Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム山脇唯「2SEE MORE」 「2 SEE MORE #3」 ゲスト:ハリウッドザコシショウ

2 SEE MORE #3」 ゲスト:ハリウッドザコシショウ

「2 SEE MORE #3」 ゲスト:ハリウッドザコシショウ

2016.12.01


 ゲスト・ハリウッドザコシショウさんの、トリップ感ほとばしるトークと、さすがのフォトジェニックな表情ー溢れる魅力を余す所無くフルボリュームでお届けします。写真×与太話企画、第3弾。(撮影/PANORAMA FAMILY 文・構成/山脇唯)
 
 
2.JPG

真面目に答えたほうがいい?

 
山脇:何を聞いていこうかな、と。
 
ザコシショウ:はい。何言ってもいいよね。
 
山脇:まずは……お洋服はどこで買われるんですか?
 
ザコシショウ:ボケてもいいんでしょ? 乞●にもらってます。
 
山脇:あ、じゃあ、こだわりはない……と。
 
ザコシショウ:こだわり? ありますよ。浮浪者はいやなんですよね。ルンペンがいい。洋服はドイツのルンペンからもらっています。
 
山脇:ルンペンは、どこかおしゃれですもんね。ツイード素材とかを、きっと。
 
ザコシショウ:何言ってんだあんた、何を真面目に受け答えしてんだ。
 
山脇:えっと、お住まいは、どちらでしたっけ。
 
ザコシショウ:ないです。家がないです。浮浪者ですから。
 
山脇:でも前、中央・総武線のホームでお見かけしたことがあって。
 
ザコシショウ:それ俺じゃねえんじゃねえか? それ俺じゃないよ。
 
山脇:えっ、でも、そうでしたよ。
 
ザコシショウ:色々いるんだよ、影武者が。今の俺だって、本物のハリウッドザコシショウじゃないんだよ。俺はメキシコザコシショウ。
 
山脇:えっ
 
ザコシショウ:だから、この俺は実在していない。
 
山脇:ああ、だから、お見かけしたときになんてお声かけすればいいのかなって。
 
ザコシショウ:なんでよ、普通に声かけたらいいじゃない。
 
山脇:なんて呼びかけたらいいのかな、ってとまどっちゃって。
 
ザコシショウ:●●でいいですよ。
 
山脇:それは、特定のある人のことになりますよ。
 
ザコシショウ:でも、いるでしょう、他にもいっぱい。
 
山脇:ハリウッドザコシショウさん、って呼ぶのもちょっと長いから、どこで切ったらいいのかなって。
 
ザコシショウ:ハ、で切っていいですよ。言ってみて。
 
山脇:ハですか? ハ・リウッド……皆さんからは何て呼ばれるのが多いですかね。
 
ザコシショウ:二宮金次郎って呼ばれています。
 
山脇:(笑)
 
ザコシショウ:真面目に答えたほうがいい?
 
山脇:そのまま、文字起こしして……まずかったら……
 
ザコシショウ:まずいんじゃねえかな。●●とか、●●●●●とか●●●●でしょ。
 
山脇:どうだろう、それはニアリーイコール……同じ人ですよね。
 
ザコシショウ:俺は世の中のこと、詳しくないから、わかんないんですよ。じゃあ、●●さんでいいですよ、そう呼んでください。
 
山脇:それは……?
 
ザコシショウ:あの、ココ刺されたのに、反対側を見ちゃった人。
 
山脇:ああ! 動転しちゃって。
 
ザコシショウ:痛すぎて、神経が逆いっちゃったんだよ。
 
山脇:恐竜もそうだっていいますよね。
 
ザコシショウ:恐竜? 時代錯誤にも程があるよ、あんた。
 
山脇::恐竜も体が大きすぎて、「痛い」って感じるまでにすごく時間がかかるらしいですよ。
 
ザコシショウ:オイオイ、想像の話はやめてくれ、現在の話してくれよ。恐竜って、そんな大昔の、想像の話じゃなくて。
 
3.JPG
 

こんなことばっかり言ってていいの? 酔ってるって書いといてよ。

 
山脇:お肌がきれいですよね。
 
ザコシショウ:肌はね、ケアしてますからね。
 
山脇:どんなケアを?
 
ザコシショウ:木工用ボンド塗ってますから。
 
山脇:え、本当ですか(笑)? 本当には、何をしてるんですか?
 
ザコシショウ:自分のザー●ンを塗ってます。
 
山脇:うわあ。
 
ザコシショウ:もう酔っぱらってるからさ。だからキレイなんですよ。
 
山脇:でも、なんか、肌にいいんだよっていうのを、なんか漫画で読んだことがあります。中学校の頃、そういう話ありましたね。
 
ザコシショウ:『ビーバップハイスクール』でそういうネタがあったでしょ。飲むと肌ツヤが良くなるっていう。
 
山脇:そうだ、それだ。でも、飲むと、ですよね。塗ると、じゃないですよね。
 
ザコシショウ:塗るって、それどっかの国の呪いのやつだよ。それは。
 
山脇:呪い?
 
ザコシショウ:仮面にね、好きな人のことを思って、自分の塗りたくってかぶるんだよ。そういう呪い。
 
山脇:それはなんのために? 誰に対する呪い?
 
ザコシショウ:それは、その好きな人をものにできないっていう怨念が。仮面になるっていう。こんなことばっかり言ってていいの?
 
4.JPG
 
山脇:音楽の話を聞かせてください。好きな、よく聴く音楽。
 
ザコシショウ:『だいじょーぶだぁー』っていう、志村けんさんの。
 
山脇:はい。
 
ザコシショウ:あれを、60分くらい、iTunesにいれてますよ。
 
山脇:そっか、そういうミニマルな音楽が好きなのかなっていうのは、思ってました。リズムのある。
 
ザコシショウ:ミニマル? だ~いじょ~ぶだぁーD~J~D~
 
山脇:(笑)
 
ザコシショウ:D~J~D~
 
山脇:トシちゃんのモノマネのときも、バックトラック、わりとリズムにのせて……
 
ザコシショウ:トシちゃん? 筧利夫? 筧利夫のモノマネはしてないよね、俺。
 
山脇:モノマネされてるほうの……
 
ザコシショウ:ああ。つるつるの方でしょ。
 
山脇:つるつるではないですよ。
 
ザコシショウ:そうでしょ、だって。日に日に、日単位でなくなっていってるからね。
 
山脇:わああ。
 
ザコシショウ:でも、こういうの聞きたいと思うよ、みんな。
 
山脇:実際は聞きたいけど、文字にしたときになあ。
 
ザコシショウ:大丈夫でしょ。
 
山脇:大丈夫かなあ。
 
ザコシショウ:DJDでしょ。
 
山脇:あっ(笑)
 
ザコシショウ:酔っぱらってるから。酔ってる時にインタビューするとこうなっちゃうよ。
 
山脇:じゃあ、酔っぱらってるってちゃんと書いときます。
 
ザコシショウ:全部の後ろに(酔)ってかいといて。(笑)じゃなくて、(酔)。
 
山脇:酔ってますよ、って。
 
ザコシショウ:酔えば酔うほど強くなる。「酔拳4」。あ、5かな。「酔拳2」までジャッキーチェンだったけど、3からわけわかんない人がやってたでしょ。
 
山脇:あ、そうなんですね。シリーズ物でよくある……
 
ザコシショウ:4がそのへんのアレで、それで、5で、俺。返り咲きだね。
 
山脇:返り……? 何がどう、返ってきたんですか。
 
5.JPG

同時上映は『あさりちゃん』だったんです。

 
山脇:映画は結構観てますか?
 
ザコシショウ:観てますよ。
 
山脇:どんなのを。
 
ザコシショウ:こないだ観て面白かったのが、『キン肉マン』の宇宙野武士編。だいぶ前の。アシュラマンの宇宙野武士バージョンが出てきて、サンシャインの宇宙野武士バージョンが出てきて、最後にラーメンマンがなんとか星に行って、「僕はここに住む」とか言う。ゆでたまごは干渉していないんじゃないかな、あれを観たんですけど、すごくつまらない映画です。こんなマンガがあるんだな、って。
 
山脇:それはどこで?
 
ザコシショウ:東映マンガ祭りでやってたんですよ。同時上映は『あさりちゃん』だったんです。
 
山脇:え、じゃあ結構前ですよね。
 
ザコシショウ:20年くらい前かな。
 
山脇:「あ~きれたあの子はあさりちゃん~」の。
 
ザコシショウ:あれもやべえ話でね。家庭内暴力の話だよね。よくあんなの普通に連載してるよなっていう。
 
山脇:『あさりちゃん』100巻で終わったんですよ。
 
ザコシショウ:百貫? 百貫デブってこと?
 
山脇:や、100巻です。
 
ザコシショウ:100巻までいったの? キング・ザ・100tってこと?
 
山脇:100トン?
 
ザコシショウ:知らねえだろ。テリーマンと戦ったんですよ。キング・ザ・100t。
 
6.JPG
 
山脇:次から次へと言葉が出てきて……すごいなぁーって思ってます。
 
ザコシショウ:情緒不安定なんですよ。
 
山脇:ずっと子供のころから、そうだったんですか?
 
ザコシショウ:え? 子供のころから情緒不安定だったかってこと?
 
山脇:違います違います、ひょうきんだったのかってことですよ!
 
ザコシショウ:ひょうきんっていうかね……銀行強盗とかを、よくしてましたよ。
 
山脇:ごっこを、してたと?
 
ザコシショウ:いやいや、マジなやつ。「マジだぜ!」ダンプ松本。たこ焼きラーメン。
 
山脇:……わかりました。
 
ザコシショウ:わかってんの? しらないでしょ。
 
山脇:静岡ですよね。ご出身。
 
ザコシショウ:そう。静岡って、よくみると、ボヤッキーの鼻に似てるよね
 
山脇:ああ、ちょっと横に広い感じ。
 
ザコシショウ:出身どこ?
 
山脇:栃木です。
 
ザコシショウ:栃木! 全然違うじゃん、自分も静岡みたいに言っといて。
 
山脇:いや、知ってますよ、ってことです。
 
ザコシショウ:知らないでしょ?
 
山脇:いや、伺ったことあったな、って。
 
ザコシショウ:え! あんたストーカーだろ。
 
山脇:ストーカーではないですよ。ただ、こう……SNS越しに、モンスターのものまねとかを見ていますよ。
 
ザコシショウ:モンスター? ああ、ドラクエのね。あれモンスターのまねじゃないんですよ。外でうんこしようと思って。それを.趣味で、撮影して。でもこれをアップしたら干されると思って、それでドラクエのモンスターってことにしたんです。それで通っちゃったんです。だから、200個くらいあがってますけど、ほぼ野糞してます。下の方を見てください。
 
山脇:え! そんな! それからも?
 
ザコシショウ:工夫して、そっちのほうに目がいかないようにしてます。遠近法とかで。
 
山脇:なんでそんなことを。
 
ザコシショウ:それが私の趣味ですよ。
 
7.JPG
 

ひとに嫌な気持ちになってほしいから(笑)。

 
山脇:なにか生活は変わられました?
 
ザコシショウ:え、性生活?
 
山脇:いや、じゃなく、お子様が、ほら。
 
ザコシショウ:ああ、お子様ね。双子じゃなくて、100つ子だったんですよ。たまらんですよね、100つ子は。
 
山脇:じゃあ、ベビーカーも大変。
 
ザコシショウ:大変ですよ。
 
山脇:やっぱり横一列のですか?
 
ザコシショウ:そう横に100つ子。
 
山脇:最近、縦に並ぶベビーカーも出てますよね。
 
ザコシショウ:100つ子が縦一列だったら大変でしょ。3駅くらいむこうにいっちゃう。目が届かないよ。
 
山脇:本当だ。
 
ザコシショウ:猪にぶつかっちゃうよ。野犬とかその辺に放ってるわけだからね。野犬とか、猪とか、チーターとか
にぶつかっちゃうからね。
 
山脇:でも、野犬って、最近いなくなりましたよね
 
ザコシショウ:いるよいるよ。
 
山脇:え、います?
 
ザコシショウ:いるいる、俺放ってんだから。
 
山脇:なんで放つんですか。
 
ザコシショウ:ひとに嫌な気持ちになってほしいから(笑)。
 
山脇:ひとを嫌な気持ちにしたいんですか?
 
ザコシショウ:最近ね、後輩に、嫌な気持ちになる画像を自分で探して、メールで送るんですよ。100連発で送った
らね、無視されました。
 
山脇:え、気持ち悪い画像ですか?
 
ザコシショウ:そう、「これを見たら嫌な気持ちになるな」っていう画像を。
 
山脇:それは気持ち悪いですよ。
 
ザコシショウ:いや、気持ち悪いとかいうけど、俺だってその画像見てるんだから。俺が最初に気持ち悪くなってる
んですよ。
 
山脇:そうか……だって精査して送ってるんですもんね。
 
ザコシショウ:そう、精査して。
 
山脇:気持ち悪さを。
 
8.JPG
 

あのね、ここまで言ったのは全部嘘ですよ。

 
山脇:きれいな顔をされていますよね。
 
ザコシショウ:渡辺謙に似てるんだよ。
 
山脇:本当だ! 美男子だっていわれますでしょ。
 
ザコシショウ:眼鏡市場。DoCoMo。
 
山脇:渡辺謙のCMをどんどん……(笑)
 
ザコシショウ:……ラストサムライ。
 
山脇:小さいときとか、けっこうおモテになったんじゃないですか。
 
ザコシショウ:小学校2年生のときが一番モテたね。チョコレートもらうでしょう。サンプラザ中野の高さまでいっちゃいましたよ。
 
山脇:すごい。積み上げた高さが?
 
ザコシショウ:そう。あ、中野サンプラザか。サンプラザ中野はヒトの方か。
 
山脇:建物なのは中野サンプラザかな。
 
ザコシショウ:中野サンプラザじゃけっこう高さあるけど、サンプラザ中野だと、170cmくらいか。
 
山脇:ですね、高さとしては。きっと。
 
ザコシショウ:だいたい、サンプラザ中野さんて、芸名を「サンプラザ中野くん」にしたでしょ? 言いにくいよね。あれ、サンプラザ中野くんちゃんっていうの?
 
山脇:くん付けで呼ばれたいってことですかね
 
ザコシショウ:呼び捨てでいいよ、ってことかな。くん、までが名前だから。
 
山脇:不思議ですね。
 
ザコシショウ:あのひとね、よい子って自分の子につけたんだって。そんなの、なかなか自分の子につけないよ。
 
山脇:逆説的なのか……なんなのか。
 
ザコシショウ:キラキラネームの元祖だよ。
 
山脇:けっこう前ですか? アクマくんくらいの時期ですか?
 
ザコシショウ:アクマくんか、よい子だね。
 
山脇:いいも悪いも、あつまって。集まっちゃいないか。
 
9.JPG
 
ザコシショウ:あのね、ここまで言ったのは全部嘘ですよ。
 
山脇:え? わたし、信じちゃってますよ。なんか、言葉の重みがあるから。
 
ザコシショウ:今まで全部言ってるの嘘だってわかるでしょ。今まで話したのは嘘だよ
 
山脇:どっかまでは本当かなと思って聞いてますよ。え、じゃあ、映画をみたっていうのも嘘ですか?
 
ザコシショウ:映画いっかいも観たことない。
 
山脇:ええ!
 
ザコシショウ:生まれてこのかた、寝たこともないんですから。勉強もしたことがない。人間もみたことない。
 
山脇:狼に育てられた……?
 
ザコシショウ:オオカミじゃなくて大橋巨泉に育てられたんですよ。
 
山脇:おお……
 
ザコシショウ:何だこの話。
 

私? ジャイです。いや、ビャイ。

 
山脇:はじめてお会いしたのが3年前、とかで。
 
ザコシショウ:もっと前でしょ。
 
山脇:え、そうですか?
 
ザコシショウ:もっと前だよ。だって同級生だもんねえ。
 
山脇:え?
 
ザコシショウ:同級生でしょ? 違った? あれ、だれと勘違いしてるんだろう。杉山さん?
 
山脇:じゃないです。
 
ザコシショウ:同級生で、内野くんと杉山さんがいて。僕が杉山さん好きなの知ってて、内野くんは杉山さんに手を出したんですよ。
 
山脇:うええ、それいつ頃ですか?
 
ザコシショウ:中学生です。
 
山脇:わりと早熟ですよね。じゃあ。
 
ザコシショウ:それを聞いた私は、そのことを想像して興奮していたんです。
 
山脇:抜けがけされたっていう「怒り」じゃなくて、興奮のほうにいくんですか?
 
ザコシショウ:あの頃の男子は皆そうでしょう。丸みを帯びたもの見ただけでもそうなんですから。
 
山脇:まるいもの……
 
ザコシショウ:連想ゲームですよね。まるいもの、やわらかいもの、なんでもおっぱいですよ。
 
山脇:WXYって書いて喜んでたりする子は、いましたね。
 
ザコシショウ:あー。Wはでも、ちょっと尖りすぎてますよね。UUなら、まだいいな。
 
10.JPG
 
山脇:丸みが大事。丸みを帯びた女性がやっぱり、お好きなんですか。
 
ザコシショウ:ボーイッシュな女性が好きです。髪が短かったり。といっても和田アキ子さんじゃないですよ。
 
山脇:ボーイとはまた、違いますものね。
 
ザコシショウ:そりゃそうでしょう。内田有紀さんと和田アキ子さん並べてどっちがボーイッシュだっていったら。一目瞭然でしょ。
 
山脇:そりゃあねえ。
 
ザコシショウ:さらにいい二択があります。これが和田アキ子か神取忍かって言ったら。
 
山脇:どう違うんですか?
 
ザコシショウ:私は、こっちとかこっちとか言いませんよ。だって。私が決めるんじゃないです。
 
山脇:ええ?
 
ザコシショウ:それを決めるのは、画面の前の、あなたたちです。
 
山脇:え?
 
ザコシショウ:それを決めるのは、画面の前の、あなたたちです。
 
山脇:なんで2回おっしゃったんですか。
 
ザコシショウ:ピンときてなかったから。オンエアバトル。
 
山脇:ああ!
 
ザコシショウ:わからなかったの?
 
山脇:今言ってもらってもう一度、わかりました。
 
ザコシショウ:よかったね。
 
山脇:大丈夫ですか、わたし。失礼ないですか。
 
ザコシショウ:いや、こっちがですよ、こういう、対談だって思うから言えるんですけどね。普通ならこんなに言えませんよ。
 
山脇:シャイですか?
 
ザコシショウ:私? ジャイです。いや、ビャイ。
 
山脇:ジャイとビャイはどう違うんですか。
 
ザコシショウ:音が違う。
 
山脇:ビャイの感じはしますよね。ビャイっぽい。
 
ザコシショウ:ね。音が。ビャイ。
 
11.JPG
 

イカになりたいなーって思ってますよ。いかなるときも。

 
山脇:じゃあ、そんな感じで……
 
ザコシショウ:大丈夫?
 
山脇:……大丈夫じゃないかもしれないんですけど。あ、パーソナルなことを聞きたくって。
 
ザコシショウ:はい。
 
山脇::えー、コーヒー飲んだりします?
 
ザコシショウ:飲みますよ。
 
山脇:どんなときに?
 
ザコシショウ:どんなときもー♫ です。
 
山脇:(笑)
 
ザコシショウ:あ、墨汁かな。墨汁を飲みます。
 
山脇:それは、ホットで? アイスで?
 
ザコシショウ:ホットかな? ホット墨汁。どんなときもー♫って聴きながら、墨汁飲んでます。
 
山脇:ええ
 
ザコシショウ:イカになった気分ですね。
 
山脇:イカは、墨を出す方じゃないですか
 
ザコシショウ:イカになりたいなーって思ってますよ。いかなるときも。
 
山脇:anytime……イカに……
 
ザコシショウ:エニタイム! エニシング! いか! いか焼きそば!
 
山脇:あ、焼きそば、静岡、有名ですよね。
 
ザコシショウ:富士宮やきそばね。
 
12.JPG
 
山脇:じゃあ、好きな食べ物ありますか?
 
ザコシショウ:ごはんにげろかけたやつ。
 
山脇:だめですよ、そんな。
 
ザコシショウ:人を不快にさせますよね。
 
山脇:でもお話ししてると、良い方だな。素敵な方だって思いますよ……
 
ザコシショウ:そんなことよく思いますね。私、たまにエゴサーチするんですけど「殺せ!」 とかありますよ。
 
山脇:「殺せ」まであります? そんな殺意抱くまで?
 
ザコシショウ:「あいつと永野はぜったいいやだ。あいつと永野のことはよく知らないけど絶対嫌だ」って。
 
山脇:よく知らないのに?
 
ザコシショウ:この間、某ロックフェスに出たんだけど、1人も笑ってなかったですね。
 
山脇:うそだ!
 
ザコシショウ:1万人もいて1人も笑ってなかったよ。あんなでっけえ会場で。
 
山脇:なぜ……
 
ザコシショウ:サマソニも出たんですよ。すんげえウケたんです。だから同じネタやったら見事にすべりましたよ。
 
山脇:なんでだろう。腹が立ちますね。私が腹が立ちますよ。
 
ザコシショウ:まあまあ、あんまりそう言わずに。
 

言ってくれれば俺はその場で麻雀をしますよ。

 
ザコシショウ:あら1グランプリ2014で私優勝したんですよ。
 
山脇:あ、知ってますよ知ってますよ。
 
ザコシショウ:知ってる? 嘘でしょ? だれも祝福してくれなかったし。あれ、賞金ゼロ円なんですよ。何一つ話題になってない。
 
山脇:ええ?! でも、次の日テレビとかでてましたよね? 私、観ましたよ。
 
ザコシショウ:幻じゃねえか?
 
山脇:翌朝、情報番組にいっぱい出てらしたじゃないですか。
 
ザコシショウ:それはR-1でしょ? あらわんだよ、あらわん。
 
山脇:え? R-1?
 
ザコシショウ:あーるわん、あらわん。2014年に、あらびき団の一番を決めるあらびき1グランプリっていうのがあったの。
 
山脇:あ、『 R-1』を、すごく発音よく言ってるのかと思いました。
 
ザコシショウ:ガチ間違いしたね。
 
山脇:そうか……すみません。ごめんなさい。私が知ってるのはR-1の方でした。
 
ザコシショウ:R-1は全然違うよ。
 
山脇:R-1、あの日ご一緒した人が優勝か、うわあ、ってなりました。
 
ザコシショウ:そうなの?
 
山脇:あー、もう遠い人だなって。
 
ザコシショウ:それは自分でそういう意識があるからでしょ? 言ってくれれば、俺はその場で麻雀をしますよ。駅のホームでだってどこだって。そういう気持ちですよ。
 
山脇:麻雀ですか?
 
ザコシショウ:いつだって牌を持ってますから。全自動卓もありますから。駅のホームでもどこでも、声かけてくれたら、旦那さんと3人で3人麻雀やりましょうよ。
 
山脇:ええ、本当ですか。嬉しいですよ。
 
ザコシショウ:やりましょう、駅のホームで3人麻雀。
 

まじめなことってなに?

 
13.JPG
 
ザコシショウ:結局あれですよ。あれがあれですよ。あれがあれなんだよ、あれなんですよ。あれと一緒。あれがあれなんだよ。
 
山脇:はい。
 
ザコシショウ:これ、たけしさんです。あんちゃんあれだろ、って。
 
山脇:あっ、言わせてすみません。物知らずでほんとに……
 
ザコシショウ:私も知らないですよ。義務教育を受けてないんですから。狼じゃなく大川栄策に育てられたんですよ。
 
山脇:大川栄策さん……?
 
ザコシショウ:『さざんかの宿』で有名。
 
山脇:あっ! どんな歌でしたっけ。
 
ザコシショウ:(歌って)さ~ざん~かの~や~どぉお~
 
山脇:うれしい。ずっと遊んでくれるんですね。
 
ザコシショウ:え?
 
山脇:「ふざけるよ」と仰ってても、だんだん疲れてきたら普通になる人もいるかと思うんですが、ずっとふざけてくれて楽しませてくれて。サービス精神が……すごいです。
 
ザコシショウ:楽しいですか(笑)?
 
14.JPG
 
山脇:これで、テープ起こしして、載せられることない、ってなったら、まじめなこと、あとで聞き直すかもしれないです。
 
ザコシショウ:まじめなことってなに?
 
山脇:血液型とか、ですかねえ。
 
ザコシショウ:大喜利?
 
山脇:やー。
 
ザコシショウ::C型? だめ? F型? ローマ字ボケでしょ、Fかな? つまんなかった?
 
山脇:いやいやいや。あ、誕生日は? わたし前に聞いてて、なんか覚えてたんですよ。
 
ザコシショウ:あ、じゃ当てて。
 
山脇:4月? 11月? 9月だ。
 
ザコシショウ:全然違う。
 
山脇:いつですか?
 
ザコシショウ:2月だよ2月。全然当てられないじゃん。
 
山脇:水瓶座ですよね、それは覚えてたんですよ。私、父が水瓶座で。
 
ザコシショウ:じゃあなんで9月って言うんだ。
 
山脇:いや、父が水瓶座だから、わたし水瓶座の男性は落ちつくなあと思ってるんですよ。好きだなあって。
 
ザコシショウ:旦那さんは?
 
山脇:射手座です。
 
ザコシショウ:全然違うじゃねえか。旦那さんは何してたの? お芝居やってたとか?
 
山脇:スタッフです、スタッフ。
 
ザコシショウ:スタッフ、スタッフスタッフ~(ちょっと、ちょっとちょっと~のフロウで)
 
山脇:それ、今日のイベントでもやられてたやつですね。
 
ザコシショウ:そう。ミックスしたら何でも面白くなるんですよ、どんなことも。
 
山脇:ミックス。ヒップホップみたいですね。
 
ザコシショウ:そうそう。ヒップホップ。ディ~ゼエ~。エムシ~。スリ~エムシ~オ~ワンディ~ゼエ~!
 
山脇:(笑)かっこいい。
 
15LAST.JPG
 
ハリウッドザコシショウ
1974年2月13日生まれ。静岡県出身。1993年に吉本興業よりコンビG★MENSとしてデビュー。2002年にピン芸人としての活動を開始。TBSの深夜番組「あらびき団」に初回から出演し「キング・オブ・あらびき」と称される。番組最多出場。現在はSMA NEET PROJECT所属。2016年3月『R-1ぐらんぷり』で優勝を果たす。DVD『ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ!』発売中。
 
山脇唯
1981年8月3日生まれ。俳優。ヨーロッパ企画退団後はフリーとして舞台を中心に活動。2013年より「すいているのに相席」に参加、“ユーモア女優“の称号をバッファロー吾郎A、せきしろ両氏より賜る。声の出演にNHK Eテレ「デザインあ」他ラジオCM等多数。ポンポコパーティクラブ代表。
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • PANTA(頭脳警察)乱破者控『青春無頼帖』
  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻