Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース大黒摩季、5月27日よりデビュー30周年イヤーに突入! 6月1日より47都道府県を回る全国ツアー開催! 7月にはHYPERな記念アルバムをリリース!

大黒摩季、5月27日よりデビュー30周年イヤーに突入! 6月1日より47都道府県を回る全国ツアー開催! 7月にはHYPERな記念アルバムをリリース!

2022.03.01

MO_AP2022_up_web.jpg

今年5月27日、大黒摩季がアーティスト・デビュー30周年を迎える。
大黒摩季と言えば、B'z、TUBE、ZARD、WANDSなどのレコーディングコーラス・ミュージシャン、作詞・作曲提供などの下積み生活を経て、1992年5月27日に「STOP MOTION」でデビューした実力派シンガーソングライター。
 
2作目の「DA・KA・RA」が東洋水産・マルちゃんホットヌードルのTV-CMソングに起用されたことで、またたく間にミリオン・ヒットを記録、その後も「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」「熱くなれ」など数々のミリオン・ヒットを放ち、90年代J-POPシーンを代表するアーティストとなった。
 
作品は発表するものの、メディア露出がなかったことから、大黒摩季は実在しない、歌手・作家・コーラス…何人もいるのではないかと憶測を呼び、都市伝説にもなったが、1997年、当時のレインボースクエア有明・野外ステージにて4万7千人を動員する巨大な初LIVEと歌番組の生放送にて、その謎めいたベールを脱ぎ、その実在とその実力を世に知らしめた。
 
その後、アリーナツアー、全国ホールツアーなどを重ね2000年、無期限の充電休業となったが、翌年2001年、ファンにとっての神曲と呼ばれる「虹ヲコエテ」で活動開始。以後、精力的にリリース、コンサートツアーをコンスタントに活動する。
 
そうして長く全力で活動する中、持病でもある子宮腺筋症・卵巣嚢腫など複合的な疾患が進行し、2010年11月より無期限の病気療養活動休止となるが、その傍ら、東日本大震災・熊本地震・北海道胆振東部地震などボランティア活動を精力的に行い、復興支援曲や校歌、社歌などの作家活動にも転化して行なった。
 
2016年夏、長期の治療を経て故郷・北海道のRising Sun Rock Festivalにて完全復活を遂げ、その勢いそのままに、札幌ニトリ文化ホールを皮切りに47都道府県ツアー、自己最高85本のロングツアーを完走。コロナ禍に於いても10カ月連続配信リリース、感染防止対策チームを自ら引き連れ、当時エンターテイメント業界では初の「PHOENIXツアー」を無事完走。現在のLIVEコンサート事業における感染防止対策の指針となった。
 
2020年、50歳を迎えた大黒は、自ら50th / 50tryと目標を掲げ、50曲連続歌唱、声優に挑戦、自身の全楽曲リマスタリングによるサブスクリプションサービス世界配信、オーケストラとのコラボレーション、ジャズ・ラテンフェスへの出演、肉体改造、氷川きよしや徳川徳男・徳子らへのバラエティな楽曲提供など次々と新たな挑戦に勤しみ、2021年には、岸谷五朗と寺脇康文率いる地球ゴージャスプロデュースのブロードウェイミュージカル「The PROM」のD.D.アレン役で女優にまでも初挑戦、新境地を開拓した。
 
2021年には、本人が苦手としていたバラエティ番組にも多数出演を果たし、またも新たなる扉を開き、そしていよいよ2022年5月27日をもってデビュー30周年イヤーに突入。
6月1日(水)、故郷札幌・カナモトホールでの公演を皮切りに、1年間掛けて全国47都道府県を回る「MAKI OHGURO 30th Anniversary Best Live Tour 2022-23」を開催。
30年にわたるアーティスト活動の集大成として1年間を通して日本全国を駆け巡る。
 
大黒は、6年間におよぶ病気療養から2016年に復帰した際にも活動再開の挨拶として47都道府県を回るツアーを敢行し各会場ソールドアウトした実績を持つ。
今回もSeason I、IIから始まり、2023年5月のFinal までいくつかのシーズンに分け、60本近いライブツアーを行い、故郷・北海道から沖縄まで全国47都道府県を回る予定だ。
 
そして、7月には30周年記念アルバムをリリースする予定。
今までのヒット曲の中からとりわけ人気の高い楽曲。この30周年にあたって、大黒摩季自身がヒット曲から選曲し新たにリミックス、リアレンジした新たな音源作品。さらには、初CD化となる楽曲やこのアルバムのために書き下ろした楽曲を収録したCD3枚組の豪華アルバムになるという。
 
このアルバムに初収録となる曲には、大黒が「なぜ歌うのか」を30年問い続けてきたことへの思いを綴った書き下ろしの新曲や、ファンに対して感謝の思いを込めて制作した作品、30年前の自分に挑戦したHyperなROCKチューンなど、大黒らしいカラフル且つパワフルな作品が並ぶそうだ。また、リミックス、リアレンジ作品については、デビューから30年を経て、「当時生まれていなかった世代の音楽ファンに、2022年の最新SOUND WORKを施した90年代の作品を新たな楽曲として聞いて欲しい」「90年代から聴き親しんできたファンには、それぞれの作品のまた違った表情を聞いて欲しい」という思いで制作にトライしたという。
 
「私は、生き抜くために色んなものを捨て、本当の自分がもう分からないくらいに変わり、進化してきたけれど、唯一音楽のクオリティだけは血反吐を吐いてでも守り抜いてきた」
そう語る大黒摩季が、30年間の集大成として、そしてその後の未来に向けた新境地を、ここにきて止まらない進化を期待させるアルバムになるのは間違いない。
 
全国47都道府県ライブ・ツアーと記念アルバムのリリースによって幕を開ける大黒摩季の30周年Yearだが、ツアーの合間には別テーマでのクラシックオーケストラとのコラボコンサートや夏向けのイベントなども予定され、映像作品や書籍、ファッション&ジュエリーのプロデュースなど、まるで大黒摩季の人生すべてを吐き出すべく様々な企画が進行中であるという。
デビューから30年、50歳を越えて尚、むしろ本人的には今が一番の成長期と言うほどに瞬々進化・転生し続けるレジェンド・アーティスト、大黒摩季から目が離せない。

Live Info.

MAKI OHGURO 30th Anniversary Best Live Tour 2022-23

《Season I》
2022年6月1日(水)北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
2022年6月4日(土)福島県・けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)大ホール
2022年6月5日(日)山形県・やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)
2022年6月11日(土)岩手県・岩手県民会館 大ホール
2022年6月12日(日)青森県・リンクステーションホール青森
2022年6月18日(土)福井県・福井フェニックスプラザ
2022年6月19日(日)石川県・本多の森ホール
2022年6月25日(土)栃木県・宇都宮市文化会館 大ホール
2022年6月26日(日)埼玉県・羽生市産業文化ホール 大ホール
2022年6月29日(水)徳島県・あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
2022年7月1日(金)大阪府・大阪 新歌舞伎座
2022年7月3日(日)茨城県・ザ・ヒロサワ・シティ会館(旧茨城県民文化センター)大ホール
2022年7月9日(土)東京都・J:COMホール八王子
2022年7月16日(土)群馬県・高崎芸術劇場 大劇場
2022年7月17日(日)長野県・ホクト文化ホール 大ホール
 
《Season II》
2022年9月3日(土)広島県・呉信用金庫ホール
2022年9月4日(日)山口県・周南市文化会館
2022年9月10日(土)静岡県・三島市民文化会館
2022年9月17日(土)大阪府・大阪狭山市SAYAKAホール
2022年9月18日(日)兵庫県・加古川市民会館
2022年9月24日(土)山梨県・YCC県民文化ホール(山梨県民文化ホール)
2022年10月1日(土)高知県・高知県立県民文化ホール(オレンジホール)
2022年10月2日(日)愛媛県・愛媛県しこちゅ~ホール
2022年10月8日(土)山形県・シェルターなんようホール(南陽市文化会館)
2022年10月10日(月)宮城県・東京エレクトロンホール宮城
2022年10月14日(金)島根県・出雲市民会館
2022年10月16日(日)鳥取県・とりぎん文化会館梨花ホール
2022年10月22日(土)和歌山県・和歌山県民文化会館 大ホール
2022年10月23日(日)奈良県・なら100年会館
2022年10月29日(土)岡山県・倉敷市民会館 大ホール
2022年11月3日(木)鹿児島県・川商ホール(鹿児島市民文化ホール)第1ホール
2022年11月5日(土)沖縄県・沖縄コンベンションセンター 劇場棟(会議場C)
2022年11月12日(土)熊本県・熊本城ホール メインホール
2022年11月13日(日)宮崎県・延岡総合文化センター
2022年11月26日(土)三重県・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
2022年11月27日(日)滋賀県・ひこね市文化プラザ
 
※SeasonⅢ以降については、順次発表。
※詳細、チケット情報は大黒摩季オフィシャルサイトをご確認ください。

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻