Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】中村和彦 (9mm Parabellum Bullet) (2010年5月号)- これまで以上に曲が良くなることを意識して取り組んだ作品 『Revolutionary』が9mm史上の新たな革命を起こす!

これまで以上に曲が良くなることを意識して取り組んだ作品『Revolutionary』が9mm史上の新たな革命を起こす!

2010.05.01

曲をかっこよく演奏するだけ

──中村さんって9mmへの加入が一番最後じゃないですか。ベーシストという特性も含めて、バンドの立ち位置やサウンドを俯瞰で一番見れる人なんじゃないかなって思うんです。

中村:それはよく言われます。一歩引いたところからバンドを見てるって。それは最後に加入したというのもあるだろうし、ベーシストというのもあるかもしれないし。いろいろあると思います。

──ベーシストというのは、御自身の性に合うと思います?

中村:まぁ、わりと合うと思います(笑)。

──わりと…(笑)。

中村:たまにベース弾かない時もあるぐらいなので、あまり言い切るのも…。「なんだ、お前弾いてないじゃん」って言われたら困るので、このぐらいにしておきます。

──ドラムもベースも土台を支えるとは重要なところで、リズム隊が変わるとバンドそのものが変わっちゃうんじゃないかと思いますが、一応矢面に立つのはあくまで上物ですよね。でもバンドをやる以上目立ちたいじゃないですか。中村さんの場合は十分目立ってますけど、そこのバランスはどういうふうに取ってるんですか?

中村:目立ちたいというのも多少ありますけど、自分がやっていて楽しいものを選んでいる部分があると思います。例えば今回のアルバムだと、『The Revolutionary』でギターソロのところは、ツインリードなんですよ。ツインリードのソロを弾いていて、僕は後ろのコード進行を一生懸命ルート弾きしているんですけど、それが本当に楽しくて、“俺は今支えてるぞ!”っていう気持ちでいつもやっているんです。確かにギターソロなので華だと思うんですけど、僕はリズム隊でカッチリと支えている感じがすごくベーシストっぽいというか、“俺、徹してる”って思うんですよ。

──泳いどけ、泳いどけと。

中村:(笑)目立つ目立たないというのは、自分が納得すればそれで良いと思うんです。目立ってると勘違いしているでも良いと思うし。だから、今はすごく良いバランスだと思います。

──9mmって4人の力のバランスが均等な感じがして良いですよね。ライブでは4人とも目がいくんですよ。

中村:みんないろいろやりますからね(苦笑)。ライブの映像を見直していても、基本は自分を見てるんですけど、他の人に目が行っちゃうし、あそこのあの部分をチェックしたいと思っているんだけど、なんだかんだ見逃しちゃったみたいな時もあるし。そう思っていてもらえているのは、すごく良いことだと思います。

──だから、『act I』(2009年4月にリリースされたライブDVD)は見るのにすごく疲れるんですよね。たくさん見どころがありますから。

中村:疲れますね(笑)。あのDVDを編集していた頃は、確認のために何度も見直すじゃないですか。ヘトヘトでしたよ。もういいよ…って。

──個人的には、ライブDVDでメンバーそれぞれのカメラが欲しいぐらいですよ。

中村:それをやったら、自分を嫌いになりそうです(苦笑)。

──でも、あれだけのライブをやられているので、1回のライブでの体力の消耗は半端ないですよね。

中村:なかなかなもんですよ。ベースを振り回したりするのは瞬発力もいるし、スタミナもいるので、かなり頑張ってます。

──ベースも重いですし、ライブのために体力作りをやっていたりするんですか?

中村:体力作りはやってないですけど、食べ物はバランス良く。ツアー中は、打ち上げとかで食生活が乱れるので、野菜ジュースとか酢とか飲んでます。

──体を柔らかくしたいんですか?

中村:酢で体が柔らかくなるってウソらしいですよ。疲労回復になるんです。

──今回のアルバムで楽曲の世界観のために気持ちの切り替えというわけではないですけど、ライブでも世界観を伝えるために、見栄えを考えたりということはあるんですか?

中村:多少はあるかもしれません。

──3人のバランスを見ながら暴れることは?

中村:それはないです。ライブの時は頑張るぞって感じなので。後でライブの映像を見返してみて、ここでベースを振り上げるとかっこよく見えるなとかは思いますよ。そういうところで知らず知らずに曲を意識していることはあります。でも、それは後から気付くことで、ライブは無我夢中ですし、曲をかっこよく演奏するだけですから。

──プレイヤーとしての表現欲求が増したりとかはしましたか?

中村:欲はいつもあると言えばあります。演奏の仕方にこだわるようになったというか、ドラムやギターやメロディーラインも意識してベースを組み立てたりしたので、そのときにやりたいことをやる、やりたいことがそれだという意味では欲は出てるし、満たされていると思う。

──9mm以外に、違うユニットを組んで変わった音楽性をやってみたいとか?

中村:それはないですし、出来なさそうです。僕は9mm以外バンドをやったことがないので、やり方がよくわからない。お前帰れって言われると思いますよ、ちゃんとベースを弾けって。

──純血主義というわけでもない?

中村:違いますが、やりたいことをやるという意味では今の状態が良いんです。

──今後どうなっていきたいというのは、バンドとして見えてます?

中村:次の作品のことは全然ないです。どういう方向もないです。アルバムが出来てツアーがあるので、ライブで一生懸命演奏するぐらいです。方向性は毎回いつもないんです。

──では、まずはRevolutionary Tourで出し切るということですね。今回もたくさんあるんですよね?

中村:Zeppが6箇所で、ホールが3箇所ですね。

──ホールだと椅子がある分、お客さんのノリって変わるんじゃないですか?

中村:こちらがやることは変わらないですけど、見る側は建物の雰囲気とか音響とかがかなり違うので新鮮だと思います。

──NHKホールは9mmには小さいような気がするんですけど。チケットが取れなそうですね。

中村:でも頑張ってチケットを取って、ライブに来てもらえたらすごく嬉しいです。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻