Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】namidacoat(2007年6月号)- バンド名をSWEEPからnamidacoatに変え、"最高のわかりやすさ"を求めて新たな一歩を踏み出した!

バンド名をSWEEPからnamidacoatに変え、“最高のわかりやすさ”を求めて新たな一歩を踏み出した!

2007.06.01

今できることをひとつずつ

──今後の予定は? 6月からツアーもありますが…。

鳴海:ステージは自分が描いているものにまだ全然たどり着けてないので、もっとそこに近づけられたら最高かなと思うんですけど。

──ステージに出る前っていうのはどんなことを想像しているんですか?

中川:僕めっちゃ緊張しいなんですよ。寝るときとか普段はステージを想像しますけど、直前はワーってなってるんで考えてません。ライブは好きなんですけど、直前は緊張しすぎて帰りたくなるんです。SEがかかったらスイッチが入るんですけどね。

秋山:そこがわかっているから、中川がワーってなると俺らもそろそろ本番だって(笑)。合図です。

──(笑)皆さんの今後の目標とかあります?

神田:イメージするのは、どんなライブでも自分らを見に来てくれたお客さんがいっぱいいて、お客さんの体が揺れてるとか、そういうのを早く味わいたいですね。

中川:バンド名も変わったばかりなので、とりあえず『namidacoat』を多くの人に聴いて頂きたいし、覚えて頂きたい。レコ初ツアーで大きい箇所を回りますけど、世の中にnamidacoatを広めたいですね。その課程として今できることをひとつずつ。

鳴海:4人が思ってる“こうなりたい”っていうことは一緒だと思いますけど、そこに向かう課程で自分ができること、ライブの時にしても練習にしても自分ができることをすればいいかなと。それが次につながって大きいモノになっていけば。

秋山:だいたい一緒ですけど、ライブはやるのも見るのも大好きで、歌を聴くのも大好きだし、そういうので勇気もらったり、歌に助けられることがあるから、俺らのライブを見て一人でも明日からがんばろうって思ってくれたら嬉しいなと思いますね。

中川:まあなかなか知らないバンドのCDって手に取ってくれないと思いますけど、もし『namidacoat』が目に入ったら一人でも多くの人が手にとってくれるだけでも嬉しいですね。それでライブでお会いできたら最高ですね。

──ライブとCDは違いますからね。あんなに気持ち悪いダンスは想像していなかったですから!

中川:小学校の時にとんねるずを見てそこからですかね。気持ち悪いか…。

──…おしゃれだと…思いますよ…。

中川:いや、思ってないでしょ(笑)!

ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻