Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー小澤亜李(声優:土岐川姫菜)×天城サリー(声優:ヒメナ・バルデス)- 「やくならマグカップも 二番窯」テキストブックでは学べない日本

『やくならマグカップも 二番窯』テキストブックでは学べない日本

2021.10.14

岐阜県多治見市のフリーペーパーから発信され映像化された『やくならマグカップも』。陶芸を通して成長していく姿を描いていく本作の2期『やくならマグカップも 二番窯』放送が決定。新たに作品を彩るキャラクター、ヒメナ・バルデスと土岐川姫菜を演じる天城サリーさん・小澤亜李さんに作品との魅力を語っていただきました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

いろんなものを感じることが出来る不思議な作品

――『やくならマグカップも(以下、やくも)』を観られた印象を伺えますか。
 
天城(サリー):前半がアニメ・後半が実写になっていることに凄くビックリしました。そこが新しい作品で面白いなと思いました。
 
小澤(亜李):アニメは15分と思えないほどの充実感を感じる作品でした。多治見の趣ある町と普通の女の子たちが陶芸を通して色々学んでいく姿に温かい気持ちになれます。後半の実写パートでは多治見の良さがよりわかるので、2度楽しめていいなと思いました。
 
――お二人は多治見にはいかれましたか。
 
天城:遠出が難しいのでないですが、陶気をはじめ気なっています。
 
小澤:いまは遠出が難しいので行けていないのですが、陶芸をはじめ多治見は気になっています。
#15_0920_0010_re.png
――アニメ『やくも』のドラマに対しての印象を伺えますか。
 
天城:言語化するのはなかなか難しいですが、アートは人の心を惹きつけるものがあると思っています。今作ではそれが陶芸で、それこそヒメナ(・バルデス)はメキシコから来日してしまうくらい惹きつけられています。『やくも』を通して色んな人たちを一つにするものが陶芸には秘められているんだなと感じています。私は陶芸に関しては知らないことだらけでイメージもない中で参加したんですけど、河童の大きな陶芸作品もあったりとアニメを通して陶芸の素晴しい文化を学ぶことが出来ていて、そこが素敵な部分だなと思います。
 
小澤:焼き物は身近にも色々あって東京でも触れられるので、見るだけでなく触れることも出来るものですよね。(豊川)姫乃たちは高校生ですが凄い真剣に陶芸をやっていて、実際に人間性も作品に反映されている。凄い奥が深いんだなということを改めて感じています。続けていくからいろんなものを作ることが出来る、人生みたいなもので、その点を作品を通して感じています。お話はハートフルで凄く癒されるんですけど、そんな中でも陶芸というしっかりした軸があるので、ハートフルではありながらも職人のいろんなものを感じることが出来る不思議な作品だなと思いました。

共通点のあるキャラだと感じています

――演じられた役に付いてはどのようなキャラクターだと感じられていますか。
 
天城:私が演じているのはカタカナの“ヒメナ・バルデス”で、メキシコで(土岐川)姫菜さんの作品を見て日本に来たという明るくて真っ直ぐな陶芸が大好きな女の子なんです。私も日本のアニメを大好きになって日本に来たので、そこが私と同じで共通点のあるキャラだと感じています。
 
小澤:私が演じる姫菜さんはとにかく破天荒で人を巻き込むほどの行動力のある人で、思い立ったらそこに行きつくまで徹夜してでも作品を作り上げるというバイタリティーがあるキャラです。私はそんなことないと思っているんですけど、脚本の荒川(稔久)さんからは「いつもの小澤さんで演じてください」と言われました。演じる前は有名な陶芸家のキャラクターなので職人気質でしっかりしているところもあるのかなと思っていたんですけど、「そんなのいらないです。明るくバイタリティーがあって、破天荒なキャラなので宜しくお願いします。」と言われビックリしました。
 
――天城さんはヒメナについて言われたことで印象に残っていることはありますか。
 
天城:「とにかく明るくて、圧が凄い女の子。」と言われました。最初にヒメナが挨拶するシーンでは私が思い描いていた天真爛漫さで演じると、「全然圧がない。」と言われてしまいました。私は元々人見知りなので頭を抱えてしまったんですけど、とにかく「テンションも高く、人を引っ張る明るさでお願いします」と言われました。
 
――ヒメナはメキシコ出身ということですが、スペイン語を話すキャラなのですか。
 
天城:スペイン語と日本語を織り交ぜています。脚本は日本語もカタカナで書かれていたので、最初は混乱しました。
#15_0920_0094_re.png
――天城さんはスペイン語も出来るんですね。
 
天城:日常会話位のレベルですけど。実際に住んでいたわけではないのでメキシコ出身ならではの情熱・熱さが最初は解らなかったので、日本大好きメキシコ人のYouTubeさんの動画を観て、その方の話し方・発音を意識して演じました。
 
――面白いですね。スペイン語で演技をするというのは今までにもあったのですか。
 
天城:初めてです。スペイン語は早く話すことが多いのでアニメキャラのリップシンクロが合わないこともあって、ちょっとゆっくり目に話してみたり、現場でセリフを足したりということを相談したりして演じています。
 
――そこは本当にスペイン語を話せる天城さんだからこそできることですね。小澤さんの演じる姫菜はお母さんですが、その親子関係を意識されたことはありましたか。
 
小澤:お話を頂いた時はついに母親役が来たかと思いましたが、実際は高校生役だったのでホッとした自分もいます。姫乃役の田中美海ちゃんは年下なのでお姉さん感を出していこうと意識して演じています。1期で一緒に収録した際もコミュニケーションを取りながら演じさせていただきました。同じ高校生ではありましたが、年上を意識して演じています。あまり母親らしくしてしまうと別キャラクターになってしまうので、お姉さん感を意識しながらも弾けられるように演じさせていただきました。

「やくならマグカップも こみからいず」

梶原おさむ(著)  発行:秋田書店
価格: 630円+税

amazonで購入

TVアニメ『やくならマグカップも 二番窯』オープニングテーマ
「夢中の先へ」

歌:MUG-MO
豊川姫乃(CV:田中美海)、久々梨三華(CV:芹澤優)、成瀬直子(CV: 若井友希)、青木十子(CV:本泉莉奈)
2021年10月6日(水)発売
¥1,650(税込)

amazonで購入

実写「やくならマグカップも 二番窯-やくもの放課後-」主題歌
「輪廻×レインカーネーション」

煌めき☆アンフォレント
作詞:HNG / Sean Sheller
作曲&編曲:下田晃太郎 (Elements Garden)
10/6(水)より配信開始

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

TVアニメ&実写『やくならマグカップも 二番窯』

「やくならマグカップも 二番窯」メインビジュアル_re.jpg
2021年10月より第2期テレビ放送開始!
-Cast-
豊川姫乃:田中美海
久々梨三華:芹澤優
成瀬直子:若井友希
青木十子:本泉莉奈
 
ヒメナ・バルデス:天城サリー
土岐川姫菜:小澤亜李 ほか
 
-staff-
原作:プラネット/日本アニメーション
監督:神谷純
シリーズ構成・脚本:荒川稔久
キャラクターデザイン・総作画監督:吉岡彩乃
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:長谷川智樹
アニメーション制作:日本アニメーション
協力:
岐阜県多治見市
(一社)多治見市観光協会
「やくならマグカップも」活用推進協議会
製作:やくならマグカップも製作委員会
 

RECENT NEWS最新ニュース

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻