
レーベル:‎ランティス

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

TVアニメ「逆転世界ノ電池少女」

【電池】キービジュアル_撮影処理加味Rre.png

10月11日(月)より放送開始!

-Cast-

久導細道:山下誠一郎
赤城りん:ファイルーズあい
蒼葉夕紀:鈴木愛奈
黒木ミサ:井澤詩織
東雲アカツキ:寺島拓篤
真神ハヤテ:日高里菜
佐斯神ムサシ:藤井ゆきよ
神水流ヤクモ:下地紫野
バルザック山田:杉田智和
神楽坂ミミ:豊崎愛生
宗方安寿:福地教光
鵜飼:松田健一郎
メガネ:水島大宙
キャップ:葉山翔太
ポチャ:金子隼人
田中ナスターシャ:??? ほか
 
-staff-
原作:伽藍堂
監督:安藤正臣
シリーズ構成:上江洲 誠
キャラクター原案:渡辺明夫
ガランドールデザイン ・メカニックデザイン:廣瀬智仁
キャラクターデザイン・総作画監督:黒澤桂子
助監督:仁昌寺義人
プロップデザイン:森木靖泰/KntC
3DCG:ラークスエンタテインメント
CG監督:加藤大輔
背景美術:草薙(KUSANAGI)
美術監督:本田光平
美術設定:岩澤美翠/須江信人
色彩設計:加口大朗
撮影監督:國井智行
編集:伊藤利恵(森田編集室)
音楽:白戸佑輔
音響監督:飯田里樹
音響効果:古谷友二
音楽制作:ランティス
プロデュース:EGG FIRM
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二
アニメーション制作:Lerche
製作:「逆転世界ノ電池少女」製作委員会
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻