Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】六畳人間(2007年8月号)- 今秋発表の新作へのカウントダウンに乗じて新企画始動! Rooftopは六畳人間を応援します!

今秋発表の新作へのカウントダウンに乗じて新企画始動!Rooftopは六畳人間を応援します!

2007.08.01

今年初頭に『夢の万祝』という近年稀に見る高いポテンシャルに満ちたアルバムを発表した六畳人間〈ろくじょうひとま〉。2月、3月と2ヶ月連続で渋谷屋根裏で行なった自主企画『If 6 Was 9』は、らぞくとネクラポップ、PANICSMILEとmooolsというアクの強い先輩バンド達をそれぞれゲストに迎えながら、ロックのダイナミズムと幻想的な世界観が同居した自身の音楽を堂々とオーディエンスに見せ付けた。そんな彼らが11月に発表するニュー・アルバムのレコーディングに入るとの情報を本誌はキャッチ、今号からリリースまで毎月彼らの足取りを追うことにした。今月は本誌2月号以来の登場となるので、『夢の万祝』発表後の周囲のリアクションから近況までをゆるりと訊いてみた。(interview:椎名宗之)

六畳人間的トピックス「家が燃えました」

──今年1月に2ndミニ・アルバム『夢の万祝』をリリースして以降、ライヴに臨む意識も変わってきたんじゃないですか。

高尾 諭(g, vo):アルバムが出た直後よりも、4月くらいに普段対バンできないような方達と一緒にやらせて頂いた時から変わりましたね。とにかくお客さんを楽しませるためにちゃんとお客さんと向き合わなきゃと思って。それまでは自分達が楽しけりゃいいやっていうところがあって、演奏が終わったら後ろを向いたりしてたんですけど、ちゃんとお客さんのほうを向くようになったりして。

──それは大きな進歩じゃないですか!

高尾:そしたら、多少前よりはウケが良くなった気がしますね。やっぱり前を向いてると反応がちゃんと判るし、お客さんもちゃんと見てくれると思うんですよ。地方に行った時は手拍子なんかも起こったりして。

杉原考祐(b):あれは嬉しかったですねぇ…。

高尾:ちょっとしたアイドル気分で(笑)。この間の東京のライヴでも、新曲で手拍子が起こって。

──あ、もう新曲も披露してるんですね。手拍子したくなるような曲なんですか?

高尾:いや、全然(笑)。まぁ、リズムが一定の曲なんで、手を叩きやすいのかもしれないですね。

──新曲はすでに何曲くらい披露しているんですか。

高尾:ライヴでは5、6曲ですね。

──曲作りはコンスタントに?

高尾:僕はバイトを休んででも曲を作ってますね。曲が出来そうだなって思った時はバイトを休んで。

──バイトに行く直前にフレーズが浮かんできた時とか?

高尾:いや、僕は浮かんできたりとかはないんで、“今日バイト行きたくないなぁ…曲でも作るか”みたいな(笑)。“雨降ってるしなぁ…”とか。それでいい曲が出来たら、休んだ口実になるし(笑)。

──完全に現実逃避じゃないですか(笑)。でも、実際いい曲が出来ているんですね。

高尾:そうですね、着々と。

──11月にリリース予定という新作は、『夢の万祝』の延長線上にある感じですか?

高尾:アレンジとかはまだどうなるか判らないんですけど、でも自分達っぽいとは思いますね。まだ余り考えてないんですけど。レコーディングの時にもうちょっと詰めて考えようかなぁ…と。

──ライヴで演奏して反応を見ている部分もありますか。

高尾:最近はそうですね。ここ2ヶ月くらいはレコーディング仕様で演奏してる曲もあります。

──『夢の万祝』を発表してから、ライヴのオファーもかなり増えたんじゃないですか?

高尾:いや、全然ないですね(笑)。

──(笑)じゃあ、周囲の状況はさほど変わらず?

伊藤良貴(ds):変わらないですねぇ。ライヴして、スタジオ入って、ライヴして…みたいな。「お客さんもっと来ないかなぁ」っていつも言ってますよ。

──…何か読者が関心を持てるような出来事とかありませんでしたか?(笑)

杉原:関心が持てることですか? …あ。僕、家が燃えたんですよ。

──エッ!? ホントですか?

杉原:アパートの上の階の人がボヤを起こして…この続きはまた来月!

一同:(笑)

杉原:そんな引っ張れる話じゃないですけど(笑)。バイト先に「家が火事だよ!」って電話が掛かって来て。結局ボヤで済んで燃え広がりはしなかったんですけど、消火活動で浸水してしまって。家の中に滝が出来たんですよ(笑)。

──それは大変でしたねぇ…って、音楽とは一切関係のない話ですけどね(笑)。高尾さんと伊藤さんは最近何かありました?

高尾:僕は、雨が続くんで家から出ない率が高くなったかな。

伊藤:特にないですね。普通ですよ。年齢との戦いになってきたな、っていうくらいで(笑)。

高尾:そろそろ解散かな、みたいなね(笑)。

──それは困りますよ!(笑) 個人練習をしたりとかは?

高尾:それぞれやってますよ。

──じゃあ、それがライヴで活かされたりとか。

高尾:でもそれはやっぱり自分達じゃ判らないし、人が判断するところですからね。だから毎回観に来てくれる人がたくさんいたらいいのになぁって(笑)。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻