Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】detroit7(2008年1月号)- 紅く燃え滾る"地球から3番目の星"の如く──

紅く燃え滾る“地球から3番目の星”の如く──

2008.01.01

心も躍って身体も踊れる場所を提供したい

──現在はすでに新曲のデモを録り溜めているとスタッフの方から伺いましたけど、バンドの状態がすこぶる順調なことの表れと言えますね。

菜花: もうバリバリ録っていますよ。いつも新曲はそんなペースで、時間のあるうちにできるだけ曲を作る感じなんです。

山口: 最近は菜花ちゃんがエンジニア・デビューも果たしましたからね(笑)。普通のリハスタで自分達でマイクを立てたりしているんです。それがローファイで凄く楽しくて、そんな環境ができたからどんどんデモができているんです。録りたいからデモを作るっていう。

菜花: 自分達自身で曲の音像が掴めたらいいなと思って。この曲にこの要素は要らないから、その代わりギターをジャミジャミに歪ませてみようとか、ヘンなエフェクターを掛けてみたりとか。実際に録る時の音像やイメージが絞られてくるから、そういったアプローチをしているんですよ。ヴォーカルがメチャクチャ割れていたり、タンバリンの音を異様にでかくしてみたりとかね(笑)。

──理想とする音像という点では、今回の『Third Star From The Earth』はかなりのレヴェルにまで達せたんじゃないですか。

菜花: そうですね。私、ちゃんと作品にしたいギターの音像というのがあって、それがずっとできなかったんです。自分が理想とするバンドのCDを聴き直そうと思って、ダイナソーJr.やピクシーズ、ホワイト・ストライプスなんかを聴いてみたら、ギターの音は思っていたほどでかくないんですよね。自分では“もっと欲しい!”と思って、それで自分達の作品では目の前でギターが鳴り響いているくらいのレヴェルで出してもらったんですよ。だから今回のミニ・アルバムは本当に自分の理想の音が録れているし、バンドの音像としても文句なしに格好良くて、凄く満足しているんです。

──菜花さんの理想とするギターの音像を敢えて言葉にするならどういったものですか。

菜花: ザラついていて、あったかい音。でも尖っていて、でかくて太い。そんな感じかな。

──そういった音像はこれまでの諸作品で出せていなかったわけではないと思いますけど…。

菜花: 何と言うか、ちょっと細くて弱かったんですよ。それはもしかしたら私のギター・プレイが変わったのかもしれないですけどね。

──プレイのアプローチが変化してきた意識はありますか。

菜花: 前よりも楽にギターを弾いているような気がします。前は息が止まるくらい肩に力を入れて弾いていましたから。今は…踊ってますね(笑)。

──その力みのなさが良いプレイに直結しているのかもしれませんね。

菜花: そうですね。あとはもう、ソロも特に決めないで好きに弾くっていう(笑)。

──今録り溜めているデモは、本作の延長線上にあるタイプの曲が多いですか。

山口: やっぱりダンスというテーマからまだ離れられなくて、4つ打ちが基本ですね。ただ、そこからいろんなダンスに裾野を広げようとはしています。私がやりたいと考えているのは、誰でも自然に踊れるようなダンス・パーティーみたいな感じの曲。ワルツっぽい曲があってもいいと思うし、ジャズ寄りなテイストがあってもいいと思うし。そういう広げ方をしたいなと。あと、今度は日本語のダンス曲に挑戦したいんですよ。今回作った曲は英語が中心で、歌だけでのれるところがあって凄く良かったんだけれども、次は日本語でそれをやってみたいんです。

──どれだけ異質な音楽的要素を採り入れても、“これがdetroit7です!”と言い切れる潔さが今のバンドにはある気がしますね。

山口: うん、着実にそうなってきている気がします。

菜花: だからきっと、今年はもっと“光り輝く”1年になるんじゃないかと思いますよ。

古田島: アメリカ・ツアーもあるしね。国境も越えて、いろんな人達に届く音楽をやっていきたいですね。

山口: これまでの轟音炸裂なイメージのライヴ・パフォーマンスは維持しつつも、今はオーディエンスを踊らせたいという気持ちが強くあるんです。何も考えずに心も躍って身体も踊れる場所を提供していきたいですね。今までのライヴはギューン!と行く感じ一辺倒だったから。

菜花: 出た! ギューン!でドカーン!だ(笑)。まぁ確かに、これまでは尖ってばかりいましたからね。その尖り具合が徐々に大きな輪になって波及していけばいいなと今は思います。自分達にしかないスタイルを更に突き詰めていきたいですね。バンドの自由度は増しているのかもしれないけど、各々の意識をもっと高めないと次のステップにも行けないと思うし。

──それだけ自由度が増したのは、バンドの揺るぎない核が形成されているからこそとも言えませんか?

古田島: そうですね。それが自分達でもようやく理解してきたということなんでしょうね。

菜花: とにかく2008年はギューン!と行ってドカーン!ですよ。最終的にはドカーン!です(笑)。

Third Star From The Earth

rudie&records RR-777
1,500yen (tax in)

amazonで購入

01. IN THE SUNSHINE
02. microphone drives
03. FATMAN BLUES
04. Cry for the moon
05. Watering!

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻