Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューavengers in sci-fi / jupiter jupiter

avengers in sci-fi / jupiter jupiter

2010.01.01   MUSIC | CD

VICL-63479 1,890yen(tax in) / IN STORES NOW

 ずっと応援していたバンド、avengers in sci-fiがとうとうメジャーデビュー!! 5年ほど前に出会った時の彼等は、その音楽が唯一無二で誰よりも早く、新し物好きの自分にはとてもハマりました。いつかこの音楽に時代が追いついたら良いなと思っていました。そんなavengers in sci-fiが、メジャーデビューする時代がやってきました。バンドのイメージを大胆に真っ直ぐに表現するような最新作のタイトルは『jupiter jupiter』。そして1曲目のタイトルは『Universe Universe』。その音楽は自信を持って地球を飛び越えている。行進曲のような力強さを、人間味のある電子音の洪水で感じながらも何故か、時に猛々しく、時に優しく不思議な歌声から表現される詞が心地よいのです。宇宙なのに心地よい、それがこのバンドの魅力だと思います。『Universe Universe』から続く、人力ダンスロックナンバー『HYPER SPACE MUSIC』は、彼等の持ち味である切なくも腰にくる名曲です。追いかけあう弦楽器と詞のリフレインが心地よいバラード『Ursa Minor』、ここに込められている音楽は目の前の事から、宇宙まで全ての繋がりを見渡すような巨大なスケールでした。(新宿LOFT店長:大塚智昭)

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻