Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】gonvutーゴンブトー(2009年12月号)- 時代も変えうる超大作『universe of love』リリース!!

時代も変えうる超大作『universe of love』リリース!!

2009.12.01

まずは『universe of love』を届けたい

──お2人を見ていると、バンドを始めたばかりの少年のようなワクワクした感じが伝わりますよ。

高木:ただね、俺達飲みにはよく行っているけど、ミーティングらしいミーティングはしてないんだよね、大塚も含めて。12月9日に本当にリリースされるのかだって未だに心配だから。あとは、これが本当に売れたら俺達今まで何やってきたんだろうって思いますけどね(笑)。

ゴンダ:でも、それは昔俺がBUCK-TICKのコピーバンドをやって、いつもの動員を上回る人が来てくれた時よりは悔しくないと思う(笑)。

高木:俺、タケシと会うとポジティブレベルが一個上がるんだよね。

ゴンダ:そういう関係ってあるよね。

高木:だから、みんなにもそれが伝わればすごいいいなって思ってる。だいたい人間なんて落ちてることのほうが多いでしょ? そしたら、ライブを見に来て、俺達が「せーの」で音を鳴らした時にみんなの気持ちもポンと上がれば、それは音楽が持っている素晴らしい部分だと思うし、一番伝えたい気持ちだったりしますからね。俺達が楽しんでいる姿を見せることができて、それによってお客さんも幸せになってくれたらそれでいいじゃんって思うんだよね。

ゴンダ:ライブ中に目を合わせて演奏するというのが、出来る人と出来ない人がいるよね。

高木:俺達は、相手が良い演奏をしたときも見るし、自分が良い演奏した時も見る。前に『Time After Time』をNaked LOFTでやるという時に、タケシはギターがうまいから俺もギターがうまくなったらgonvutのレベルが上がるだろうなって家で猛練習して行ったのね。それで本番で弾き始めたら、いつまで経ってもタケシが入ってこないの。見たら、俺の演奏をずっと見ているんだよ。それで「おい!」って言ったら、「いやぁ、ギターがすごくうまいから俺はいらないなぁ」だって(笑)。

ゴンダ:今までは間違えそうだなという時に、こっちを見ておけという感覚で入っていたんだけど、あまりにレベルが上がっていたので入る隙がなかったんだよ。そろそろかなとずっと伺ってはいたんだけどね。

高木:でも、そうじゃなくて、俺がうまくなればgonvutのレベルがドンって上がるんだよ。俺がうまくなってお前が弾かなくなったら一緒だろって(笑)。

ゴンダ:引きの美学ですよ(笑)。リハでは全然だったのに、ひと晩練習したらそんなに雰囲気出るんだってビックリして、そしたらここにいるお客さんにもっと聴いてほしいって思ったんだよね。

──Naked LOFTでは毎回すごくアットホームな雰囲気がありますよね。

高木:この詞でストイックにやってもというのはありますしね。レコーディングもめちゃめちゃ楽しいし。

──今回レコーディングは基本2人で?

ゴンダ:エンジニアもいたから3人。今回は、前からあった曲も録り直してるから全部新録なんですよ。

高木:3日で録り終えたら大塚がすごい驚いてた。…スタジオ代の安さに(笑)。「こんなに安いんですかぁ!?」って。

──もう完成して日数はだいぶ経ったと思いますが、今でも聴くんですか?

高木+ゴンダ:gonvutは聴く。

ゴンダ:だからこそ、1人でも多くの人に聴いて欲しいアルバムですね。この世に生まれた証を一個作れたなって思います。そしてゴンダ家代々、この作品を聴いてくれよというものにはなったと思います。

高木:これまでロック畑にいた俺達が、違う畑の場所に鎖を打った感はあるよね。

──ところで、アコースティックってバンドスタイルとは全然違うと思いますが、高木さんがやられているアコースティックのAKUHとgonvutは違うんですか?

ゴンダ:AKUHは、アコースティックとか言ってザクザク弾いてますからね(笑)。そこがまたアコースティックの良いところでもあるんですよ。ロックができないわけでもないですからね。面白いよ。

──そして、これはファンの方は気になっているところだと思いますが、第2弾・第3弾と作品は続いていく予定はありますか?

ゴンダ:これの結果次第というところもあるけどね。

高木:俺、今は何かを作るのは休みたい。gonvut用の曲はすでに作ってあるので、すぐに作品を作ろうと言われればできるんだけど、まずは『universe of love』をみんなに届けたい。リリースを待つだけだから、次の作品に向かっていますというのはgonvutは違うような気がする。ちゃんと届くまで見届けたい感じ。自分が生んだ子供みたいなものですよ。

ゴンダ:普段は、早速次の作品ということしか考えてないんですけどね。

高木:レーベルが絡むとレコーディングしてからリリースまで3ヶ月ぐらい空いちゃって、それがすごく苦手なんだよね。作ったら明日届けたいと思うから。だけど、gonvutは「さぁ、次の作品!」というわけではなく、この作品を大事にしたいという気持ちでいるから、すごく不思議なんだよね。

ゴンダ:夏に作ったからけっこう前のはずなんだけどね。

高木:その状態が保っていられてる。

ゴンダ:計画性がないからというのもあるんだろうね(笑)。

──気心知れた間柄の中で、うまいこと作品ができたからその気持ちでいられるんでしょうね。

高木:だから、全部が奇跡的なんですよ。

ゴンダ:ライブハウスだけではなく、ストリートライブもやろうって考えているぐらいですからね。それぐらい聴いてほしい作品に仕上がりましたよ。

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻