Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースBUMP OF CHICKENがApple Music「J-Pop Now Radio」出演、「天体観測」空間オーディオ版再レコーディングについて語る

BUMP OF CHICKENがApple Music「J-Pop Now Radio」出演、「天体観測」空間オーディオ版再レコーディングについて語る

2022.04.06

本日4月6日に公開となったApple Musicのラジオ番組「J-Pop Now Radio」のエピソード68に、2001年リリースの大ヒット曲「天体観測」を空間オーディオ対応で再レコーディングした「天体観測(2022 Rerecording Version)」と、同曲を使用した広告キャンペーン「ドルビーアトモスの空間オーディオで、『天体観測』を再発見。」が話題になっているBUMP OF CHICKENから、ボーカル&ギターの藤原基央がゲスト出演した。
 
藤原は、DJの落合健太郎によるインタビューに応えた。今回、空間オーディオ対応で再レコーディングした「天体観測(2022 Rerecording Version)」について、「一生懸命ギターのフレーズを弾いたのに、20年前の音源のミックスだとそれを全く聴きとることができない部分もある。しかし、空間オーディオだと音の分離がしっかりしたことによって以前では聴きとることが出来なかった部分も聴きとることができる。これは本当に嬉しいこと」と語った。
また、空間オーディオにリミックスしたライブアルバム「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora arc TOKYO DOME Live Album」については、ダイナミックヘッドトラッキングの機能について触れ、「東京ドームの中というライブ空間が立体的に再現されており、オーディエンスの歓声が自分を囲むように聞こえる」「家や通勤の電車の中でもライブ空間が再現される」と述べた。ダイナミックヘッドトラッキング機能を備えた空間オーディオは、頭の繊細な動きを追跡し、音楽がヘッドフォンからだけでなく、体の周囲から聴こえるという現実のような錯覚を起こし、頭の向きを変えると、音の向きが変わる。空間オーディオによる音楽体験の今後のさらなる広がりについて、「リスナーの皆さんにとっても、音楽を作る人にとっても、空間オーディオが身近なものになっていくといい」と、期待を語った。
 

J-Pop_Now_Radio_EP.68_BUMP_OF_CHICKEN_Square.jpeg

Apple Musicは、2021年6月にドルビーアトモスによる空間オーディオの提供を開始。ドルビーアトモスによる空間オーディオは画期的で臨場感あふれるオーディオ体験で、アーティストは周囲のあらゆる方向や頭上から音が聞こえるように音楽をミキシングすることが可能になる。Apple Music のサブスクリプションの登録者は、追加費用なしで、対応している曲をドルビーアトモスによる空間オーディオで聴くことができる。AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Max、最新バージョンのiPhone、iPad、Mac の内蔵スピーカー、Apple TV 4Kなどでも楽しむことができる。ドルビーアトモス対応のアルバムは詳細ページにバッジが表示され、簡単に見つけることができる。
 

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻