Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース豊田利晃監督の最新長編映画『次元を超える TRANSCENDING DIMENSIONS』製作決定! 9.27 国葬の日にクラウドファンディング開始!

豊田利晃監督の最新長編映画『次元を超える TRANSCENDING DIMENSIONS』製作決定! 9.27 国葬の日にクラウドファンディング開始!

2022.09.27

次元を超える.jpg

© 豊田組
 
時代と社会に迅速に呼応し、揺るぎない信念と祈りをもって世界と映画館を震わせ続ける唯一無二の映画監督、豊田利晃。
 
狼蘇り信仰を軸に、2019年『狼煙が呼ぶ』、2020年『破壊の日』、2021年『全員 切腹』と毎年、混沌の時代に挑む作品を作り続ける<狼蘇山シリーズ>を生み出し、2022年には最新映画『生きている。』を発表。
2020年以降毎年、東京2020オリンピック開会式であった7月24日に上映イベントを開催し、世に問いを投げ続ける祭りを発信続けている。
 
そして2023年に向けて、その集大成ともいえる最新長編映画『次元を超える TRANSCENDING DIMENSIONS』の製作が決定。
安倍晋三元首相の国葬の執り行なわれる9月27日に、製作発表と、クラウドファンディングを開始する。
目標額は1億円、2022年末までサポートを募るという。詳細はこちら
 
製作発表と併せて公開されたイメージビジュアルでは、宇宙空間に浮かぶ、赤く染まった地球の画像がみられ、監督からコメントも到着。

豊田利晃監督 コメント

toyoda 2022.jpg

誰もが叫びたい言葉があるだろう。国葬の日に。日々の日常に。
その小さな叫びを背負って、心を溶かされないで、
新しい次元を超える映画の旅を歩みたいと思います。
映画は長編とか短編とか長さで良し悪しが決まるものではありません。
でも、今回は少し長い作品になりそうです。すべてをかけて挑みたいと思っています。
どうかご協力をお願い致します。
祈りを込めて
 
現在、脚本執筆中の本作は、その舞台を宇宙まで広げる、時空を超越するような壮大な物語を予定。
SF要素も加わり、<狼蘇山シリーズ>の集大成であり。新章と言い切れる、豊田監督作品の中でも類をみない内容と技法が惜しみなくそそがれる長編映画の誕生の予感を感じられる。
 
物語、スタッフ、キャストなどの詳細は未発表だが、驚くようなメンバーが集結を予定しているという。今後の続報を待ちたい。

『次元を超える』クラウドファンディング

2022年9月27日(火)〜2022年 終了(予定)

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻