Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューmasasucks / FULLSCRATCH - 盟友・VDXと共に開催する念願のFlowers Loft初ライブは"face to face"のコミュニケーション空間

盟友・VDXと共に開催する念願のFlowers Loft初ライブは“face to face”のコミュニケーション空間

2022.07.09

やってることはずっと変わらないし、変われない

──素人の感覚なんですけど、FULLSCRATCHと並行していろんなバンドをやり続けると混乱しませんか。それぞれ求められるものが違うような気がするんですけど。

masasucks:そうでもないですよ。たとえばギターをガン!と鳴らすアンプの音量に大きな違いはないし。アイドル・グループのギターを頼まれることもあるけど、アイドルだからって小さい音で爪弾くわけでもないし。

──サポートをする上で気に留めていることってありますか。

masasucks:ステージ上で余計なことは言わないとか。下ネタは言わないとかね(笑)。

──もっとギターの技術的なことかと思いましたけど(笑)。たとえばthe HIATUSとかはどんな感じで声がかかったんですか。

masasucks:ちょうどFULLSCRATCHが復活して、Jさんのバンドでけっこう動いてる頃だったのかな。タケちゃん(細美武士)のやってるELLEGARDENが休止になるということで、タケちゃんとは飲み友達だったから相談を受けたんです。また新しく自分でバンドをやりたいって。それこそ下北沢で2人で会って話をしましたね。ELLEGARDENがオーバーグラウンドで成功するちょっと前に大宮で対バンしたり、つながりがあったんですよね。

──ELLEGARDENは千葉出身で、本八幡THE 3rd STAGEをホームグラウンドにしていましたよね。

masasucks:千葉といえば、VDXのドラムのIkioがCHANGE UPってバンドをやってて、FULLSCRATCHが東京に出てきてからCHANGE UPとよく一緒にライブをやってたんですよ。ツアーを一緒に回ったりとか。それが回り回ってこうしてまた一緒にやれるのは腐れ縁というか何というか(笑)。

──30年近く同じことを頑なにやり続けるのは純粋に格好いいですよ。どうしても解散したり活動休止するものじゃないですか。

masasucks:やってることはずっと変わりませんからね。変わらないというか、変われないというか。酒の席でイベントを一緒にやろうと話になるのも変わらないし(笑)。

──その意味でも打ち上げって大事ですよね、やっぱり。

masasucks:コロナ禍のこの2年は自由に打ち上げができなかったので、余計にそう思いますね。行政の立場ではこのご時世にみんなで集まって酒を飲むなんてけしからんってことになるのかもしれないけど、俺らバンドの立場で言えばライブが終わったら対バンの連中と一緒に酒を飲みながら向かい合って話をして、そこで新しいアイディアが生まれるのは大切なことなんですよ。

──人と人が向き合ってこそ生まれるものってありますからね。

masasucks:そう、だからこそ“face to face”なんです。いいタイトルでしょ?(笑)

──凄くいいです。僕はFace to Face(バンドのほう)も大好きなんで。3rdアルバムまでは全部唄えますし(笑)。でもやっぱり、メロコアっていいですよね。

masasucks:なんかこう、“青春感”みたいなものがあるんですよね。

IMG_5914.png

▲Flowers Loftの店長、“じゃいあん”こと菅原雄とmasasaucks

──ライブハウスで働いていて結局、何が楽しいのかと言えば、そこにいる人たちが最後に必ず笑顔になることなんです。狭い地下室が笑顔でいっぱいになるじゃないですか。それが最高だし、自分もお客さんが笑顔になって帰ってくれるようなブッキングを心がけているし、特にメロコアって人を笑顔にさせる音楽だと思うんです。

masasucks:パンクロックが好きなお客さんやいわゆるメロコア・キッズとかって、総じてテンション高いですよね。それは国も世代も関係ないし、そこがいいところだと思うんですよ。

──だからこそVDXとFULLSCRATCH、それにOWEAKも出る“face to face”には期待しかないんです。

masasucks:その期待を裏切らないようなライブをしないと(笑)。俺、ロサンゼルスが好きでちょいちょい行ってるんですよ。仕事でロサンゼルスへレコーディングしに行ったこともあって、ある日、仕事を終えて宿に帰るときにサンセットブルバードの前を通ったらパンク・キッズがひしめき合うように集まってて。その中の一人に「お前、チケット持ってるか? 俺はここに入りたいんだけどチケットがなくて困ってる」と話しかけられて、「こっちは仕事で前を通っただけやからチケットは持ってないけど、誰のライブなの?」って訊いたら、DEAD KENNEDYSだったみたいで。逆に俺もチケットを買って入りたいねんけどって(笑)。そうやってパンク好きはすぐに打ち解け合えるっていうか。そのチケット代も安くて、確か18$とかそんなんやったのかな。

──それは安い!

masasucks:俺らがFULLSCRATCHをムキになってやってた頃、チケット代は1,500円に抑えてたんですよ。さすがに今はそこまでできないけど。

──今はキャパを制限しているので、チケット代が高くなるのはある程度しょうがないところもあるんですよね。申し訳ない部分も多々あるんですけど。

masasucks:今は消費税も高いですからね。ドリンクの値段も上がってますもんね?

──少し前に500円から600円になりました。個人的にも値上げは心苦しかったです。

masasucks:チケット代が1,500円、ドリンク代が500円っていうくらいが良かったんですけどね。Tシャツがせいぜい1,800円とか。当時はマクドナルドのバイトの時給が800円とかそんな時代。今やその時給も千なんぼでしょ?

── 一応、ロフトグループもバイトの時給が1,000円以上なんですよ。

masasucks:俺が高校1年の頃、天王寺にある不思議の国のアリスってライブハウスで働いたことがあって、そこの時給は500円でしたよ。取っ払いで500円。午後3時から夜の9時まで働くから6時間、だから3,000円もらえたのかな。レジから現金でね(笑)。

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

220723flyer2.jpg

VDX & FULLSCRATCH “face to face” Tour 2022 Final in Tokyo
ACT:VDX / FULLSCRATCH / OWEAK
DJ:MORICAWA(Low-Cal-Ball / COCKTAIL)/ Kazu(DUALITY)
2022年7月23日(土)下北沢 Flowers Loft
OPEN 18:00 / START 18:00
前売¥3,000 / 当日¥3,500(共にドリンク代別)
※チケット購入はこちら
問い合わせ:Flowers Loft 03-6407-9520
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻