Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】BUGY CRAXONE(2008年2月号)- すばらしいこの世界にGood morning!すべてのPunk Loversに捧げる至上のロックンロール!

すばらしいこの世界にGood morning!すべてのPunk Loversに捧げる至上のロックンロール!

2008.02.01

同郷の大先輩からの有益なアドヴァイス

──なるほど、その意味でも“中立”なのかもしれませんね。ちなみに、レーベルのオーナーはどれくらい本作に関与されているんですか?(笑)

鈴木:レコーディングには割と頻繁に足を運んでくれて、「イイじゃん! イイじゃん!」と(笑)。

笈川:増子さんは褒めるのが上手いんですよ。そういうところも憧れるんです。人の良いところを瞬時に見抜いて、ズバッと言い切りますからね。あれは凄い。

──歌に関してアドヴァイスをしてくれたりとかは?

鈴木:そういう直接的なことよりも、2、3テイクある中からどれが一番良かったかを言ってもらったりとかですね。「この部分はこっちのほうが良くない?」とか、そういう意見を伺いました。でも、結構こっちの我を通してしまったんですけど(笑)。「その部分はこっちを使うと泣きに聴こえるのでイヤです」とか(笑)。

笈川:増子さんは歌入れの時に結構来てくれて、バックの時は(上原子)友康さんがほぼ毎日来てくれたんですよ。友康さんは楽器の置き所や音色の持って行き方とか、細かいことを教えてくれましたね。ヘンな話なんですけど、友康さんに「笈川君、あのギター・ソロはないよねぇ」って言われる夢を見たことがあって(笑)、その次の日にトラック・ダウンをしている時に友康さんが「このギター・ソロ、イイよねぇ」って言ってくれたんですよ。夢でダメ出しされたギター・ソロを褒めてもらったので、凄くホッとしたんですよね(笑)。あれはびっくりしました。

鈴木:コーラスをいろいろ試して録ってみたんですけど、結局要らなくてエンジニアの方に手間と時間を取らせてしまったことがあったんですよ。その話を友康さんにしたら、「コーラスが要らないのは、その役割をギターがちゃんと果たしているからなんだよ」って音楽理論に則った解説をしてくれて、かなり衝撃的だったんです。私はコーラスが余り好きじゃなくて、自分の好みで歌一本に執着しているんだろうなとずっと思っていたから、友康さんにそう言ってもらってちょっとホッとしたんですよ(笑)。

笈川:由紀ちゃんの声を重ねたのもほとんどなくて、ライヴでやっているのと同じ感じと言うか。いろいろ試してはみたんですが、一番しっくり来るのはやっぱりシンプルな形だったんですよね。

──歌もサウンドも、極限までシンプルに削ぎ落とすことがひとつのテーマだったんですか。

鈴木:いや、せっかくレーベルも移籍したことだし、いろいろやってみようという気持ちは最初に凄くあったんですよ。コーラスもそうだし、ピアノを被せてみたりとか。でも、結果的にはそういうのも要らなかったんですよね。やる気はあったのに、愕然としましたよ(笑)。(笈川に向かって)鍵盤は“しゃらくさい!”って感じだったよね?

笈川:うん。頭の中ではハマっていたんですけど、いざ鍵盤を入れてみたら全然要らないな…と思って。

──大らかでメロディアスなクリスマス・ナンバー「No.9 Punk Lover」で鍵盤を合わせてみようと思ったんですか。

鈴木:そうです。

──やっぱり。鍵盤とは相性が凄く良さそうな曲ですけどね。

鈴木:ええ。でも、やるなら思い切りゴージャスにやらないとダメだなと思って。凄く中途半端だったのでやめました。

──「No.9 Punk Lover」の“No.9”は9曲目ということもあるんでしょうけど、歌詞に出てくる「第九」(ベートーヴェンの「交響曲第9番」)と掛けているんですよね。9という数字は、鈴木さんにとってラッキー・ナンバーなんですか?

鈴木:いえ、全然。“ナイン”っていう響きは好きですけどね。「第九」という言葉が凄く好きで、曲自体も好きなんです。この1年ほど、この「第九」とかクラシック音楽を自分が好んで聴いているのに気付きましたね。普段からごくごく自然に頭の中で鳴っていますし。

──“Punk”という言葉をストレートに用いるのも、これまでには見られなかったことですよね。

笈川:そう、だから最初は“いいのかな?”って思いましたよ。自分はパンクに対して思い入れが凄く強いし、クラッシュやモッズとかが音楽体験の入口としてありましたから。でも、アルバムが完成してから“Punk”という言葉を出してもいいなとようやく自分の中で判断できたんです。その言葉を使えた嬉しさも素直にありますね。

──パンクの洗礼を受けた思春期ならともかく、真正面から対峙するのに少々気後れする言葉ではありますよね。

鈴木:確かに。自分がパンク・ロッカーだとは全然思ってないし、パンクが好きで憧れているというポジションが心地好いという感じですね。

──パンクの精神性を身に宿しているというニュアンスなんでしょうね。そんなアティテュードがなければ、“モラルキチガイ”なんて言葉(「DA・DA・DA」の歌詞)は出てこないでしょうし(笑)。

鈴木:それは、知り合いの人が笈川君づてに私のことを評した言葉なんですよ。

笈川:由紀ちゃんのことをその人に話していたら、「その人、“モラルキチガイ”だね」と(笑)。

鈴木:その言葉を聞いて、凄く言えてるなと思って。私、自分でもイヤになるくらいのモラリストなんですよ。人様に迷惑を掛けたくないんです、絶対に。

このアーティストの関連記事

Good morning, Punk Lovers

Northern Blossom Records BNBR-0001
2,300yen (tax in)

amazonで購入

01. Come on
02. FAST
03. Good day
04. くたばれ センチメンタル
05. グリンゲーブルス
06. How are you?
07. Hello
08. DA・DA・DA
09. No.9 Punk Lover

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻