Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースサンボマスター史上、初のフルアニメーションMVをドローイングアンドマニュアルが担当! 『ヒューマニティ!』フル動画公開!

サンボマスター史上、初のフルアニメーションMVをドローイングアンドマニュアルが担当! 『ヒューマニティ!』フル動画公開!

2021.07.07

unnamed-1.png

数々の映画、 MV、 番組等を制作するクリエイター集団、 ドローイングアンドマニュアル株式会社が手掛けた、 サンボマスター史上初となるフルアニメーションMV『ヒューマニティ!』を、 2021年7月7日(水)より公開。 
 
TBS系『ラヴィット!』テーマソングの『ヒューマニティ! 』は、 サンボマスター史上初となる、 フルアニメーションMV。 本MVを手掛けたのが、 当社のアートディレクター鈴木友唯。 パンジーが主人公となってその人生を描いていく全編アニメーションに仕上がっている。 すべての命を肯定し、 未来の世界へと背中を押してくれるような楽曲の力強さ、 温かさに共鳴して制作されており、 映像全編を観ることによって1つの人生を追体験できるような作品だ。
 
 
ドローイングアンドマニュアルが本MVを手がけることとなった背景とコメント
 
当社は2017年にサンボマスター『オレたちのすすむ道を悲しみで閉ざさないで』のミュージックビデオの制作をきっかけに、 『輝きだして走ってく』(2018年)、 『花束』(2020年)と、 サンボマスターのエモーショナルな世界観を映像で表現するお手伝いをしてきました。 コロナ禍において、 なかなか大規模撮影が難しい状況下で、 上記3つの作品でイラストレーターやタイトルデザインとして関わっていた鈴木友唯が、 全編アニメーションという形で『ヒューマニティ!』のディレクションを担当させていただきました。 世界の価値観が揺らいでいる今、 「生きる」という価値をアニメーションによって表現し、 これまでとはまた違う新しいサンボマスターの世界観を提示できたかと思います。 どうぞお楽しみください。 
 
監督 鈴木友唯のコメント
 
最初に曲を聴いたときに、 まず頭の中に浮かんだのが『人生』のことでした。 もちろん『ヒューマニティ』っていう言葉は“人間性”とか、 “人間らしさ”、 っていう意味だと思いますが、 この曲を聞いてみて、 もっと大きな広がりみたいなものを感じました。 この曲は、 すべての命や幸せを肯定する楽曲のように感じています。 聴いている全員を励ましてくれるような、 サンボマスターというバンドが根底に持っている優しさみたいなものを、 なんとか表現できたらいいなと思いました。 そこで、 「人生」と言いつつ、 主人公に選んだのは、 パンジー。 もともとサンボマスターの歌詞は、 人を花に例えることが多く、 それは私自身好きなところでした。 特定の誰かを描くのではなく、 性別や年齢を超えて、 誰もが共感できるような、 絵本のようなMVを目指したかったので、 パンジーの花を主人公に設定しました。 パンジーの花って、 少し人間の顔みたいに見える、 という理由もあります。 パンジーの花で生きることの楽しさ、 素晴らしさを、 パンジーの花とその表情から、 人生における喜怒哀楽を表現できたらと思い、 パンジーをモチーフにしたアニメーションを制作しました。 このMVが自分自身の人生を愛おしく思うきっかけになれば嬉しいです。 
 

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻