Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー内田勘太郎 ブルース漂流記 / 内田勘太郎

内田勘太郎 ブルース漂流記 / 内田勘太郎

2016.12.01   CULTURE | BOOK

リットーミュージック
2,160yen(tax in)

 憂歌団のギタリストである内田勘太郎、初のエッセイ集。少年期から現在までの内田勘太郎の歴史が刻まれている。昔の記憶を辿りながら、当時を振り返るエピソードの数々は日本のブルースの歴史でもあり、関西周辺のミュージシャンの歴史でもあり、1970年代の若者の歴史でもある。憂歌団結成の経緯、初ライブ、仕事もせずにプラプラ飲み歩く青年時代。憂歌団の初のツアーとレコーディング。活動休止の理由。ソロになってからの活動。再結成。そして旅の数々。内田勘太郎が影響を受けたブルースマンもリストになっており、ファンだけではなく、ブルースをこれから聴き始める人への入門書としても使える。付録として、未発表音源が二曲入ったCDと、譜面付きで内田勘太郎直伝のブルース・ターンアラウンド教則コーナーも付いており、憂歌団、内田勘太郎ファンにはたまらない一冊となっている。(阿佐ヶ谷ロフトA:山崎尚哉)

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻