Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー奥野壮(俳優) -『灰色の壁-大宮ノトーリアス-』物語の流れの中で感じたことを素直に出していきました

奥野壮(俳優) -『灰色の壁-大宮ノトーリアス-』物語の流れの中で感じたことを素直に出していきました

2022.02.24

 たった一言から大きく人生が変わってしまい、今までの罪の代償として壁の中に囚われてしまった男の物語『灰色の壁-大宮ノートリアス-』。実際に起きたことを元に描かれた本作。一人の男が犯した罪の重さからの後悔、裏切りによる絶望、どん底から再起する姿を真に迫った演技で吉田正樹を演じた奥野壮。映画初主演となる本作で吉田正樹という一人の男の半生に向き合ったのかを伺いました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

挑戦したい楽しみたいという気持ちの方が勝っています

 
――『灰色の壁-大宮ノトーリアス-(以下、灰色の壁)』は奥野(壮)さんの眼力を感じる作品でした。
 
奥野(壮):ありがとうございます。
 
――作中ではアウトロー的な要素も持つ役柄で威圧感もあるキャラクターでしたが、実際は優しい雰囲気なので安心しました(笑)。
 
奥野:安心してもらえてよかったです(笑)。
★メインre.jpg
――映画初主演となる作品ですが、プレッシャーはありましたか。
 
奥野:もちろんプレッシャーはありました。それだけでなく観てもらえるだろうかという不安もありました。その不安は今もありますが、挑戦したい楽しみたいという気持ちの方が勝っています。
 
――ポジティブな気持ちの方が強かったんですね。主演という事で陣内(孝則)さんなど先輩を引っ張っていくことになりますが。
 
奥野:引っ張っていくというよりはチームの一員としてみんなで作っていくという感じでした。僕が一番年下だったので、むしろ助けていただいた形です。
 
――先輩というのもありますが、見た目や役柄的に厳つい人ばかりですが怖くなかったですか。
 
奥野:この人たちに対峙するのかと思うと怖かったですね(笑)。現実では睨み返せないです。
 
――最後は組に単騎で乗り込んでいますから役とはいえ度胸がいりますよね。
 
奥野:馬鹿なんですか僕には想像がつかない人物ですね、吉田正樹(以下、正樹)は。
 
――私の感じた吉田正樹像は暴力的なところはもちろん怖いんですが、真っ直ぐな人でもあるなと感じました。
 
奥野:本当にそうです。一貫して筋の通ったことをしているので、嫌な奴男ではないです。
 
――刑務所内でも自分が暴行を受けている時は堪えいましたが他の人にその矛先が向いた時には知恵を対抗していましたし、服役するのも仲間に被害が及ばないためなので、その姿を観るとこれだけ真っ直ぐな人でもこっちに行ってしまうことがあるんだなとも思いました。
 
奥野:真っ直ぐな人ではありますが、服役するというのは今まで暴力で支配してきたことが自身に返ってきた部分があると思います。
サブ2re.jpg
――そうですね。それでも、根っこはしっかりしているからこそ陣内さんが演じる杉山もそれに気づき手を差し伸べたんだと思います。杉山は正樹が落ち込んで自暴自棄なった時も見捨てずに救い上げていますから。最近ではここまで男臭いドラマというのもあまりないですね。
 
奥野:少なくなっていますね。こういう題材を元に描かれる作品も少ないので、そういう意味でも新しい映画かなとも思います。

凄く楽しくて、有意義な経験

――実話を元にされた作品という事ですが。
 
奥野:はい。映画なのでもちろん脚色もありますが、実際の事を元にしている部分がかなり多い作品になっています。
 
――そうなんですね。それでは、なおのこと役作りに力が入りますね。
 
奥野:そうですね。モデルとなった吉田正樹さんご本人にお話を聞かせていただいて役を作っていきました。
 
――モデルの方にも実際に会われたんですね。
 
奥野:吉田さんにはプロデューサーとしても本作に入っていただいています。実際にご本人に当時の気持ちをお伺いして、それを役に落とし込んでいきました。凄く楽しくて貴重で、有意義な経験ができました。
 
――実際の吉田さんはどんな方なんですか。
 
奥野:気さくで優しいイケメンのおじさんまでした。
 
――吉田さんのご家族にもお会いされたのですか。
 
奥野:はい。奥さんにもお会いしました。娘さんにはくるみ役でご出演をいただいています。
 
――時間経過がかなりある作品ですね。
 
奥野:そこが一番難しかった点でした。僕は撮影当時19歳だったので、妻が居て子供が居てというのはなかなか想像しづらいところでした。正樹の過ごした時間、それによる心情・風貌・話し方の変化をイメージするのは難しかったです。
サブ8re.jpg
――時間経過を表現していく際に意識されたことは何ですか。
 
奥野:特に意識はした事はないです。幸い物語の進む方向と撮影の進み方がほぼ同じだったので、心情も物語に沿う形でスムーズに流れに乗せることが出来ました。
 
――時間経過と撮影の流れがおなじだったから心情の変化にも無理が出なかったという事なんですね。そんな中でも特に後半は感情の揺れも大きかったと思いますが、その感情の波はどう作り上げられていったのでしょうか。
 
奥野:過剰に役を意識して作ってという事ではないです、物語の流れの中で感じたことを素直に出していきました。
 
――撮影の中で安藤(光造)監督と役についてお話をされたことなどはあったのでしょうか。
 
奥野:安藤監督には「全然、怖くねぇ。」と言われたので、“怖さ・強さ”を出すことは課題でした。怖さにも色んなものがあると思いますが、吉田正樹の持つ怖さとは何だろうということをずっと考えながら挑んでいました。
 
――実際に迫力がありました。
 
奥野:本当ですか。そう感じていただけたのであれば、嬉しいです。
サブ4re.jpg

LIVE INFOライブ情報

映画『灰色の壁-大宮ノトーリアス-』
「灰色の壁」本ビジュアルre.jpg2月25日(金)より全国公開!

-Cast-
正樹:奥野 壮
杉山:陣内 孝則
さゆり:紺野 彩夏
沢村:金子 昇
門馬:新羅 慎二
丸川:吉村 界人
山本:木田 佳介
船木:後藤 剛範
林:小嶌 宣輝
間々瀬:濱 正悟
小島:高橋 龍輝
大下:玉城 裕規
若狭:湊 祥希
榊原:馬場 海河 ほか
 
-staff-
監督:安藤光造
脚本:朝比奈徹、安祖兄小屋次
撮影:野村次郎
照明:溝渕健二
美術:佐々木記貴
録音:桐山裕行
音楽:小河原周作
ヘアメイク:征矢杏子
スチール:タイナカジュンペイ
プロデューサー:安藤光造、吉田正樹、藤田真一
キャスティングプロデューサー:川口真五
製作:モンキースパイス
制作協力:アーティット
配給:アルバトロス・フィルム
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻