Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートソロアイドル・寺嶋由芙、様々な表情で魅了した、生誕ワンマンライブ無事終了! 夏女の本領発揮!

ソロアイドル・寺嶋由芙、様々な表情で魅了した、生誕ワンマンライブ無事終了! 夏女の本領発揮!

2022.07.16

寺嶋由芙①.jpg

寺嶋由芙がソロになって9回目となる生誕ワンマンライブ『寺嶋由芙生誕ライブ2022〜わたしより張り切っている横顔に祝われながら夏がはじまる〜』をTOKYO FMホールで開催した。
 
ステージ後ろのスクリーンには、江ノ島のスナップ写真が映し出され、打ち上げ花火が夏の到来を告げるようにライブタイトルに変わると、涼やかに登場した寺嶋の「行くよー!」の一声でパーティーはスタート。スクリーンに現れた夜空の三角形をバックに「恋の大三角関係」を可憐に歌い踊るステージの寺嶋に対し、満員御礼の客席からコールの代わりのリズミカルなクラップが鳴り響く。
 

寺嶋由芙②.jpg

「“ゆっふぃー”こと、寺嶋由芙でーす」と、集まってくれた“ゆふぃすと(=ファンの呼称)”への感謝を述べつつ「冬みたい、夏なのに」へ。所属レコード会社の大先輩である歌手、菅原都々子から譲り受けたドレスを纏い、これぞ正統派アイドルというべきステージを展開していく。
 

寺嶋由芙③.jpg

「ここからまたみんなと一緒に新たな物語を作っていきたい」と語り、椅子に座り手にした本を読むように「仮縫いのドレス」を優しく歌う。続く「Last Cinderella」では深夜のハイウェイ映像を背に、座っていた椅子を使ったクールなパフォーマンスを見せた。
怒髪天からの提供曲「夏'n ON-DO」では祭囃子に乗せて法被を着た“テイチク盛り上げ隊”とともに茶目っ気たっぷりに舞い、「いい女をよろしく」では打って変わって“いい男ダンサーズ”を両脇にいい女っぷりで魅了。会場一体となる振りを扇動して熱気を上げていく。かと思えば、寺嶋の敬愛するゆるキャラたちとゆふぃすと有志のTikTok映像を交えながらの「ラブ*ソング」、オリジナルキャラクター“だいふく”による太鼓ゲーム風映像で大いに沸いた「ねらいうち」など、自ら「情報量多っ!」というほどの自由闊達なこの振り幅こそ、アイドル・寺嶋由芙の真骨頂だ。
 

寺嶋由芙④.jpg

「(生誕ライブを)来年無事に開催できたら10回目になるので、みんなで健康寿命を伸ばして末長くよろしくお願いします」とあらためて感謝の意とこれからを約束。「#ゆーふらいとII」では『悪いけど思ってらっしゃるよりずっとわたしに好かれてますからね、きみ』といった寺嶋からゆふぃすとに送る、溢れすぎる愛とウィットに富んだ短歌が次々と映し出され、場内からは思わず漏れる笑い声とその愛に涙を浮かべる人も見かけた。
 

寺嶋由芙⑤.jpg

ラストは撮影OKの「サバイバル・レディ」。寺嶋は客席に降りて隅から隅まで練り歩き、ゆふぃすとへいっぱいの愛を振り撒き、ゆふぃすとからいっぱいの愛をもらって本編を終えた。
黄色のペンライトに迎えられたアンコールは、寺嶋楽曲を多く手掛ける宮野弦士が登場。アコースティックギターで「あたらしいわたし」、ピアノで「君も好きだったんだね、夏」と、宮野の生演奏でしっとりと歌いあげた。
 

寺嶋由芙⑥.jpg寺嶋由芙⑦.jpg

鳴り止まぬ拍手に迎えられたダブルアンコール、「ぼくらの日曜日」でこのパーティは終了した。多様化するアイドルシーンの中で、古き良き王道スタイルを貫き通す、まじめアイドル寺嶋由芙のスタイルは貴重でもある。何よりも寺嶋はファンのことが大好きで、ファンも寺嶋のことが大好き、そんなお互いの愛を確かめ合った、相思相愛の生誕パーティーであった。

Live Info.

Beat Happening!未来POP MUSIC!

2022年7月19日(火)開場 17:40 / 開演 18:00
東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

TOKYO青春映画祭Live2022夏

2022年7月24日(日)開場 12:00 / 開演 12:30
東京・神田明神ホール

TOKYO IDOL FESTIVAL 2022

2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
※寺嶋由芙は5日(金)、7日(日)の2日間出演します

シンビジフェス vol.1・vol.2

2022年8月13日(土)
◉Vol.1:開場 11:30 / 開演 12:00
◉Vol.2:開場 17:00 / 開演 17:30
大阪・LIVEHOUSE ANIMA

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻