Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースクリエイション・レコーズ創設者アラン・マッギーの波乱に満ちた人生を映画化! 『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』、曽我部恵一、石野卓球らクリエイションと同世代を生きたミュージシャンたちから絶賛コメント到着!

クリエイション・レコーズ創設者アラン・マッギーの波乱に満ちた人生を映画化! 『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』、曽我部恵一、石野卓球らクリエイションと同世代を生きたミュージシャンたちから絶賛コメント到着!

2022.10.21

ポスター.jpg

プライマル・スクリーム、ジーザス&メリーチェイン、オアシスなどを見出し、世界No.1のインディ・レーベルに上り詰めたクリエイション・レコーズの創設者アラン・マッギーの波乱万丈な半生を、製作総指揮にダニー・ボイルを迎え『トレインスポッティング』チームが映画化。『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』が、本日10月21日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国ロードショーとなった。
 
90年代にロック・シーンを席巻した「ブリット・ポップ」において、オアシス、プライマル・スクリーム、ティーンエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなど人気バンドを次々と世に送り出したクリエイション・レコーズ。「世界で最も成功したインディ・レーベル」とも言われ、メジャーに匹敵する影響力を持ったクリエイションを創設し、自分を「President of Pop(ポップの大統領)」と呼んだアラン・マッギーとは一体どんな人物なのか。
 
親から出来損ない扱いされていた田舎の青年が、反骨精神で自分のやりたいことを貫き、ロック・シーンの頂点に上り詰めていく。本能の赴くまま破天荒に生き、世界一のインディ・レーベルを育てたパンク魂。成功と破滅の先に、音楽業界の革命児が見たものとは?
 

メイン.JPG

このたび、 “クリエーション・レコーズ”が全盛時代に同時代を生き、日本の音楽シーンを牽引したミュージシャンたちからコメントが到着。果たして彼らは本作をどう観たのか?
 
面白い! 同時代を生きた人もそうでない人にも是非観てほしい
──石野卓球(電気グルーヴ)
 
1998年の冬、朝9時頃、枕元の電話が鳴り 寝ぼけながら電話に出ると、「This is Alan McGee ! 」と電話の主が。僕はまだ夢の中にいるのかと思いました。その日にホテルに呼び出され、契約をしたいと言われたけれど、僕はもうNYのMatadorと契約をした後だったので、10代の頃最も憧れていたレーベル、Creationからリリースする夢は叶いませんでした。
しかし、その後も何度か僕のスタジオに遊びにきてくれたり、沢山のエピソードトークをしてくれました。彼は自分の好きな音楽に対して、必ず自分から行動し、率先して渦の中に飛び込む本当に音楽を愛している人間です。
音楽を愛するすべての人にぜひ見ていただきたいです!
──小山田圭吾(コーネリアス)
 
僕の20代はクリエイション・レコーズと共にあったと言っても過言ではない。僕の青春そのもの!
90年代に入りメジャーもインディーも関係ない時代になったのは、クリエイションの大成功がもたらした功績だと思う。
この作品を観て、アラン・マッギーの熱狂的な音楽愛と仲間や家族を大切にする優しい心に、胸が打たれました。
──カジヒデキ(ミュージシャン)
 
Creationは大好きなレーベルだ。若者が若者のためにつくったレーベル。結局のところ、最後までそうだったと思う。たくさんの名曲、素晴らしいレコードをぼくたちに聴かせてくれた。
この映画はあるひとりの若者の成長の物語だ。そしてそれが家族と友人たちの物語へと収斂していくさまも感動的。だれもが永遠のパートタイム・パンクスでありますように!
──曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
 
音楽関係者が作る自叙伝的映画の中で最高傑作のひとつではないでしょうか。
「クリエイション・レコーズ」創設者アラン・マッギーの武勇伝の一部は、1990年代に彼が世に広めたギターバンド達の傑作群の大きな波を被った自分も「それなりに」知っていました。ただ、こうして映画になることで歴史が時系列が整理され理解が深まるのと同時に、親子関係の映画、夢を叶える一人の人間の映画としても素晴らしくて。
上昇や混乱も含めた人生全体を描き、単なる主人公礼賛ではない形で冷徹な視野も持ちつつ、結果的に挑戦や冒険を祝福する物語として、音楽マニア以外も楽しめる作品になっていると感じます。
特に想像もしなかった最終シーン、選曲含めた演出に心から感動しました。
──西寺郷太(NONA REEVES)
 
面白すぎた!
時系列順に事実を羅列したありがちな音楽ドキュメンタリーではなく、物凄く面白いストーリーと映像。笑えて、ハッとさせられて、心温まる素晴らしい映画でした!
良い音楽をクールに発信する、ただそのことだけに邁進する真っ直ぐなアラン、大好きだな、そして愛されているな、と思いました。クリエイションレコーズが好きな人は勿論、そうでない人にも自信を持ってお薦めできます!
クリエイションの名曲たちをこんなに沢山映画館で聴けることってなかなかないですよ!また観に行っちゃおー!!
──ラブリーサマーちゃん(ピチピチロックギャル)
 

商品情報

映画『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』

製作総指揮:ダニー・ボイル
監督:ニック・モラン
脚本:アーヴィン・ウェルシュ&ディーン・キャヴァナー
出演:ユエン・ブレムナー、スーキー・ウォーターハウス、ジェイソン・フレミング、トーマス・ターグーズ、マイケル・ソーチャ、メル・レイド、レオ・フラナガン、ジェイソン・アイザックス
2021年/イギリス/英語/110分/原題:Creation Stories/配給:ポニーキャニオン
© 2020 CREATION STORIES LTD ALL RIGHTS RESERVED
10月21日(金)、新宿シネマカリテほか全国ロードショー

【STORY】スコットランドで生まれ育った青年、アランはロックスターになることを夢見ていたが、保守的な父親とぶつかってばかり。地元の友人とロンドンに飛び出たアランは仲間とクリエイション・レコーズを設立する。出たとこまかせのレーベル運営はトラブル続きだったが、アランは宣伝の才能を発揮。次々と人気バンドを送り出して、クリエイションはイギリスを代表するレーベルに成長する。しかし、レーベル運営のプレッシャーや家庭問題から次第にアランは精神的に追い詰められていく。

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻