Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】9mm Parabellum Bullet(2009年4月号)- 鋭い刃のように襲いかかる、狂熱のライブを集めた映像集『act I』

鋭い刃のように襲いかかる、狂熱のライブを集めた映像集『act I』

2009.04.01

DVDで窺える曲の成長過程

──面白いと思うのは、『Disc 1』で野音のライブとZepp Tokyoのライブが入っているじゃないですか。野音はアルバムが出た直後ですけど、Zeppのライブでは『Living Dying Message』とか曲が育っているというのがわかりますよね。

菅原:そこからさらにファイナルになると、全然違う感じになっていたしね。

──『Disc 2』のほうに、“VAMPIRE EMPIRE TOUR 08/09”の初日からファイナルまでが入っていて、曲が成長していく過程も全部切り取られていましたからね。

菅原:なかなか追ってみることってないから、それも面白いんじゃないかなって思ってます。副音声で僕らがコメントを入れてますけど、そっちの最初の映像を見ると、なんか初々しいぞって思うんですよ。『We are Innocent』が初々しいぞって。Zeppとは全然違いますね。

──Zeppの『次の駅まで』は堂々としていて、名曲の風格がありましたよね。

菅原:(笑)どっしりしてました? ありがとうございます。

──野音のライブはアルバムをリリースした直後でしたよね?

菅原:リリースして3日でした。

──それでもお客さんに新曲が浸透しているという光景は、素晴らしかったですよね。

菅原:演奏していて感じたんです。最初のほうに『Trigger』が入ってますけど、イントロが始まった瞬間に客席がワッってなって、すげー聴いてから来てくれているんだなって思いました。イントロでわかるんだなって。始まった瞬間の映像が良い感じで、個人的にすごく好きなんです。

──Zeppでの、フラッグが上がっていく感じもすごく良いですよね。

かみじょう:あれ、裏で俺たちが上げてたんです。「右はえー!! もうちょいゆっくり!!」って言いながら。ガムテで止めてから「よし、行くぞ!」って(笑)。

滝:俺たちが出る時も上がってたじゃん(笑)!

──シンボリックな物として常にありますよね?

滝:いつ頃からかは忘れてしまったけれど、ライブのお友達ですね。

菅原:いろんなサイズがあるんです。ライブハウス用とか大きい会場用とか。これからもっと大きい会場用ができたら良いね。

──映像は個人のアップも楽しめますけど、かみじょうさんの手元を見るとすごいですよね。あれはライブDVDじゃないとわからないし、Zeppのスティックさばきも絶妙でしたね。

かみじょう:実は映像をいじってあるんです。本当は回してないです(笑)。一コマ一コマ俺の手を繋げてもらっているんです。…内緒にしてくださいね(笑)。

──(笑)あれはこういう映像で見られる醍醐味ですよね。

かみじょう:お客さんからは見えないですからね。…真面目に言ってすみません。

滝:何も悪くないですよ(笑)。

──初めてスティックを回したのは、“VAMPIRE EMPIRE TOUR 08/09”になるんでしたっけ?

かみじょう:Zeppの12月28日に焦点を当てて、ここまでに練習しようって。

中村:だから最初の頃はあまり上手くないんです(笑)。

滝:盛岡の『Discommunication』は、微妙にテンポが遅いんですよ(笑)。

菅原:ツアーの最初のほうは、それをやるとグルーヴ感が変わるからやってほしくなかったんですけど(笑)、面白いからやってもらっていたんです。かみじょうくんが、「やったほうがいい?」って言ってきてる間は「任せるよ」って言ってたんですけど、うまくなってきてからは、みんなで「もうやらなくていいよ」って(笑)。

かみじょう:下手くそなうちはおもしろがってくれたんですけど、上手くなったら興味がなくなったみたいで。

中村:そうそう。スリリングじゃなくなってきたから。

菅原:曲が始まった瞬間3人ともかみじょうくんを見ちゃうという、スリリングさがあったんですよ。

滝:事故を期待してたから(笑)。

──上手になったってことですね。

かみじょう:みなさんのお力添えで…。

滝:盛岡の『Discommunication』の絶妙な遅さは楽しいですよ。テイクはすごいいいんだけど…。Zeppと比べると全然突っ込めてない(笑)。

かみじょう:最初はあまりにも下手だったので、カット入れないで下さいってディレクターにお願いしたんです。

──ライブハウスの映像を見ると、最前のお客さんがすごく辛そうな表情も見えましたが…。

菅原:どんどんアクロバティックになっていくお客さんとかいますよ。

滝:ひどい時は最前のお客さんが全員頭をもたげてる時もありましたね。押されすぎてて若干辛くなって休憩してたんだと思います。

菅原:お客さんが増えてくれてとても嬉しいですが、ライブ中は何をしても良い訳じゃないですよね、周りに迷惑をかけないとか。ライブ中だけじゃなくて普段から守らなきゃいけないことってありますよね。人が嫌がることをしないって事を守って楽しんでもらいたいです。少なくとも怪我はしないでくれって思いますよ。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻