Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー松田"CHABE"岳二 - まだ色の付いていないFlowers Loftで実験的に楽しいことができれば

まだ色の付いていないFlowers Loftで実験的に楽しいことができれば

2022.08.01

 LEARNERSなどのバンド活動のほか、DJ、プロデューサー、kit gallery主宰として幅広く活躍する松田"CHABE"岳二。8月21日(日)に、彼が主催するイベント『CHABE presents TWINKLIN' SOMETHING Vol.6 SUMMER SPECIAL』が下北沢 Flowers Loftで開催される。その中身とイベントの今後について直撃インタビューを決行!(interview:きなこ / Flowers Loft副店長)

みんなで夏祭りみたいなものをやれたらいいなーと思って

──敢えてイベントの内容を全く知らずに来たのですが、どんな内容になりそうですか?

CHABE:弾き語りが、僕と渡邊忍(ASPARAGUS)、田上くん(TGMX / FRONTIER BACKYARD)、たかもっちゃん(高本和英 / COMEBACK MY DAUGHTERS)、鈴木健介(Salsa)の5名。DJがKeishi Tanakaと、山口タカヒロ(TKHRNIW)。

──めちゃくちゃ豪華ですね!

CHABE:なんかね、みんなで夏祭りみたいなものをやれたらいいなーと思って、そろそろ会いたいよねっていう人にちょっとずつ個別に声をかけていたら、「いいっすね」という感じで同意してもらえて、「集まろうか!」みたいな。何となくね、せーので会う機会が前はいっぱいあったんだけどコロナでなくなったんで、みんなに会ってわちゃわちゃ飲んだりできたらいいなと思って。

──皆さんに会うのは久しぶりですか?

CHABE:僕は個別にはみんなと会ってるんだけど、多分みんなもそうだと思う。でもこの感じでバンって会うのはなかなかないので、僕的には嬉しいなーと。

──皆さんコロナ禍でなかなかライブもしづらかったでしょうしね。

CHABE:ワンマンとかさ、2人ぐらいの弾き語り企画とかもけっこうあるだろうから、何となく予想で8月だったらちょっと大きめにやってもいいかなーと思って組んでたんだけど、みんなに連絡した直後くらいから(コロナ感染者が)爆増し初めて、でもまあ、やろうかーという感じで。チケット販売数はちょっと少なくしなきゃいけないかもだけどね。この8月に入ってから、みんな夏フェスとかあるだろうし、どういうふうになっていくのかなーみたいな様子を見ながら販売数を決めようと思ってる。

──このイベントを始めようと思ったきっかけってあるんですか?

CHABE:昨年は自主企画みたいなものをほとんど打っていなくて、LEARNERSもほとんどやってなくて、誘われたものと配信だけだったんだけど、年明けてちょっと弾き語りをもう一回やろうかなーと思って。それをやると、いろいろなものにフィードバックしていくことがあって。たとえばマイブームの弾き語りの曲とかがLEARNERSの曲に発展していったり、「あー、こんな曲やってみたいな」って思うものが次のことに繋がったりするんで。あとは、もうちょっと上手くなりたいな、みたいな。

──(笑)

CHABE:やっぱりね、練習するより本番やるのが一番上手くなっていくんで。それで、Flowers Loftで飲んでいたときに「弾き語りだったらここ使いやすいんじゃないかなー」と思って、ちょっと始めてみようかなと。(2021年の)年末ぐらいに決めたんじゃないかなー。それで3月スタート。

──それじゃあ、すぐに「やりましょう!」って感じで決まったんですね。

CHABE:うん、第3木曜日のレギュラーでやって、仕事後にみんな一杯飲みに来てほしいなというのと、面白い組み合わせが作れたらいいなーと思ってるんだけど、結局まだ6回ぐらいで、意外な組み合わせがまだできてないかもしれない。それはこの先かなーって。

──たとえば、誰を呼んでみたいですか?

CHABE:曽我部くん(曽我部恵一)とか、奇妙くん(奇妙礼太郎)とか呼んでみたいなーと思っていたり、いろいろ声かけたいなと思う人はまあまあいて、タイミングでどうしようかなという感じです。

──これからもどんどん新しいアーティストを入れつつ、お店を盛り上げてほしいですね。

自分で絵を描き始めたのが、このイベントの一番の収穫

CHABE:今回、企画を始めて一番良かったなと思うことは、フライヤーのデザインを人に頼まないようになんとかできないかなと思っていて、ある日思いついたのが、「僕が毎回絵を描いてみよう」っていうので、それがとにかく一番の収穫だったなと。

──イラストレーターの方が描いたようなクオリティですよね。

CHABE:まだへたっぴなんで(笑)。でもやってみたらこういうことできるんだーって自分に驚いたというか。そもそも絵具を買うところから始めたんで。全く興味なかったというか、自分で描く動機がなかった。むしろkit galleryで展示してあげるほうだったから。描いてみたら、絵を描く人の凄さがより分かったし、「こういうところがうまかったんだ」とか、やってみると分かることがけっこうあって、全然音楽とは関係ないんだけど、絵を描いたっていうことがこのイベントの収穫かな。

──CHABEさんのやりたいことが詰まった企画ですね。

CHABE:うん、そうね。やってみたかったのかなー。なんとなくデザインの延長なんだけど、いつも僕の周りにいるグラフィックデザインをやっている人にフライヤーのデザインをお願いしていて、それの下描きを描いたりするんだけど、「やっぱり自分で描いたほうがいいかな?」って今年の2月くらいにふと思い、まずは絵具を買って帰って、そしたらすぐロシア、ウクライナ問題とか出てきて、「なんだ、こういうタイミングだったのか」と思って描く題材も落ちてきたというか、描きたいものが増えてきたっていう感じ。たまたまなんだけど。

01.jpg

──描かれた絵は、イベントで展示した後はどうされているんですか?

CHABE:全部kit galleryに保管してあって、今ね、実は11枚あって。巻で描いてたつもりなんだけど、イベントのフライヤーに合わないものもあるので。たとえば選挙のための“VOTE”とか描いたんだけど、あれは別にフライヤーで使うために描いてないからちょっと寄り道しちゃって、今ちょうどぴったり8月分描き終えて、ストックがない状態。またすぐ9、10、11月分を描かなきゃいけないんだよね。

──ちなみに、9月のイメージはもう降りてきてるんですか?

CHABE:なんにも考えていないですね、まだ。どうしようかな? 9月はまだ出演者が決まってなくて、一度コロナでキャンセルになった人がいるので、リベンジを9月か10月に持っていきたいんだけど、タイミング次第かなー。

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Flowers_20220821.jpeg

CHABE presents TWINKLIN’ SOMETHING Vol.6 SUMMER SPECIAL
LIVE:松田“CHABE”岳二 / TGMX / 渡邊忍 / 高本和英 / 鈴木健介
DJ:Keishi Tanaka / TKHRNIW / and more...
FOOD:光の森 / SANDWICH CLUB
2022年8月21日(日)下北沢 Flowers Loft
OPEN 17:00 / START 17:00
当日¥3,000(ドリンク代別途)
チケット予約はこちら
問い合わせ:Flowers Loft 03-6407-9520
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻